五十肩とは?五十肩と四十肩の違い、五十肩の症状・原因・リハビリなどをパーソナルトレーナーが解説

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

パーソナルトレーニングで改善出来る身体の不調について解説しています。

 

こちらのページでは、五十肩について解説していきます。

 

五十肩は俗称ですので、正式には「肩関節周囲炎」と言います。

 

50代の方がなりやすい症状であることから五十肩と呼ばれているだけで、症状と年齢の関係はあまりありません。

 

五十肩は肩こりと同じような扱いを受けますが、肩こりとも少し異なります。

 

五十肩の原因を知り、その原因にあった対策をすることで五十肩は改善します。

 

 

スポンサーリンク

五十肩とは?正式名称は「肩関節周囲炎」

五十肩とは、50代の方に起こる肩の痛みを指す症状です。

 

五十肩は俗称で、五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」です。

 

肩関節周囲炎とは、文字通り肩関節の周辺に起こる炎症です。

 

つまり、特定の症状を指すものではなく広い定義の言葉です。

 

五十肩は「歳のせい」で片付けられやすいですが、加齢だけが原因ではありません。

 

どちらかといえば、加齢は直接的な原因とは言えません。

 

五十肩の原因を知り、適切な対処をすれば五十肩は改善出来ます。

 

また、五十肩と同じような言葉で四十肩があります。

 

 

五十肩と四十肩の違いとは?

五十肩と四十肩の違いは明確にはありません。

 

一般的に、50代の方の肩の痛みを指して「五十肩」と言い、40代の方の肩の痛みを指して「四十肩」と言います。

 

ただ、五十肩も四十肩も俗称でどちらも正式名称は「肩関節周囲炎」です。

 

50代で起こる肩関節周囲炎が「五十肩」で、40代で起こる肩関節周囲が「四十肩」と言えます。

 

つまり、五十肩も四十肩も同じものですので、原因も治し方もリハビリ方法も同じです。

 

こちらのページでは五十肩で統一しますが、四十肩でも原因などは全く同じと考えて問題ありません。

 

 

五十肩の症状とは?

五十肩の症状としては、肩の痛みです。

 

痛みの出方は人によって異なります。

 

軽症であれば、肩を動かした時だけに痛みが出る「動作時痛」のみの症状の場合もあります。

 

重症化してくると、特に動かさなくても痛みが出るようになります。

 

また、夜寝る時に肩の痛みが出る「夜間痛」の症状が出る場合もあります。

 

夜間痛の症状があると、睡眠にも悪影響が出ますのでより痛みが悪化しやすくなります。

 

また、肩の可動域の低下も特徴的な症状です。

 

いわゆる肩が上がらなくなる状態で、ひどい場合は日常生活に支障が出るほど肩の動きが悪くなります。

 

 

五十肩の原因とは?

五十肩の原因は、はっきりと解明できていないところもあります。

 

ただ、大体の五十肩の原因は推測できますので、その推測を基に対策を寝れば五十肩は改善します。

 

五十肩の原因としては、肩の骨ではなく肩の筋肉や関節包などの組織が損傷して痛みが出ていると考えられています。

 

関節包とは、関節を覆う組織ですので、肩周りの組織の損傷が五十肩の原因と言えます。

 

肩周りの組織が損傷する原因としては、肩の動きの悪さや姿勢の悪さが原因と考えられています。

 

肩の動きはかなり複雑な動きで、多くの関節が連動して起こります。

 

肩の動きは、特に肩甲骨や背骨との連動が重要です。

 

肩甲骨の動きが悪かったり、背骨の動きが悪い場合は肩に過剰な負担がかかります。

 

この肩への過剰な負担が、五十肩の原因と言えます。

 

また、肩の動きが悪い場合は姿勢も悪いです。

 

特に肩に負担のかかる姿勢が、猫背や巻き肩です。

 

デスクワークが多い現代では、多くの人の姿勢が猫背です。

 

そして、スマホの普及でいわゆる「スマホ巻き肩」になっている人が多いです。

 

このような姿勢の崩れ、肩の動きの悪さが五十肩の原因に繋がると言えます。

 

 

五十肩の治し方とは?

五十肩の原因から考えれば、五十肩の治し方が分かります。

 

五十肩の原因は、肩への過剰な負担による肩の筋肉や関節包の損傷です。

 

肩への過剰な負担の原因は、肩の動きの悪さや姿勢の悪さです。

 

その為、五十肩の治し方はまず姿勢を改善して肩の動きを改善します。

 

姿勢を改善するというと、気を付けて正しい姿勢をとるという誤解を生みますが、気を付けて正しい姿勢をとるのは不可能です。

 

姿勢は気を付けて正しくするものではなく、筋肉のバランスを正すことで勝手に姿勢が良くなります。

 

姿勢が崩れる原因は、筋肉のバランスの崩れです。

 

具体的には硬くなってしまった筋肉と、弱った筋肉が出来ることで姿勢が崩れます。

 

硬くなった筋肉も弱った筋肉も意識しても治りません。

 

硬くなった筋肉は、ストレッチやマッサージなどで柔軟性を取り戻すことで改善します。

 

弱くなった筋肉は、運動などでトレーニングすることで改善します。

 

そして、肩の動きを改善する方法も同じです。

 

まずは姿勢が悪ければ肩の動きも悪くなります。

 

姿勢とは動きの始まりの大勢ですので、姿勢が崩れれば必ず動きも悪くなります。

 

肩の動きを改善するには、姿勢を改善した後に連動する肩甲骨や背骨のトレーニング・ストレッチなどをしていきます。

 

また、筋肉のバランスが改善しても動きが悪い場合はあります。

 

過去に五十肩で痛みがある状態で肩を動かしていた記憶が残っていますので、痛みが消えてもかばったような動きを続けることは多いです。

 

その為、正しい動きの癖を再学習することも必要になります。

 

つまり、五十肩を根本的に改善する為には、湿布やマッサージなどでは不十分です。

 

その理由は、弱った筋肉も鍛えられませんし動きの癖も変わりません。

 

そして筋力不足や柔軟性不足が同時に起こっていますので、「○○だけすれば五十肩が治る」ということもありません。

 

原因が複数ありますので、五十肩を治すステップも複数必要です。

 

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

五十肩のリハビリ方法とは?

五十肩のリハビリ方法としては、先ほどの五十肩の治し方の通りです。

 

五十肩のリハビリ方法をまとめると次の通りです。

 

・猫背や巻き肩などの姿勢の改善

・連動する肩甲骨や背骨のトレーニング

・肩の動きの再学習

 

このような流れで五十肩のリハビリを行えば、五十肩の症状は改善していきます。

 

ただ、五十肩では肩の筋肉や関節包などが損傷している場合がありますので、いきなりトレーニングが出来ない場合もあります。

 

その場合は、肩の筋肉や関節包に起こった炎症がとれるまで安静にする必要があります。

 

炎症が落ち着いたら、徐々に運動をしていき姿勢や動きを改善していきます。

 

 

五十肩も肩こりも改善するには姿勢の改善から

五十肩の改善方法は、このように姿勢を改善してから動きの改善です。

 

五十肩と似た症状で肩こりがあります。

 

肩こりと五十肩は違うもので、原因も異なります。

 

ただ、改善する方法はほぼ同じです。

 

肩こりでも姿勢の崩れや動きの悪さが原因となります。

 

つまり、肩こりの改善方法も姿勢改善と動きの改善が必要です。

 

これは肩こりだけでなく、腰痛や膝痛なども基本的には同じです。

 

姿勢の崩れや動きの悪さが身体に悪影響を与えて、痛みが出ます。

 

そしてこれは身体のたるみ改善やスポーツの競技力向上でも同じです。

 

つまり、あらゆる身体の悩みの改善はまずは姿勢の改善から始まります。

 

それだけ姿勢は身体の基本と言えます。

 

そして、姿勢は気を付けて治るものではありませんので、硬くなった筋肉のストレッチや弱くなった筋肉のトレーニングが必要です。

 

今回は五十肩をご紹介しましたが、身体の不調改善には姿勢改善から始めましょう!

 

 

新宿・中野のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク
スポンサーリンク