パーソナルトレーナーとして成長する為におススメの資格

PHIピラティスマットインストラクター

 

今回は、パーソナルトレーナーとして成長する為におススメの資格として、「PHIピラティスマットインストラクター」をご紹介します!

 

私がこの資格を取得したのは、パーソナルトレーナーになってすぐの時です。

 

4月からパーソナルトレーナーとして働き始め、その4月と5月でPHIピラティスの養成を受けました。

 

そして、6月に試験を受けて、晴れて資格取得となりました。

 

このPHIピラティスを通して学んだことは、パーソナルトレーナーの初期として、非常に役立ちました。

 

スポンサーリンク

ニュートラルポジションと代償動作

ピラティスの資格ですので、ピラティスのやり方を学びます。

 

もちろん、それも学びになり、処方できるエクササイズの幅が広がります。

 

ただ、私の中でとても有効だったのは、ピラティスのやり方ではなく、ピラティスの考え方でした。

 

ピラティスのエクササイズをする際は、必ず見るポイントがニュートラルポジションです。

 

ニュートラルポジションについては、別で解説しようと思いますが、ざっくり説明すると、正しい姿勢です。

 

このニュートラルポジションを保ったままエクササイズが出来ているか?

 

また、ニュートラルポジションから崩れている場合は、どのように崩れているかを考えると、評価がスムーズに出来ます。

 

例えば、骨盤が前傾位でエクササイズをしやすい場合、どのような原因が考えられるか?

 

前傾しているので、前傾に関わる「腸腰筋」や「脊柱起立筋」が短縮しているのか?

 

あるいは、後傾に関わる「大腿二頭筋」や「腹直筋」「腹斜筋」が弱化しているのか?

 

といった評価をしやすくなりましたので、これは新人パーソナルトレーナーとしては、格段に評価がしやすくなりました。

 

スポンサーリンク

 

 ピラティスを学ぶことで得られる副産物

もちろん、ピラティスのエクササイズ自体も、有効なものを教えて頂きました。

 

リバースプランク、スワン、スイミングなどのエクササイズは、猫背改善に効果的ですので、今もよく使います。

 

また、この養成は4日間に及びますので、受講者同士の横のつながりも増えますし、講師や再受講の先輩方とも人脈が繋がります。

 

かくいう私も、養成時の講師の元で、今働いております(笑)

 

4日間で、20万円程の出費は、新卒1年目の4月には莫大な出費でしたが、十分回収できたと言える投資だったと思います。

 

その後、プロップスインストラクター、バレルインストラクターの資格も取得しましたが、どちらもパーソナルトレーナーとしてのスキルアップに役立っています。

 

プロップスとバレルについても、またお伝えさせて頂きますね。

 

 

パーソナルトレーナー 野中

 

スポンサーリンク