坐骨神経痛とは?坐骨神経痛の症状・原因・対処方法・治療法・ストレッチ方法などをパーソナルトレーナーが解説

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

多くの日本人が腰痛に悩まされていますが、その腰痛と合わせて起こりやすい症状に坐骨神経痛があります。

 

坐骨神経痛の原因は腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群と言った様々な原因で起こります。

 

整形外科でも「坐骨神経痛」という診断は頻繁に出るようですが、これらの坐骨神経痛の原因によって対処方法も異なります。

 

こちらのページでは、坐骨神経痛の症状や原因・対処方法や治療方法を解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

坐骨神経痛とは?坐骨神経痛と腰痛の違いとは?

坐骨神経痛とは、腰から膝あたりまで伸びる「坐骨神経」が圧迫・刺激されて起こる痛みや痺れなどのことを言います。

 

坐骨神経痛という名前から、坐骨(お尻周り)の痛みをさすと誤解されることもありますが、坐骨神経は膝あたりまで伸びる神経ですので、症状はお尻・太もも・すね・足先など様々なところで起こります。

 

酷い場合は、坐骨神経痛で麻痺や痺れによる歩行障害も起こります。

 

ただ最近の整形外科では「坐骨神経痛」という診断が簡単に出る傾向があるという話も聞きます。

 

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった背骨に問題があって起こる坐骨神経痛もありますが、整形外科で診断された坐骨神経痛では梨状筋症候群というお尻の筋肉である梨状筋に問題があって起こる症状の方が多いような気がします。

 

パーソナルトレーニングの現場でも、坐骨神経痛と診断されたもののこの梨状筋に対するストレッチや運動で症状が緩和することが非常に多いです。

 

また、坐骨神経痛と腰痛の違いは?という疑問が浮かぶ方も多いと思います。

 

坐骨神経痛は前述の通り坐骨神経が圧迫・刺激されて起こる足の痺れや痛みなどです。

 

腰痛を持っている方はこの坐骨神経が圧迫されやすいので、腰痛が原因で坐骨神経痛となる場合もあります。

 

腰痛と坐骨神経痛は別物ですが、多くは同時に起こりますので腰痛と坐骨神経痛はまとめて扱われることが多いです。

 

ただ腰痛でも坐骨神経痛の症状は全くないこともありますので、一概に一括りにはできません。

 

腰痛の種類や症状に関してはこちらから

 

 

スポンサーリンク

 

坐骨神経痛の症状とは?

坐骨神経痛の症状は、下肢の痺れや痛みが起こります。

 

坐骨神経痛の症状が出る範囲は広く、お尻や太もも、すね、足先、ふくらはぎなど幅広く出ます。

 

坐骨神経痛の症状が出る場所は人によって異なり、範囲が広く太ももからふくらはぎにかけてという場合もありますし、局所的に出る場合もあります。

 

痺れや痛みだけでなく、感覚障害が起こる場合もあります。

 

力が入りにくい、だるい、張る、締めつけ感、灼熱感(あつい)、冷感(冷える)などの症状が出ますので、坐骨神経痛の症状は多岐に渡ります。

 

また、症状が出るタイミングも常時出る場合もありますし、座った時に症状が出る、長時間座ると症状が出るなどまちまちです。

 

 

坐骨神経痛の原因とは?

坐骨神経痛の原因は、前述の通り腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などが原因となります。

 

坐骨神経痛のような症状が出る原因は大きく3つに分類できます。

 

・腰椎椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛

・脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛

・梨状筋症候群が原因の坐骨神経痛

 

1つずつ見ていきましょう。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛

腰椎椎間板ヘルニアも多くに人が悩まされる腰痛の一つです。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎という背骨の腰の部分の間にある椎間板というクッションが何らかの原因で押し出され、神経を圧迫することで起こる症状です。

 

腰を通る神経が圧迫されますので、これで坐骨神経が圧迫されて坐骨神経痛が起こる原因になります。

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因は外傷性という外からの強い衝撃で起こる場合と、姿勢の崩れなど長期的に過度な負担がかかって起こる慢性的なものがあります。

 

こういったことが、巡り巡って坐骨神経痛の原因となります。

 

 

脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛

脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある神経の通り道である「脊柱管」が狭くなり中を通る神経が圧迫されて起こる症状です。

 

50代を超えると多くみられる症状で、老化によって脊柱管が狭くなると言われています。

 

脊柱管狭窄症は背骨のどの部分でも起こりますので、背骨の場所に合わせて名前が異なります。

 

坐骨神経痛に繋がる脊柱管狭窄症は「腰部脊柱管狭窄症」になります。

 

脊柱管狭窄症では、間欠跛行(かんけつはこう)という特徴的な症状が出ます。

 

間欠跛行とは、歩いていると足の痺れや突っ張り感で歩けなくなり、しばらくすると痛みや痺れが減ってまた歩けるようになるという症状です。

 

間欠跛行とも間欠性跛行とも呼ばれます。

 

 

梨状筋症候群が原因の坐骨神経痛

梨状筋症候群とは、お尻の筋肉である梨状筋のすぐ近くを坐骨神経が通っていることで起こります。

 

坐骨神経はこの梨状筋のすぐ近くを通るので、梨状筋に何らかの問題があるとそれによって坐骨神経が圧迫されて坐骨神経痛の症状が出ます。

 

症候群という名前ですので、梨状筋が原因で起こる様々な症状の総称ということです。

 

先ほどの腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症では背骨に何らかのトラブルがあって坐骨神経痛が起こっていましたが、この梨状筋症候群は背骨に何の問題がなくても起こります。

 

その為、運動やストレッチなどで改善がしやすい坐骨神経痛と言えます。

 

梨状筋はお尻の筋肉ですので、座りっぱなしでいることが多い現代人は常に梨状筋が圧迫されていると言えます。

 

その為、この梨状筋症候群による坐骨神経痛は非常に起こりやすい環境であると言えます。

 

その他骨盤内のがんや脊柱・脊髄のがんでも坐骨神経痛を起こす場合があります。

 

全く坐骨神経痛の症状が改善されない場合は、これらの検査を念のため受けた方が安心です。

 

 

坐骨神経痛の対処方法・治療方法とは?ストレッチや運動は有効?

坐骨神経痛の対処方法や治療方法は、坐骨神経痛の起こる原因によって異なります。

 

坐骨神経痛の治療方法としてはブロック注射や薬物療法(痛み止めの服用)が行われることが多いです。

 

坐骨神経痛で手術も行われますが、いきなり手術を行うことは稀ですので、治療やリハビリで効果が全く身われなければ坐骨神経痛の手術が検討されることがあります。

 

パーソナルトレーナーという立場の意見では、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群といった症状がある場合は姿勢の崩れや背骨・骨盤・股関節などの動きの癖の崩れが起こっていることが非常に多いと思います。

 

つまり、これらの姿勢・動きの改善で坐骨神経痛の症状改善は見込めます。

 

もちろん、痛みや痺れが強く運動が出来ないような状態であればマッサージや治療が優先ですが、マッサージや電気治療などを行いある程度症状が落ち着いたら、根本的な改善の為に運動やストレッチなどのリハビリを行うことがお勧めです。

 

坐骨神経痛のリハビリで運動やストレッチを行う場合は、パーソナルトレーナー理学療法士などの専門家へ依頼をすることをお勧めします。

 

元々は坐骨神経痛を引き起こすような姿勢や動きになっているはずですので、その状態で我流の運動を行うことで症状を悪化させる危険性もあります。

 

まずは専門家に姿勢や動きのチェックを依頼しましょう!

 

 

坐骨神経痛に繋がる腰痛の種類とは?

坐骨神経痛と腰痛はイコールではありませんが、腰痛と坐骨神経痛はセットで起こることが多いです。

 

特に坐骨神経痛と関連が深い腰痛は次の通りです。

 

 

腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の原因ともなる腰痛の1つです。

 

腰椎椎間板ヘルニアは運動中にも起こりやすい怪我です。

 

 

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は老化によって起こる場合が多く、50代以上に多く見られます。

 

脊柱管狭窄症の場合も、姿勢や動きの改善で症状の緩和が見込めます。

 

 

梨状筋症候群

梨状筋症候群は坐骨神経痛の原因の95%を占めると言われることもあります。

梨状筋症候群の場合は背骨に問題がない場合が多く、ストレッチやリハビリなどでの改善が強く見込めます。

 

 

その他腰痛には多くの種類がありますので、それら腰痛全般が坐骨神経痛の引き金になる可能性を持っています。

 

現在坐骨神経痛の症状がない方も、坐骨神経痛が起こる前に腰痛を治しておく方が安心です。

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク