腰痛の種類とは?種類別腰痛の対策方法についてパーソナルトレーナーが解説

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

全国で2,800万人が悩んでいると言われている「腰痛」について解説していきます。

 

腰痛とは腰の痛みの総称ですので、腰痛には多くの種類があります。

 

その為、「腰痛にはこれが効く」「腰痛はストレッチが有効」「腰痛は温めた方がいい」などと言っても、種類が多いため合っている場合もあれば間違っている場合もあります。

 

ここでは腰痛の種類をご紹介し、それぞれの対策方法をご紹介します。

 

2,800万人も悩んでいる腰痛ですので、そう簡単に治りませんが腰痛の種類にあった専門家へ依頼すれば、腰痛改善は見込めます。

 

まずは自分の腰痛について知ることが大切ですので、自分の腰痛の種類を知る参考にしてください。

 

スポンサーリンク

腰痛の種類とは?

腰痛とは腰の痛みの総称です。

 

その為、腰痛と一言で言っても多くの症状が「腰痛」に当てはまります。

 

そして腰痛の種類も分類方法も様々です。

 

腰痛の種類は、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎分離症といった症状別の分類方法や、慢性腰痛症・急性腰痛症といった腰痛の治る期間での分類方法など多様です。

 

そして、これらは同じ腰痛でも全くの別物と思った方がいいです。

 

例えば、ぎっくり腰のような症状は強い炎症がありますので、原則冷やす方がいいです。

 

逆に症状が長い慢性腰痛症であれば、温めた方がいいです。

 

その為「腰痛は温めるのと冷やすのどっちが正解?」という質問自体がナンセンスと言えます。

 

「腰痛に効果的なストレッチは?」という質問も、腰痛の種類によって異なります。

 

身体を屈めた時に痛む屈曲型腰痛と腰を反らせた時に痛む伸展型腰痛では、効果的なストレッチや運動も異なります。

 

それだけでも、「腹筋と背筋を鍛えれば腰痛が治る」ということが短絡的過ぎることが分かります。

 

このように腰痛の改善方法を知りたければ、まずは自分腰痛の種類を知ることが第一です。

 

スポンサーリンク

 

腰痛の種類①慢性腰痛症と急性腰痛症

腰痛の種類の分類方法は、色々あります。

 

その中でも大きく2つに分類する方法が、慢性腰痛症と急性腰痛症です。

 

これらは腰痛が治るまでの期間での分類方法です。

 

慢性腰痛症とは、概ね3か月以上症状が続く腰痛のことです。

 

この3か月という期間はあくまでも目安ですので、そこまで重要ではないです。

 

重要なのは、症状が長期間続くという点です。

 

この慢性腰痛症では、姿勢の崩れや同じ姿勢での作業が多いなどの理由で腰に負担がかかり続けたことで起こります。

 

かかっている負担自体は大したことはないですが、その負担がかかる時間・期間があまりにも長すぎるので遂に腰を痛めるという腰痛です。

 

その為、慢性腰痛症はいつから痛みが出たか、何がきっかけで痛みが出始めたかがはっきりしません。

 

そして、長い時間をかけて腰を痛め、長い時間をかけて改善することが多いです。

 

長時間のデスクワークなど、現代の日本は慢性腰痛症が起こりやすい環境であることは間違いありません。

 

この慢性腰痛症と反対の症状が、急性腰痛症です。

 

急性腰痛症とは、概ね治るまでの期間が4週間以内の腰痛のことです。

 

こちらも4週間という期間が重要なのではなく、短期的に急激に腰痛が起こっていることがポイントです。

 

急性腰痛症であれば、いつどこでどうやって腰痛を発症したかが明確です。

 

重たいものを持った瞬間に腰が痛くなった、捻った瞬間に腰が痛くなった、くしゃみや咳をした瞬間に腰が痛くなったなどの場合が急性腰痛症です。

 

典型例が、ぎっくり腰です。

 

ぎっくり腰とは、突然強い痛みが腰に走る症状で、原因はそこまではっきり解明されていません。

 

酷い場合は立てなくなるくらいの強い痛みが出ます。

 

このぎっくり腰のように、短期的に強い痛みが出る場合は急性腰痛症に分類されます。

 

この慢性腰痛症と急性腰痛症で腰痛の対策方法は異なります。

 

例えば、冷やすか温めるかで言えば慢性腰痛症は温める、急性腰痛症は冷やすが基本です。

 

腰痛は安静にしても悪化するというのは、慢性腰痛症の話です。

 

基本的には慢性腰痛症は柔軟性不足や筋力不足が原因にありますので、安静にしてさらに筋力や柔軟性が低下すれば腰痛は悪化します。

 

急性腰痛症であれば、最初は強い炎症が起こっているので安静にした方がいいです。

 

このように「腰痛対策方法」は腰痛の種類によって異なるというよりも真逆の場合があります。

 

腰痛の種類を知ることは、まさに腰痛を改善する第一歩という典型例です。

 

腰痛の種類②症状別腰痛の種類

腰痛の種類には、はっきりと名前のついた症状といまいち名前のはっきりしない症状があります。

 

腰痛の種類としては、この症状名があるもので分類する方法があります。

 

 

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板症

腰椎分離症

腰椎すべり症

腰椎圧迫骨折

筋筋膜性腰痛症

腰痛症

 

このように、様々な症状名があります。

 

各リンクで症状についてご紹介していますので、こちらでは大まかに解説しています。

 

腰椎椎間板ヘルニアはかなり有名な腰痛です。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは、背骨の間にある椎間板が過度な負担で押し出され、背骨の神経などを圧迫することで起こる症状です。

 

この腰椎椎間板ヘルニアの手間の症状が腰椎椎間板症です。

 

腰椎すべり症は、腰の背骨である腰椎の位置がずれて滑ってしまう症状です。

 

同じような症状で腰椎分離症があります。

 

分離症とすべり症は一緒に起こることが多いです。

 

その他骨粗鬆症などが原因で骨折が起こる腰椎圧迫骨折は、高齢者の女性に多い腰痛です。

 

最近では、「いつのまにか骨折」ということでCM放送されていますが、このいつのまにか骨折が腰椎圧迫骨折です。

 

そして腰の筋肉に問題があって起こる腰痛を筋筋膜性腰痛症と言います。

 

そしてこれらの症状や原因がはっきりしていない腰痛全般を、腰痛症と言います。

 

腰痛の原因は不明なことも多く、はっきり解明されていないことも腰痛患者が多い原因だと思います。

 

腰痛の種類③腰痛の症状が出る場所での分類

腰痛の症状がはっきり名前としてついているものもあれば、はっきりしていないものもあります。

 

そのはっきりしない腰痛の例が、右側だけ・左側だけなど症状の出る場所での分類です。

 

これらは内臓疾患などが絡んでいる可能性もあるので、注意が必要です。

 

右側だけ腰痛の症状がある腰痛

左側だけ腰痛の症状がある腰痛

 

どちらも、それぞれ対応する位置にある内臓疾患の可能性があります。

 

また、女性の場合は子宮や卵巣などの産婦人科系の病気の可能性もあります。

 

ただ、単に左右の筋肉のバランスが悪いことで起こる腰痛の可能性もあります。

 

心配な場合は内科や産婦人科系の受診をしておくと安心です。

 

これこそ、腰痛の種類を知らないと見当違いな腰痛改善対策をする可能性がある腰痛の種類です。

 

腰痛の種類④労災認定される腰痛・労災認定されない腰痛

腰痛患者は2,800万人と言われますが、その多くは仕事中に腰に負担がかかって腰痛を発症している可能性があります。

 

この仕事中にかかった腰の負担で腰痛を発症するものを、職業性腰痛と言います。

 

職業性腰痛とは、業務上疾病の1つで仕事の効率や働く環境を考える上で重要な要素です。

 

ただ、仕事中に腰を痛めたからと言って必ず労災認定されるわけではありません。

 

むしろ、多くの場合は腰痛で労災は下りないです。

 

その基準として重要なのが、災害性腰痛と非災害性腰痛です。

 

災害性腰痛とは、仕事中に起こる腰痛の中で突発的な原因で起こる腰痛です。

 

これに対して突発的な原因が特になく、いつも通りの仕事をしていて起こる腰痛が非災害性腰痛です。

 

基本的には、災害性腰痛では労災認定され、非災害性腰痛では労災認定されないことが多いです。

 

つまり、長時間のデスクワークの影響で起こる慢性腰痛症などは、労災認定されないと思った方がいいです。

 

何らかの突発的な事故でぎっくり腰などを発症した場合は労災認定した方がいいですが、大半の腰痛は自分で対策するしかないと言えます。

 

このような慢性腰痛症の原因は、筋力不足や柔軟性不足が考えられますのでストレッチやトレーニングが有効です。

 

パーソナルトレーニングではこのような慢性腰痛症に対する腰痛改善トレーニングやストレッチを行っています。

 

腰痛の種類⑤腰痛に近い症状がある怪我・病気

腰痛には、腰痛に似た症状も混ざっていることが多いです。

 

つまり、腰痛と同じような症状であるものの腰痛ではないものです。

 

これらも腰痛と片付けていると、なかなか改善しない場合が多いです。

 

代表的な例が、次のものです。

 

坐骨神経痛

・梨状筋症候群

・内臓疾患性腰痛

・子宮筋腫や卵巣の病気による腰痛

 

梨状筋症候群とは、お尻の筋肉である梨状筋が原因で起こる症状の総称です。

 

梨状筋の近くには神経や血管が多数通っていて、梨状筋に問題があるとこの神経や血管が圧迫されます。

 

この症状が腰椎椎間板ヘルニアなどの症状と似ているので、腰椎椎間板ヘルニアと誤って診断させることも多いです。

 

ただ、逆に言えば梨状筋のストレッチやトレーニングなどで腰椎椎間板ヘルニアと言われていた症状が改善することもあります。

 

そして、腰痛と言ってもいいかもしれませんが、改善させる上では別物と考えた方がいいのが内臓疾患性腰痛です。

 

これらは内臓の病気が原因ですので、ストレッチやマッサージで症状が緩和されても根本的な改善には繋がりません。

 

むしろ、内臓疾患を知らせるサインとなっている腰痛を見逃すことになるので危険です。

 

これらは腰痛の症状を改善させるというよりも、内臓疾患を治すことが先決です。

 

内臓疾患は早期発見・早期治療が重要ですので、あやしい場合はすぐに検査を受けた方がいいです。

 

その為、この場合はパーソナルトレーニングや治療院ではなく病院に行くべき腰痛ですので、他の腰痛とは対策方法が全く違います。

 

子宮や卵巣などの女性特有の病気も全く同じです。

 

腰痛の種類によって対策方法は全く異なる!

このように、腰痛の種類によってとるべき対策は全く異なります。

 

頼るべき専門家も、行う対策も異なりますので、まずは自分の腰痛の種類を知ることが腰痛改善の第一歩です。

 

その為、腰痛の対策方法や腰痛改善方法はないと思った方がいいと思います。

 

腰痛の対策方法ではなく、慢性腰痛症の対策方法や腰椎椎間板ヘルニアの対策方法があるだけです。

 

「腰痛は温めて治しましょう」などでは不十分ですので、ぜひ自分の腰痛の種類を知ることから始めてみてください。

 

腰痛の種類のセルフチェック方法はこちら

 

スポンサーリンク