スマホ巻き肩とは?“現代病”スマホ巻き肩の症状・原因・改善方法をパーソナルトレーナーが解説

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

いまや子供から高齢者までスマホユーザーが増え、スマホは1人に1台が当たり前の時代になりました。

 

そして、スマホの使用時間も非常に長くなりましたので、その結果身体への影響も出ています。

 

長時間のスマホの使用では様々な影響が考えられますが、その中でも「スマホ巻き肩」と呼ばれる姿勢の崩れが新・現代病と言えるほど増えています。

 

このスマホ巻き肩は、肩や首の痛みなど身体の不調にも繋がりますし、スタイルの崩れなど多くの悪影響を及ぼします。

 

 

スポンサーリンク

スマホ巻き肩とは?

スマホ巻き肩とは、正式な用語ではなく俗称です。

 

スマホ巻き肩とは、スマホを使用することによる巻き肩などの姿勢の崩れを言います。

 

巻き肩も正式な名称ではありませんが、肩が内側に巻かれるような姿勢の崩れを言います。

 

スマホ巻き肩は、スマホの普及率・スマホの使用時間増加に伴い急増しています。

 

肩関節は、本来大きく動く関節です。

 

肩はぐるっと一周回るように作られています。

 

ところが、スマホを使う姿勢は身体の前側で固定します。

 

この状態で居続けることで、スマホ巻き肩になります。

 

スマホ巻き肩は、姿勢がただ崩れるだけでなく多くの悪影響が考えられます。

 

肩こりや首こり、それに伴う頭痛や吐き気なのどの症状も起こります。

 

悪化すれば、頸椎ヘルニアなどの重症の怪我に繋がる可能性もあります。

 

また、姿勢の崩れはスタイルの崩れにも繋がります。

 

スマホ巻き肩ではバストが下がる、二重あごなどのスタイルの崩れや猫背などさらなる姿勢の悪化にもつながります。

 

 

スマホ巻き肩の原因とは?

スマホ巻き肩の原因としては、スマホの長時間の使用です。

 

スマホを長時間使う場合は、同じ姿勢で居続けることになります。

 

人間の身体は同じ姿勢で居続けるようには作られていません。

 

同じ姿勢で居続ければ、筋肉は固まり関節は拘縮して柔軟性が低下します。

 

そして、スマホを使う場合は座っていても寝ていてもほとんど身体を支えるための筋力は使いません。

 

人間の身体の仕組みとして、使わない筋肉は必ず弱化します。

 

そして動かさない関節は必ず硬くなります。

 

このような理由で、長時間スマホを使うことで筋肉のバランスが崩れます。

 

スマホを使う姿勢では、肩の前側の筋肉や胸の筋肉が硬くなります。

 

そして、身体を支える背骨周りの筋肉や肩の後ろ側の筋肉が弱くなります。

 

この状態が続けば、前側の筋肉は硬くなり続け、後ろの筋肉は弱くなり続けます。

 

そうなると、どう頑張っても正しい姿勢に戻せなくなります。

 

この長時間同じ姿勢でいることによる筋肉の弱化や関節の拘縮が、スマホ巻き肩の原因と言えます。

 

 

スマホ巻き肩の症状とは?スマホ巻き肩による悪影響

スマホ巻き肩の症状としては、多くの悪影響が起こります。

 

スマホ巻き肩の症状としては、次のようなものが考えられます。

 

肩こり

・首こり

・頭痛

・眼精疲労

・スタイルの崩れ

・見た目の悪さ

 

肩こりや首こりは、首肩周りの筋肉のバランスが崩れることで起こります。

 

スマホ巻き肩は肩こりの原因となりますので、症状としては直結します。

 

また、肩こりや首こりの延長で頭痛や眼精疲労も起こります。

 

頭痛の原因も色々なことが考えられますが、首肩の筋肉のバランスが崩れて首から頭に繋がる神経や血管の圧迫も頭痛の原因の1つと考えられています。

 

眼精疲労も同様で、特に後頭下筋群と呼ばれるうなじ辺りの筋肉が硬くなることで眼精疲労が起こると考えられています。

 

また、スマホ巻き肩になると連動して猫背にもなります。

 

猫背になると、肋骨が下を向くのでバストが下がります。

 

同時に顎が前に突き出されて二重あごにもなりやすいです。

 

これは、ダイエットをしても改善するものではなく、姿勢を改善しないとこのようなスタイルの崩れは改善出来ません。

 

また、単純にスマホ巻き肩の姿勢は見た目が悪いです。

 

元気がなさそう、暗そう、オタクっぽいなどの勝手な悪い第一印象をスマホ巻き肩で相手に与えてしまう可能性もあります。

 

 

スマホ巻き肩の改善方法とは?

スマホ巻き肩の改善方法としては、スマホを使わないことが第一です。

 

ついでにパソコンも使わなければ効果的ですので、スマホもパソコンも捨てましょう!

 

という訳には現実的にはいきませんので、現実的なスマホ巻き肩の改善方法をご紹介します。

 

スマホ巻き肩の改善方法は、スマホ巻き肩の原因を考えればわかります。

 

スマホ巻き肩の原因は、スマホを長時間使うことでの筋肉のバランスの崩れです。

 

その為、この筋肉のバランスを改善すればスマホ巻き肩は改善できます。

 

スマホ巻き肩と言っても、筋肉のバランスの崩れ方は人によって異なります。

 

骨盤など肩周りだけでなく全身の影響を受けて姿勢は崩れますので、肩以外の筋肉のバランスを改善する必要があることも多いです。

 

その為、スマホ巻き肩を改善するには最初に筋肉のバランスを詳しくチェックする必要があります。

 

筋肉のバランスは、簡単に言えば弱い筋肉と硬い筋肉が出来て起こります。

 

どの筋肉が弱いか、どの筋肉が硬いかを詳しくチェックすることが、スマホ巻き肩改善の第一歩です。

 

パーソナルトレーニングでは、最初に筋肉のバランスをチェックしてから硬い筋肉を柔らかくするストレッチ、弱い筋肉を鍛えるトレーニングを一貫して行えます。

 

その為、スマホ巻き肩などの姿勢改善にはパーソナルトレーニングがおすすめです。

 

このように、人によって原因は異なりますが、大まかなスマホ巻き肩での筋肉のバランスが崩れる傾向はあります。

 

スマホ巻き肩では、肩の前側の筋肉である三角筋前部線維、胸の筋肉である大胸筋や小胸筋などの筋肉が硬くなっています。

 

そして背中の筋肉である脊柱起立筋群、肩甲骨周りの筋肉である僧帽筋中部繊維、僧帽筋株線維、菱形筋、肩の後面の筋肉である三角筋後部線維などが弱くなっていることが多いです。

 

これらの硬くなった筋肉をストレッチして、弱くなった筋肉を鍛えていけばスマホ巻き肩は改善に向かいます。

 

 

スマホ巻き肩以外にも、スマホの使い過ぎでは様々な悪影響が起こる

スマホの長時間の使用は、スマホ巻き肩などの多くの影響が出ます。

 

スマホ巻き肩に伴って起こる肩こりや首こり、頭痛や眼精疲労などは特に感じる人が多い症状ではないでしょうか?

 

ただ、これ以外にもスマホの長時間の使用で身体への悪影響が起こります。

 

特に多いと考えられるのが、ブルーライトによる影響です。

 

ブルーライトに関しても分かっていないことが多いですが、過度にブルーライトを浴びることで身体に悪影響が起こります。

 

特に、夜間のスマホの使用は睡眠に悪影響を与えます。

 

ブルーライトとは、スマホなどの電子機器から発せられるライトの種類です。

 

このブルーライトは、自然界では太陽光に近い光です。

 

人間の睡眠リズムは、朝に太陽の光を浴びて朝と認識することで、体内時計がリセットされて目が覚めます。

 

そして夜にかけて暗くなることで徐々に眠りに必要な物質が分泌されていきます。

 

ところが夜にブルーライトを浴びると、この眠りに必要な物質の分泌が阻害されます。

 

簡単に言えば、ブルーライトを浴びると身体が朝と勘違いします。

 

夜にブルーライトを浴びることで、夜の睡眠の質は悪化して寝つきも悪くなります。

 

もはや日本人の3人に1人が不眠の症状があり、20人に1人が睡眠薬を服用していると言われています。

 

このブルーライトの影響も、日本人の不眠に影響していると思われます。

 

夜間にはスマホを使わないのが大前提ですが、最悪使うにしてもブルーライトカットの対策が必要です。

 

ブルーライトカットのアプリやシートなどがあります。

 

また、iPhoneであればナイトシフトモードというブルーライトカットをする方法があります。

 

このような対策で少しでもスマホの悪影響を取り除くことができますが、やはりスマホの使用時間自体を減らすことが一番の対策です。

 

 

新宿・中野のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク
スポンサーリンク