セミナー開催!~絵心と股関節の内旋を考える~

 

こんばんは

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

昨日、【半年待ちスタジオトレーナーが送る、確かな専門力をつける基礎セミナー~股関節編~】と題して、股関節のセミナーを開催致しました!

股関節の評価セミナー

 

3回シリーズの1回目で、今回は股関節の基礎的な機能解剖と評価について。

 

スポンサーリンク

股関節の機能解剖と評価

まずは股関節とはなんぞや?

 

どんな骨で構成されている?

 

特徴は?

 

 

などなど基本的なことをさらりと確認し、それから「考え方」をみっちりと行いました。

 

 

こちらのブログでも、何度か書いていますが、私と同年代くらいの方の場合、パッケージエクササイズが溢れた時代にトレーナーの勉強を始めていると思いますので、そうすると、結果を出すのが割と簡単です。

 

パッケージ通りやれば、だいたいの成果が出ます。

 

 

ですが、「だいたい」なんですよね。

 

 

今回のセミナーでは、その「だいたい」に入らないケースをどう考えるか?ということで、股関節の評価法をいくつか実施。

 

その上で、一通り概要をお伝えした後は、ひたすら「どうすればいいか?」を考える。

 

2時間のセミナーですが、やたらとシンキングタイムが多いセミナーでした!

 

そして、「股関節の内旋のアプローチを考える」という、全くゴールになっていないゴールを達成!

今回、お伝えしたかったのは、やり方もそうですが、それよりも「考え方」の部分。

 

なぜなら、割と考えなくても出来てしまう環境だからこそ、この考え方の部分は非常に大事だと思います。

 

そして、途中絵心ゼロの絵で股関節の頚体角を解説。

 

股関節評価編~股関節の頚体角~

 

アンケートに

「絵が下手くそ過ぎました。ウケました。」

 

とは書かれていなかったので、一安心(笑)

 

スポンサーリンク

 

股関節の前捻角の評価

その後、股関節の前捻角の評価の実技。

グレイグテスト

実際に、股関節後捻の方が参加者の方にも多く、やはりこういった評価は必須だと改めて実感しました。

 

セミナー後も、ご質問を多く頂き、やはり「だいたい」に当てはまらないケースは多く、そこがトレーナーとしては腕の見せどころではありますが、難しいケースなんだなと思います。

 

 

2時間、あっという間でしたが、ご参加の皆様、ありがとうございました!

 

次週は、鈴木トレーナーによる「膝関節編」、その次の週は、早川トレーナーによる「足関節編」です。

 

私の出番は、また来月、股関節の機能改善エクササイズ編をお送りします!

 

 

いやー、でもセミナーは楽しいですね!

 

数学の先生のじいちゃんの血が騒ぐのかなんなのか、セミナーをするのは楽しいし、新たな発見が毎回あります。

 

今回は、実技もたっぷりで和気あいあいな感じで楽しかったです!

 

次回も、講義→実技を繰り返しながら、機能改善エクササイズをみっちりやっていきたいと思います!

 

 

 

パーソナルトレーナー

野中圭太郎

—————————————————————————————————-

パーソナルトレーナー野中圭太郎公式ホームページ

 

パーソナルトレーナー向けセミナー情報はこちら

スポンサーリンク