腰痛改善に効果的なツール「ストレッチポール」の腰痛改善効果とは?パーソナルトレーナーの解説

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

多くの日本人が悩まされる腰痛について解説しています。

 

腰痛には種類や症状が様々で、改善方法も様々です。

 

また、腰痛の85%以上が原因不明とも言われているのも腰痛改善が難しい理由の1つです。

 

その腰痛改善ツールの1つとしてストレッチポールがあります。

 

ストレッチポールは腰痛改善に効果的なツールですが、使い方に注意もあります。

 

私はパーソナルトレーナーとして東京・新宿で活動していますが、JCCAマスタートレーナーという資格を保有しています。

 

この資格はストレッチポールの指導を行う資格ですので、ストレッチポールをパーソナルトレーニング中に多く使用します。

 

もちろん、腰痛改善を目指す中でもストレッチポールを使用します。

 

こちらのページでは、このストレッチポールの腰痛改善効果や注意点などを解説していきます。

 

使い方によっては腰痛を悪化させる可能性もありますが、上手く使えば効果的な腰痛改善をサポートしてくれます。

 

スポンサーリンク

ストレッチポールは腰痛改善に効果的なツール!

腰痛改善には様々なツールがあります。

 

腰痛サポーターや腰痛ベルト、腰痛改善用の椅子もあります。

 

そして腰痛改善方法も、マッサージやストレッチ、湿布や鍼、腰痛改善トレーニングなど様々な方法があります。

 

その為、何をすれば腰痛が改善できるかは情報過多でよく分からないことも多いと思います。

 

個人的には、まずは腰痛とはどのようなものか?を理解することで情報に流されなくなると思います。

 

そんな腰痛の改善に効果的なツールの1つにストレッチポールがあります。

 

ストレッチポールはポールの上に寝て簡単な運動をするだけで効果が得られますので、非常に使い勝手のよいツールです。

 

また、ストレッチポールの効果は腰痛改善だけでなく肩こり改善や姿勢改善などの効果も得られますので、一家に一台あれば便利なツールです。

 

スポンサーリンク

 

ストレッチポールに腰痛改善効果がある理由

ストレッチポールで腰痛を改善できる理由としては、姿勢の改善、ゆがみの改善があります。

 

腰痛の原因は85%が原因不明とも言われ、はっきりしたことが解明されている訳ではありません。

 

ただ、骨盤のゆがみや姿勢の崩れが腰痛を引き起こすと考えられています。

 

ストレッチポールでは、この骨盤のゆがみ改善と姿勢改善の効果が得られます。

 

ストレッチポールに寝ると、仙骨という骨盤内の骨がポールにあたります。

 

その影響で、骨盤内のゆがみの改善が図れます。

 

仙骨が関係している仙腸関節は、腰痛に関して注目されている関節で、仙腸関節の研究が進めば腰痛の原因も解明できることが増えると思います。

 

その仙腸関節由来の腰痛を仙腸関節性腰痛と言います。

 

そして、ストレッチポールでは仙腸関節だけでなく、背骨の位置の改善も出来ます。

 

背骨には生理的湾曲という、適切なカーブがあります。

 

姿勢が崩れると、この適切なカーブが崩れて過度に腰が反ったり丸まったりします。

 

反り腰、猫背などはこの背骨のカーブが適切ではなくなってしまった姿勢です。

 

ストレッチポールに寝ると、重力でこの背骨のカーブを適切な形に矯正してくれます。

 

このような理由で、ストレッチポールで腰痛の症状の改善が見込めます。

 

ストレッチポールで腰痛悪化?腰痛時の使用の注意点とは?

ただ、ストレッチポールで腰痛改善をする場合は注意が必要です。

 

それは、腰痛の症状が出ている場合はストレッチポールを使用してはいけないという点です。

 

つまり、ストレッチポールで出来るのは「腰痛予防」という方が適切です。

 

実際に痛みが強い場合は、治療をした方がいいです。

 

そして、痛みが引いてからは腰痛の再発予防のための運動が必要になりますので、その時がストレッチポールの出番です。

 

その為、ぎっくり腰など急性腰痛症の改善よりも、痛みが長く続いてる慢性腰痛症の改善に効果的なツールと言えそうです。

 

ストレッチポールに乗って痛みが出る場合は、そのまま続けると腰痛の症状が悪化する可能性が高いです。

 

ストレッチポールは発売元が「安全性」「再現性」「簡便性」を重視していますが、その中でも特に強調しているのが安全性です。

 

私もストレッチポール指導の資格であるJCCAマスタートレーナー取得の際には、この安全性を特に説かれた覚えがあります。

 

痛みがある場合は、ストレッチポールの使用は控えるというのが大前提です。

 

ストレッチポールだけでは腰痛改善は難しい?

ストレッチポールに乗るだけで腰痛が改善する、というのが一番簡単だし助かります。

 

ところが、現実的にはストレッチポールに乗っただけで腰痛が改善するのは難しいと思います。

 

症状の緩和はすると思いますが、症状が無くなるまで改善するのは難しいと思います。

 

その理由は、腰痛の原因にあります。

 

腰痛の原因がはっきりしていないものの、腰痛になる場合は姿勢のゆがみや動きの癖のゆがみがあります。

 

その姿勢改善や動きの改善には必ず「筋力」「柔軟性」の2つが必要です。

 

ストレッチポールで姿勢を改善しても、柔軟性は改善されますが筋力強化の要素はかなり少ないです。

 

つまり、腰痛の原因の1つは改善出来ても全てを改善できる訳ではありません。

 

効果的な腰痛改善には、ストレッチポールなどで柔軟性を改善してから筋力強化を図ることがおすすめです。

 

腰痛の解説はこちらからどうぞ。

 

ストレッチポールで得られる腰痛改善以外の効果とは?

ストレッチポールで得られる効果には、腰痛改善以外にも様々な効果があります。

 

ストレッチポールでは姿勢の改善効果がありますので、これによって肩こり改善の効果も期待できます。

 

個人的には、腰痛改善よりも肩こり改善の効果の方が高いと思います。

 

猫背や巻き肩などの、肩こりに繋がりやすい姿勢の改善にはストレッチポールが効果的です。

 

この肩こり改善効果でも、やはりストレッチポールだけでは不十分です。

 

肩こりの原因にも、腰痛と同じく筋力不足が含まれます。

 

その為、やはり肩こり改善でもトレーニングなど筋力強化が必須になります。

 

このように身体不調改善には、「○○だけやればOK」というものはほとんどありません。

 

理由は、身体の不調の原因が複数あるからです。

 

柔軟性不足だけが原因ならストレッチポールだけでも改善するかもしれません。

 

逆に筋力不足だけならトレーニングだけで改善するかもしれません。

 

「○○だけで改善」というのは、改善したい側の分かりやすさや手間の少なさ、提供する側の売りたいサービスの効果などの色々な側面が絡んで生まれやすい誤解だと思います。

 

人間の健康は「運動・栄養・休養」の3つの柱があります。

 

それだけ考えても、「○○だけで腰痛改善」がそもそもおかしいことが分かります。

 

腰痛改善に関する情報が多いですが、ぜひ惑わされないようにまずは自分自身が腰痛とは何か?について詳しく知ることが重要だと思います。

 

パーソナルトレーニングのお問い合わせはこちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク