理学療法士の資格とは?パーソナルトレーナーに近い資格である理学療法士の合格率・なり方・学校・給料などを解説

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

パーソナルトレーナーの資格やパーソナルトレーナーに関わる資格をご紹介しています。

 

パーソナルトレーナーの資格ではありませんが、パーソナルトレーナーが持っていると活かせる資格と言える理学療法士について解説していきます。

 

パーソナルトレーナーの資格は国家資格ではありませんが、理学療法士は国家資格です。

 

ただ理学療法士はパーソナルトレーナーの為の資格ではありませんので、パーソナルトレーナーとした活動する上で必要なものではありません。

 

それでも、理学療法士としての特性を活かすことでパーソナルトレーナーとしての活動の幅を広げることは出来ると思います。

 

 

スポンサーリンク

理学療法士の資格とは?

理学療法士の資格とは、怪我や病気がある方へのリハビリテーションを行う専門職です。

 

日本理学療法士協会のHPによると、理学療法士とは下記のように紹介されています。

 

 

怪我や病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。

 

 

理学療法士は、英語ではPhysical Therapist(フィジカルセラピスト)ですので略称でPTと呼ばれることも多いです。

 

パーソナルトレーナーをPTと略す場合もありますが、業界的にはPTと言えば理学療法士という方が一般的です。

 

理学療法士の役割としては、基本的にはリハビリです。

 

理学療法士の役割分担として、大まかなイメージでは怪我をしてから日常生活レベルまで復帰するところまでを担当する役割です。

 

そして日常生活ができるレベルから競技復帰できるまでをサポートする役割がアスレティックトレーナーという役割分担があります。

 

これが理想的な役割分担と言えますが、日本でその役割分担がしっかり出来ているところはほとんどないと思います。

 

その為理学療法士だから競技復帰までサポートしてはダメ、理学療法士以外は日常生活復帰までをサポートしてはダメということはありません。

 

理学療法士は国家資格ですので、整形外科での保険適応のリハビリが出来ます。

 

これは理学療法士でなければできませんの、同じような知識があるアスレティックトレーナーやパーソナルトレーナーでも保険適応でのリハビリは認められていません。

 

そこで自費でリハビリを行う施設もありますが、料金が大きく上がるために一般的ではありません。

 

ただ時間の制限などもなく、自費で行いたいがなかなかできないというジレンマを抱えている施設や理学療法士も多いと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

理学療法士になるには?まずは大学や専門学校へ進学

理学療法士になるには、指定の学校を卒業し国家試験に合格する必要があります。

 

理学療法士になるための指定の学校は、大学と専門学校があります。

 

高卒以上の資格を持ち、文部科学大臣もしくは厚生労働大臣が指定した養成学校に3年もしくは4年間通う必要があります。

 

3年制であれば、短大や専門学校、4年生であれば大学や専門学校があります。

 

3年もしくは4年で講義や実習を行います。

 

理学療法士の実習は、整形外科など病院へ丸1か月実習に行くというのが多いようです。

 

理学療法士の実習は、いわゆるブラック実習などが問題になったこともあります。

 

実習の時間が長すぎる、課題が多すぎて寝られないなどのブラック企業ばりの待遇になることがあり、実習中に逃げ出す学生も出るといった内容が問題でした。

 

ただもちろん、全部が全部こういう実習先ではなくあくまで一部ではあると思います。

 

心配な場合は、大学や専門学校などの先輩へアドバイスをもらう方がいいと思います。

 

 

理学療法士の国家試験の合格率とは?

理学療法士の資格はただ大学や専門学校を卒業すれば得られるものではありません。

 

理学療法士の大学や専門学校を卒業し、かつ国家試験に合格する必要があります。

 

気になる理学療法士の国家試験の合格率は、例年80~90%台と言われています。

 

70%台となる場合もありますので、平均80%程度という認識でいいと思います。

 

ただ、専門学校や大学からしたらこの国家試験の合格率は学生を集める上で非常に重要な指標です。

 

その為、国家試験前に模試などで成績が悪く国家試験を受けても不合格の可能性が高そうだと国家試験を受けさせてもらえないという噂も聞きます。(真偽の程はわかりません)

 

 

理学療法士の給料とは?

理学療法士の資格取得を考える上で、気になるのは理学療法士の給料です。

 

理学療法士の給料と言っても、どこで勤務するかによって給料は当然異なります。

 

理学療法士の就職先としては、まずは整形外科など病院が一般的です。

 

その他自由診療として開業している方もいれば、パーソナルトレーナーとして活動している方もいます。

 

またスポーツチームにトレーナーとして帯同している理学療法士もいます。

 

それらを平均した金額だと思いますが、発表されている理学療法士の平均給与は月収27万6800円、その他特別給与(賞与など)62万500円とされています。

 

同じパーソナルトレーナーの資格に近い国家資格である鍼灸師や柔道整復師よりは平均は高いと思います。

 

ただ理学療法士自体も飽和状態と言われていますので、理学療法士になれば安泰という認識は危険です。

 

理学療法士になって何をしたいかがはっきりしない状態で、何となく国家資格だからという理由で取得を目指すにはデメリットが大きいと思います。

 

 

理学療法士になるデメリットは学校に通う期間と学費

理学療法士は国家資格であるので、あるならあるに越したことはない資格です。

 

ただ、理学療法士になるデメリットも当然あります。

 

理学療法士になる最大のデメリットは、学校に通う期間と学費です。

 

学校に通う期間は3年もしくは4年です。

 

そして学費は年間150万程度かかります。

 

4年間であれば150万円×4で600万円ほどかかります。

 

さらに、実習でも費用が掛かりますので実質はもっと金額がかかります。

 

学校に通う期間も、実習期間などを加えれば自由に仕事をしながら学校に通うのは難しいです。

 

そういった学校に通うリスクも考えた上で、理学療法士の資格取得を検討した方がいいと思います。

 

ただ、理学療法士という国家資格保有者という信頼は得られますし、医療系国家資格保有者であればスポーツチームや日本代表への帯同のチャンスも広がります。

 

パーソナルトレーナーの資格はこちらから

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク