アリゾナ解剖実習8日目~座ることは新しい喫煙~

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

解剖実習5日間

 

施設見学1日

 

観光1日

 

の合計7日間の日程を終え、遂に帰国の時を迎えました。

あっという間の7日間。

 

でも、帰るのはあっという間ではありません。

アリゾナから経由地のシアトルまで約4時間。

シアトルから成田まで約12時間。

 

家に帰るまで が実習です。

 

スポンサーリンク

長時間座ることは新しい喫煙?

喫煙。

つまりタバコを吸うことは、身体に悪いことの代表格のようなものです。

 

ここに新たな話はありません。

タバコは身体に悪いです。

 

やめましょう!

歩きたばこはやめましょう!

 

歩きたばこで煙を私にかけるのはやめましょう!

 

 

と、いつも思っていますが。その話は一旦置いておきます。

 

長時間座っていることは、「新たな喫煙」と最近呼ばれています。

 

これは「長時間座っていることは喫煙と同じくらい身体に悪い」という意味です。

 

お尻が圧迫され続けることによって、下半身の血流に影響が出たり

 

股関節の動きが悪くなって、腰痛や肩こりに繋がったり

 

長時間身体を支える筋肉を使わないことで、下半身の筋力が低下したり

 

 

などなど、とにかく悪いことが起こります。

 

さらに、この状態でデスクワークなので、ブルーライトの問題や、肩こり首こり頭痛などの問題など、とにかくあらゆる方面から見て身体に悪いです。

 

理屈では分かっていましたが、アリゾナから日本への帰国の際に実際に体感できました。

 

アリゾナから乗り継ぎのシアトルへ約4時間。

シアトルから成田へ約12時間。

 

その間、基本的に座りっぱなしです。

 

本を読んだり、食事をしたり、寝たり、と色々しているつもりでもその間ずっと座っています。

 

たまにトイレに立ちあがりますが、焼け石に水。

むしろトイレに行きたくもないのに、ただ立つためだけにトイレに行きました(笑)

 

もう明らかに股関節周りの筋肉が固まっていくのが分かりました。

 

到着後、もう姿勢も歩き方も変。

 

帰宅後、必死にストレッチやトレーニングをして改善します。

 

いや、時差で眠すぎてさらっとだけやりました。

すいません、ウソつきました。

 

 

 

翌日

 

まだ股関節周りがおかしい。

 

今度は本当に、ストレッチやトレーニングで改善。

 

 

その後ちょっと座る

 

 

またすぐおかしくなる。

 

ストレッチやトレーニングで改善。

 

 

この繰り返し。

 

 

よくなったと感じるまで、5日程かかりました。

 

恐るべし新しい喫煙!

 

 

そんなこんなで、もはやアリゾナ関係ない内容が多くなってきましたので、こちらにちゃんとしたまとめを載せています。

 

 

スポンサーリンク

 

アリゾナ解剖実習での学び

事実は一つ、解釈は無数

 

とりあえず肩と股関節を動かしています

 

アリゾナ解剖実習まとめ

 

 

 

色々綴っていますが、「人生を変える体験」と言って過言でない経験だったと思います。

 

そしてまたアリゾナへ行きたい!

と強く思っています。

 

 

パーソナルトレーナー

野中
—————————————————————————————————-

パーソナルトレーナー野中圭太郎公式ブログ・ホームページ

 

パーソナルトレーナー向けセミナー情報はこちら

スポンサーリンク