DNS エクササイズコースパート2 1日目

 

本日から2日間、東京で「DNS エクササイズコースパート2」のセミナーを受講しています。

 

DNSエクササイズコースパート2

 

 

昨年、DNSエクササイズコースのパート1を受講しましたので、今回はその続きという位置付けです。

 

昨年と同じ講師の方、昨年と同じ会場、そして昨年と同じく「この建物どこから入るの?」と会場付近を5分ほどウロウロしました(笑)

 

セミナーに参加をする時は基本迷う。地図が読めないトレーナーです。

 

スポンサーリンク

DNSとは?

DNSとは、Dynamic Nuromuscular Stabilization の略です。

 

日本語にすると、「動的神経安定化」になります。

 

内容をすごくざっくり言うと、「赤ちゃんの時に得た機能を再学習する」といった感じでしょうか。

 

赤ちゃんが生まれてから、立ち上がるまでに獲得する機能をエクササイズに取り入れ、日常の動作を改善し、その結果

「肩こりや腰痛、膝痛などの身体の不調の改善」

「スポーツのパフォーマンス向上」

等が見込めます。

 

スポンサーリンク

 

エクササイズのやり方と考え方

以前、セミナーを開催させて頂いた時に、「エクササイズのやり方と考え方」といった内容を書きました。

 

このDNS、エクササイズのやり方も考え方も教わりましたが、重要なのはやはり「エクササイズの考え方」だと改めて感じました。

 

なぜこの肢位なのか?

 

なぜこの順番なのか?

 

そして、なぜこの動きなのか?

 

といったことを考えていくと、応用の幅が非常に大きくなります。

 

特に重要だと感じた考え方が、こちらの「ファンクショナルジョイントセントレーション」です。

 

今回はスポーツ動作の話も多くありましたが、テニスの動作は自分がやっていただけにとてもわかりやく、

 

「サーブの時にトスを上げた手が重要なのは、DNSのこの理論で説明がつく!」

 

というように、

 

「感覚的に分かっているけどイマイチ説明が出来ないこと」

 

が見事に繋がりました!

 

点と点が繋がって、1本の線になる感覚です。

 

 

早速実践ということで、某スタッフ(テニスプレイヤー)を実験に使わせて頂こうと思います。

 

 

という訳で、また明日2日目に行ってきます!

 

明日はすっと会場に入れる…はず

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク