パーソナルトレーナーの基礎知識 筋肉編 「縫工筋」

 

スポンサーリンク

縫工筋の起始・停止・機能・支配神経

起始:上前腸骨棘とそのすぐ下の切痕部

停止:鵞足(脛骨粗面内側)

機能:股関節屈曲、膝関節屈曲、股関節外旋(股関節屈曲・膝関節屈曲に伴って)

支配神経:大腿神経

 

 

スポンサーリンク

 

縫工筋の特徴

縫工筋は、股関節と膝関節をまたぐ二関節筋です。

 

縫工筋も、大腿直筋などと同じく、股関節屈曲に関わる二関節筋の為、股関節屈筋群(腸腰筋など)の機能が低下していると、過剰に使われてしまいます。

 

また、股関節のインピンジメント(股関節のつまり)がある場合は、股関節の屈曲・内旋制限があり、代償として股関節屈曲時に外旋を伴います。

 

その為、股関節のインピンジメントがある場合は、この縫工筋も過剰な働きを強いられているケースが多く見受けられます。

 

また、縫工筋の停止は「鵞足」になります。

 

鵞足は縫工筋の他に、半腱様筋・薄筋の合計3つの筋肉が停止しています。

 

縫工筋の過剰な働きも、鵞足炎をもたらす可能性が考えられます。

 

その為、鵞足炎のアプローチとしてこの縫工筋はよく注目される筋肉と言えます。

 

パーソナルトレーナー

野中
—————————————————————————————————-

パーソナルトレーナー野中圭太郎公式ホームページトップへ戻る

パーソナルトレーナーの基礎知識トップへ戻る

パーソナルトレーナーの基礎知識【筋肉編】へ戻る

スポンサーリンク