腰痛の原因は股関節の硬さにあり?腰痛と股関節の関係をパーソナルトレーナーが解説

 

腰痛患者数は全国に1,000万人以上ともされ、多くの人が腰痛に苦しんでいます。

 

その最大の要因が、腰痛の原因がはっきりしていないことだと思います。

 

腰痛の治し方、腰痛の改善方法などは専門家によって言っていることが異なり、混乱する方も多いと思います。

 

また、怪しそうな腰痛の治し方が存在するのも事実です。

 

はっきり解明されていない腰痛ですが、腰痛の原因の1つに股関節の硬さ(柔軟性不足)があると推測できます。

 

そんな腰痛と股関節の関係について解説していきます。

 

スポンサーリンク

腰痛の原因は股関節の硬さにある?

腰痛の原因は、様々なことが推測できます。

 

また、腰痛の原因の85%が不明と言われることもあり、はっきり解明できていないというのが現状です。

 

そのはっきりしない腰痛の原因の1つに、股関節の硬さがあると考えられています。

 

股関節の硬さというとアバウトな表現ですが、もっと正確に言えば股関節の柔軟性の低下です。

 

これは、様々な理論で説明が出来ます。

 

股関節は人間の身体の中で最も動く関節なので影響が大きい

股関節は、下半身の中で最も大きな動きを担う関節です。

 

関節にも色々な種類がありますが、股関節は「球関節」という関節に分類されます。

 

球関節は、あらゆる方向に動く関節です。

 

膝や肘などは、基本的に「曲げる・伸ばす」しか動きませんが、股関節は「前後・左右・斜め・捻る」など多くの動きを伴います。

 

球関節は、股関節の他には肩関節しかありません。

この2つの関節は身体の中でも最も動く関節で、それだけ大きな影響を与える関節です。

 

股関節は球関節でたくさん動く関節というだけでなく、大きな筋肉がついている筋肉でもあります。

 

お尻の筋肉である大殿筋・中殿筋、太ももの筋肉であるハムストリングスや大腿四頭筋、内転筋などはかなり大きな筋肉です。

 

これらの大きく強い筋肉が上手く働かなければ、全身に与える影響が大きくなります。

 

股関節は腰に隣接する関節なので腰痛に影響する

全身の関節は互いに影響しますが、特に影響が大きいのが隣接する関節です。

 

関節の位置で言うと、股関節は腰の下に位置しています。

つまり、腰からすると股関節は隣接する関節です。

 

隣接する関節が上手く動かない(柔軟性が低い)と、代わりで過度に動く必要が出てきて、大きな負担がかかります。

 

つまり、このような図式が出来ます。

 

「股関節が硬く柔軟性が低い→腰が過度に動き負担が増える→腰痛の原因になる」

 

これが大まかな、股関節の硬さが腰痛の原因となる理由です。

 

スポンサーリンク

 

股関節の硬さを改善し、腰痛を改善する方法とは?

股関節の硬さが腰痛の原因になりますので、股関節の硬さがとれて柔軟性が上がれば腰痛の改善が見込めます。

 

柔軟性を上げる方法としては、ストレッチが有名です。

 

もちろん、ストレッチは股関節の硬さを改善するために有効な方法です。

 

ただ、ストレッチだけで柔軟性が上がるかというと、そうでもありません。

 

柔軟性を高めるには周りの基礎的な筋力も必要になりますし、姿勢や動きの癖の改善などトータルで改善する必要があります。

 

そして、股関節が硬いといっても、股関節には多くの動きがあります。

この動きでは柔軟性があるが、この動きでは柔軟性がないということも多いので、「股関節を柔らかくするストレッチ方法」はありません。

 

どのような動きで硬いのか、その原因は何かを詳しくチェックすることで、初めて効果的なストレッチが何かが分かります。

 

適当にストレッチをしていても、少しは柔軟性が向上しますが、腰痛の原因となっているがんこな股関節の硬さを改善するには、まずはパーソナルトレーニングなどで身体の状態を詳しくチェックすることがお勧めです。

 

パーソナルトレーニングで腰痛を改善する方法はこちらから

 

股関節の硬さは腰痛だけでなく膝痛も引き起こす?

股関節の硬さは、腰痛だけでなく膝痛も引き起こすと言えます。

 

これも、先ほどの腰痛の原因となる理由と同じです。

 

股関節は大きな筋肉がついていて、大きく動く関節です。

 

また、股関節は膝関節からすると隣接する関節になります。

 

膝そのものは、そこまで大きな動きをする関節ではありませんが、股関節の硬さがあると膝が過度に動いて膝を痛める原因になります。

 

膝は別名「中間関節」と呼ばれることがあります。

これは、よく動く関節である股関節と足関節(足首)に挟まれた関節という意味で、この股関節と足関節の影響を受けて膝痛を起こすことが多い為に中間関節と呼ばれています。

 

その為、膝痛のリハビリでは股関節の柔軟性を高めるトレーニングやストレッチを行います。

 

この股関節の柔軟性や筋力がつくことで、膝痛の再発予防をすることが出来ます。

 

膝痛の原因にも腰痛の原因にもなる「股関節の硬さ」は、やはり体全体に悪影響を与える危険因子と言えます。

 

腰痛の原因は様々。まずは自分の腰痛の状態を知ること第一!

腰痛の原因の1つである股関節の硬さと腰痛の関係についてご紹介しました。

 

腰痛の原因は多くあり、はっきりしていないことも多いです。

 

腰痛を改善するには、まずは現在の腰痛の状態を詳しく知り、可能な限り正確に腰痛の原因を推測することが必要です。

 

その腰痛の原因の1つに股関節の硬さがあれば、ストレッチやトレーニングなどで股関節の柔軟性を上げていきます。

 

遠回りなようですが、原因を詳しく知ることが実は腰痛改善の最短ルートであると思います!

 

スポンサーリンク