左側だけ腰痛が起こる原因は?片側だけに起こる腰痛は内臓・身体のゆがみなど様々な原因の可能性がある

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

腰痛の種類や症状をご紹介しております。

 

パーソナルトレーニングで腰痛改善が可能ですが、実はパーソナルトレーニングでは改善出来ない腰痛もあります。

 

その可能性がある腰痛の症状で、左側だけ症状が出る腰痛があります。

 

「腰痛」だけでは範囲が広すぎますが、腰痛は腰だけが痛いもののあれば、足などに痺れが出たり、動いたときだけ腰が痛んだりと症状は多岐に渡ります。

 

こちらのページでは、左側だけに症状が出る腰痛の原因や対処方法をご紹介します。

 

場合によってはすぐに病院の診察を受けた方がいい場合もありますので、たかが腰痛と言えども注意が必要です。

 

右側だけに腰痛が出る原因はこちらから

 

 

スポンサーリンク

左側だけ腰痛の症状が出る原因とは?

左側だけ腰痛の症状が出る原因は様々です。

 

そもそも、腰痛の原因自体が非常に多く、また完全に解明されている訳ではありません。

 

腰痛の原因の85%は不明とするデータもあるなど、腰痛はまだまだはっきりしないことが多いです。

 

その為、左側だけ腰痛の症状が出る原因もはっきりしないことが多いです。

 

それでも、腰痛の症状が出る原因の推測は可能ですし、実際に多くの方が腰痛を改善しています。

 

ただ、片側だけ腰痛の症状が出る場合は注意が必要です。

 

ただの筋肉のバランスが崩れているだけのこともあれば、内臓や女性特有の病気が隠れている可能性もあります。

 

そもそも痛みとは、身体からの危険信号です。

 

痛みが出ているということは、身体のどこかで異常が起こっているということですので無視せず対処が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

左側だけ腰痛の症状が出る原因①「身体のゆがみ」が原因

左側だけ腰痛の症状が出る原因として、実は一番多いと考えられるのが身体のゆがみです。

 

人間の身体は左右対称のようで左右対称ではありません。

 

内臓の位置も左右対称ではありませんし、手足の骨や筋肉も左右で全く同じということはありません。

 

そして、日常生活でも左右対称な負担がかかっている訳ではありません。

 

利き手によって左右の腕を使う頻度は変わりますし、荷物を持つ手や良く動かす手は左右でどうしても差が出ます。

 

そして、過去の怪我も身体に大きな影響を与えます。

 

左右対称に怪我をしていることはなく、右の足首だけ捻挫をしたことがある、左のふくらはぎだけ肉離れをしたことがあるといった左右非対称な怪我も身体を歪める原因になります。

 

また、普段の姿勢でも左右対称なことはありません。

 

特に座り姿勢で足を組んだり、パソコン画面が正面にない状態でデスクワークをしていたりすれば筋肉のバランスが左右で異なります。

 

このような左右のアンバランスな身体のゆがみで左側だけに負担がかかり、左側だけ腰痛の症状が出ることがあります。

 

何か特殊な原因がある訳ではなく、ただの左右のアンバランスが一番多いとは思います。

 

この場合は、腰痛改善ストレッチや腰痛改善トレーニングで改善可能です。

 

左側だけ腰痛の症状が出る原因②「腰椎椎間板ヘルニア」が原因

左側だけ腰痛の症状が出る原因としては、腰椎椎間板ヘルニアが考えられます。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰痛の種類の1つです。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎という背骨の腰の部分の間にある椎間板で起こります。

 

椎間板は背骨を守るクッション材の役割ですが、過度に負担がかかると背骨の間から押しつぶされて飛び出します。

 

この飛び出した椎間板が神経や血管を圧迫することで痛みや痺れが出るのが、腰椎椎間板ヘルニアの症状です。

 

腰椎椎間板ヘルニアでは、椎間板がどのように飛び出すかで症状が変わります。

 

左右に飛び出し、片方だけ神経を圧迫すれば症状は片側にしか出ません。

 

左側だけ腰痛の症状があり、痺れなども伴う場合は腰椎椎間板ヘルニアの症状が左側だけに起こっている可能性があります。

 

腰椎椎間板ヘルニアは手術となることもありますが、姿勢など筋肉のバランスを改善することで椎間板が元の位置に戻るという報告も最近ではあります。

 

左側だけ腰痛の症状が出る原因③「仙腸関節性腰痛」が原因

左側だけ腰痛の症状がとして、仙腸関節性腰痛も考えられます。

 

腰痛の原因がはっきりしないと言われますが、この仙腸関節性腰痛が腰痛の大きな原因であるとも考えられ、注目されているところです。

 

仙腸関節性腰痛とは、仙腸関節という骨盤内の関節で起こる腰痛です。

 

仙腸関節は少ししか動かない関節ですが、左右にゆがみます。

 

この仙腸関節が左側にゆがみ、左側だけに症状が出ていれば仙腸関節性腰痛の症状が左側だけに出ているとも考えられます。

 

仙腸関節性腰痛の症状も痺れが出ることもあります。

 

また、症状も腰というよりもお尻に近いような位置で症状が出ることもあります。

 

痺れやお尻のあたりの症状が左側だけに出ていれば、仙腸関節性腰痛が原因とも考えられます。

 

左側だけ腰痛の症状が出る原因④「内臓の病気」が原因

そして左側だけに腰痛の症状が出る原因として、注意が必要なのが内臓の病気が隠れている場合です。

 

内臓に何か問題があっても、なかなか気が付きにくいのが難点です。

 

また、内臓の痛みはあまり経験するものではないので自覚症状としてははっきりしません。

 

腰痛や肩こりは内臓の病気を示すサインとして出る場合があり、左側にある内臓の病気の場合は左側だけ腰痛の症状が出ます。

 

左側に腰痛の症状が出る場合に考えられる内臓の病気としては、左側に位置する内臓の病気です。

 

左側にある内臓は、膵臓・十二指腸・腸・脾臓・腎臓などが考えられます。

 

具体的な病気としては、下記のものが考えられます。

 

・慢性膵炎

・胆石症

・膵炎

・胃潰瘍

・十二指腸潰瘍

・急性腎不全

・尿路結石

 

これらは運動をしたり、ストレッチをしても改善するものではありません。

 

これらの病気の可能性があれば、病院で診察を受ける必要があります。

 

左側だけ腰痛の症状が出る原因⑤「女性特有の病気」が原因

左側だけ腰痛の症状が出る原因として、内臓の病気と並んで注意が必要なのが女性特有の病気です。

 

女性で左側だけ腰痛の症状が出る場合は、このような病気の可能性も疑った方が安心です。

 

具体的な女性特有の病気でいうと、子宮や卵巣の病気が考えられます。

 

子宮の病気であれば子宮筋腫、子宮内膜症などがあります。

 

卵巣の病気であれば、卵巣嚢腫、卵巣がんなどがあります。

 

このような病気である可能性は、「万が一」ではありますが、それでももし万が一このような病気であれば早期発見、早期治療が重要です。

 

もしこのような症状が疑われる場合は、すぐに産婦人科の受診をお勧めします。

 

左側だけ腰痛の症状がある場合の病気と筋肉の問題の見分け方

筋肉のバランスが崩れて左側だけに腰痛が出ている場合と、内臓の病気や女性特有の病気の場合では緊急度や緊迫度がだいぶ変わります。

 

出来れば、一度内臓や婦人科系の病気でないことを確認する上でも病院に行った方が安全ではありますが、ちょっと腰が痛いだけで病院に行くのも気が引けるという方もいると思います。

 

そんな方に、万能な判別方法ではありませんが内臓の問題と筋肉の問題の判別方法があります。

 

それは「大勢を変えて痛みが減るか?」です。

 

筋肉が由来の腰痛であれば、その筋肉に負担がかからない大勢であれば症状は緩和されます。

 

仰向けで寝る、左右の横向きで寝る、うつ伏せで寝る、よつばい姿勢をとるなど、何らかの姿勢で痛みが軽減されれば、筋肉に問題がある可能性が高いです。

 

内臓の問題であれば、体勢に関係なく痛みが出ます。

 

ただ、内臓に問題が原因で腰痛の症状が出ていても、筋肉にも負担がかかっていきます。

 

そういった意味では万能な判別方法ではありませんが、傾向はつかめると思います。

 

また、痺れが出ている場合は内臓や産婦人科系の病気ではなく腰椎椎間板ヘルニアや仙腸関節性腰痛の可能性が高いです。

 

特に女性は左側だけ腰痛の症状がある場合はまず病院が安心

ただ女性の場合は、万が一の可能性を考えて左側だけに腰痛の症状が出ている場合は一度産婦人科の受診をしておいた方が安心です。

 

問題がなければ一安心です。

 

内臓の病気や産婦人科系の病気というと怖いですが、多くは筋肉のバランスが崩れて左側だけに腰痛の症状が出ている場合がほとんどです。

 

筋肉のバランスの崩れが腰痛の原因であれば、ストレッチや運動で改善します。

 

そのような場合は、パーソナルトレーニングでの腰痛改善がお勧めです!

 

腰痛の解説はこちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク