腰痛の原因は85%が原因不明?原因不明の“謎の腰痛”の原因は姿勢やストレスが原因か?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

多くの方が悩んでいる「腰痛」について解説していきます。

 

多くの方が悩む理由の1つに、腰痛の原因が不明ということが挙げられます。

 

色々な調査結果がありますが、腰痛の原因は85%が原因不明と言われることがあります。

 

ものによって90%以上、80%以上と数字は多少変わりますが、そもそも正確に割り出せるものではありませんので、「多くの腰痛は原因不明」という認識でいいと思います。

 

腰痛に苦しむ方は日本人で3000万人近くいると言われていますが、その85%が原因不明の腰痛を抱えていると考えると恐ろしいことです。

 

ただ、原因不明の腰痛も「これが原因ではないか?」とされているものはあります。

 

私はパーソナルトレーナーとして腰痛に悩む方を多く見てきましたが、パーソナルトレーニングで多くの方は腰痛を改善しています。

 

そのパーソナルトレーニングで改善可能な腰痛は、原因不明の85%以上の腰痛であることがほとんどです。

 

こちらにページでは、腰痛の原因は85%が原因不明と言われる理由や原因不明の腰痛の原因とされる仮説についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

腰痛の原因は85%が原因不明?なぜ腰痛の原因は不明なのか?

腰痛の原因は85%が原因不明と言われています。

 

腰痛に悩む人が全国に3000万人近くもいて、様々な研究が進んでいる中でこれはあまりにも多すぎると思います。

 

では、なぜこんなにも原因不明の腰痛が多いのでしょうか?

 

そこで気になるのは原因がはっきりしている残りの15%の腰痛です。

 

実は残りの15%は検査ではっきりと原因が分かります。

 

残りの原因不明とされている腰痛は、検査結果ではっきりとした原因が突き止められなかった腰痛ということです。

 

スポンサーリンク

 

原因がわかる15%の腰痛の種類とは?

では原因不明の腰痛ではなく、原因がわかる腰痛はどのようなものでしょうか?

 

こちらが、原因がわかるとされている腰痛の種類です。

 

腰椎圧迫骨折など背骨に何らかの問題がある腰痛

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

・内臓疾患によって起こる腰痛

 

これらは検査結果ではっきりわかる腰痛です。

 

腰椎圧迫骨折とは、交通事故や骨粗鬆症などが原因で起こる背骨の骨折です。

 

これはレントゲンで骨折が確認できますので、原因がわかる腰痛と言えます。

 

腰椎椎間板ヘルニアも、MRI検査で確認が出来ますし、脊柱管狭窄症もMRI検査で確認可能です。

 

内臓疾患による腰痛も、内科的な検査で確認できます。

 

このような検査で確認が出来ないものが、残り85%の原因不明の腰痛です。

 

筋肉が原因の腰痛は原因不明の腰痛?

つまり、筋肉のバランスが崩れて起こる腰痛などは、原因不明の腰痛に分類されます。

 

個人的にはこの筋肉のバランスが崩れて起こる腰痛は非常に多いと思います。

 

筋肉のバランスが崩れているとは、簡単に言えば姿勢のゆがみです。

 

日本人で姿勢がいい人はほとんどいませんし、姿勢がよくて腰痛という人もほとんどいません。

 

また、姿勢だけでなく動きの癖の問題で腰痛を起こしていることも多いように感じます。

 

パーソナルトレーニングでの腰痛改善で行うことは、腰痛改善トレーニングやストレッチを通して、姿勢と動きを改善して腰痛を改善しています。

 

これで多くの方の腰痛が改善していますので、個人的には原因不明の腰痛の大半は「姿勢や動きの癖が原因の腰痛」と推測しています。

 

また、その他原因不明の謎の腰痛の原因は「ストレス」「内臓疾患」「女性特有の病気」などが考えられます。

 

ただ、内臓疾患も女性特有の病気も検査でわかるのでこれは原因がわかる腰痛に入りそうです。

 

原因不明の腰痛の原因は「姿勢のゆがみ」?

では、原因不明の腰痛の原因かもしれない「姿勢のゆがみ」が原因の腰痛を見ていきましょう。

 

正確に言えば、「姿勢が崩れて腰痛が起こる」は証明されていません。

 

姿勢と痛みに関する研究はされていますが、姿勢が崩れて痛みが起こるという理論には明確な医学的な根拠はまだありません。

 

これが姿勢の崩れが原因と思われる腰痛が「原因不明」扱いされる理由でもあります。

 

ただ、実際の現場では姿勢が改善すると腰痛も改善することは起こります。

 

仮説としては、姿勢が崩れると局所的に負担がかかる場所が出来ます。

 

それが腰周辺の場合に腰痛が起こると考えられます。

 

腰痛になる人は姿勢が崩れていますが、姿勢の崩れ方として骨盤のゆがみや背骨の配列が崩れます。

 

背骨は積み木のように積み重なる構造をしていますが、背骨1つずつのポジションが崩れると局所的に負担がかかります。

 

このような姿勢の崩れは、座っていることが長い人に多いと言えます。

 

現代では、1日の半分以上を座って過ごす人も珍しくありません。

 

パソコンやスマホの普及、デスクワークの増加など座っている時間が長くなる環境はいくらでもあります。

 

そして長時間座っていると、姿勢だけでなく動きの癖もおかしくなります。

 

動きの癖は柔軟性の低下や筋力低下によって崩れますが、長時間座っていると股関節や胸椎(背骨の胸の部分)の柔軟性が低下します。

 

人間の身体は「相対的柔軟性」といい、動きやすい部分が動く習性があります。

 

股関節と胸椎の柔軟性が低下した場合、代わりに過剰に動くのは腰椎という背骨の腰の部分です。

 

このように腰に負担がかかりやすい状態が出来ると、腰痛の原因となる可能性が高いです。

 

原因不明の腰痛の原因は「ストレス」?

原因不明の腰痛の原因候補としては、ストレスもあります。

 

ストレスが原因というと、すべてに当てはまってしまいそうですが根拠はあります。

 

福島県立医科大学の調査によると、原因不明の腰痛患者の脳への血流量を調べたところ、健常者に比べて70%しか血流がなかったようです。

 

つまり、脳の機能が低下していたということです。

 

さらにアメリカのノースウェスタン大学の追跡調査で、特に側坐核(そくざかく)という部分の働きが顕著に下がっていたことが分かりました。

 

脳についても分かっていないことが多いですが、側坐核は鎮痛物質を出す場所とされています。

 

つまり、ストレスが原因で側坐核の機能が低下し、その結果痛みが抑えられなくなり腰痛が起こるというのがこの結果から考えられることとされています。

 

ストレスが原因では、他に呼吸が浅くなる・筋肉の緊張・抹消への血流量の低下などが考えられます。

 

その為、ストレスを取り除くカウンセリングやリラクゼーションなども、原因不明の腰痛改善には効果的と考えられます。

 

こちらのストレスが原因である場合も、パーソナルトレーニングで対処可能です。

 

呼吸は肺を動かす肋骨周りの筋肉に問題があると、浅くなるなど異常が起こります。

 

この肋骨周りのストレッチや呼吸トレーニングなどで、呼吸からストレスの影響を取り除いていきます。

 

このように、原因不明とされる腰痛でも対処方法はありますし、実際に多くの方が腰痛を改善しています。

 

原因不明の腰痛の原因は「内臓の病気や産婦人科系の病気」?

原因不明の腰痛の原因は、内臓疾患や産婦人科系の病気ではないか?とされることもあります。

 

ただ、これらは検査である程度わかります。

 

それでも原因不明の腰痛とされる理由は、内臓疾患や産婦人科系の病気を疑わないことが原因です。

 

つまり、腰痛なので整形外科に行ったり整骨院や治療院に行くものの、はっきりした原因が分からず「原因不明の腰痛」とされてしまうからです。

 

腰痛の原因がよく分からない場合は、一度内臓疾患や産婦人科系の病気を疑って検査してみると安心です。

 

特に異常がなければ姿勢のゆがみやストレスが原因である可能性が高いですし、何か見つかれば早期発見・早期治療が効果的です。

 

片側だけに腰痛の症状が出る場合は、内臓疾患や女性特有の病気が原因である可能性があります。

 

 左側だけに腰痛がある場合は内臓疾患や産婦人科系の病気が原因?

 

右側だけに腰痛が出る原因は内臓疾患や女性特有の病気が原因?

 

 

まずは自分の腰痛について知ることから腰痛改善は始まる!

このように、人間の身体はまだ分かっていないことも多く、腰痛の原因も明確には分からない場合が多いです。

 

個人的には、そもそも人間の身体について解明し切れることはないと思います。

 

ただ、様々な仮説や検証を踏まえて腰痛の原因を推測することで、腰痛改善の対策は施せます。

 

その為には、まずは自分の腰痛について詳しく知ることが必要です。

 

自分の腰痛にはどのような原因が考えられるか?

 

その場合はどのような腰痛改善方法があるのか?

 

そのような情報を知ることが、腰痛改善の第一歩です!

 

腰痛とは?腰痛の種類や症状

 

スポンサーリンク