②パーソナルトレーニングがあなたの身体に最適な理由

 

前回、パーソナルトレーニングはあなたの目的を叶える為に最適ですという話をさせて頂きました。

 

なぜなら、「あなたの目的を聞くところから始めるから」です!

 

当たり前のようで、抜けやすい部分ですね。

 

ジョギングを始める前に、呼吸のエクササイズをして、お腹が凹ませることが最適かもしれないですからね!

 

さて、今回は「パーソナルトレーニングがあなたの身体に最適な理由」です。

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーニングの最初に行う「評価」

実は、これも前回と同じです。

 

理由は単純、パーソナルトレーニングを始める前に身体の状態を詳しくチェックするからです。

 

前回のジョギングの例で行くと、「そもそもいきなりジョギングを始めると、ひざ痛めるからまずは○○からしましょう!」となる方がいます。

 

それを見極める過程が、「評価」と言われる段階です。

 

評価と言っても学校の成績や仕事の昇給には関わらないので、ご安心ください!(笑)

 

パーソナルトレーニングでの「評価」とは?

大まかに言えば、身体の状態を色々詳しくチェックすることが「評価」です。

 

評価の中には色々なものがありますが、まずは「姿勢」の評価をしていきましょう!

そのままですが、立った姿勢を評価します。

 

姿勢を見ると、筋肉のバランスのズレ、そしてそのズレをどうかばっているかなどの推測が出来ます。

ここでは、細かな原因を見つけるというよりは、大まかな原因を見つけるような形です。

 

「どうも骨盤周りがあやしいぞ」

「なんか右の足首周りが変だな」

 

姿勢を見て分かるのは、この程度で十分です。

 

そして、動きの評価もしていきます。

 

 

「動き」ですので、先ほどの止まった姿勢だけではなく、より複雑になります。

 

この動きも、普段どのような姿勢でいることが多いか?

そして目的としてどのようになりたいか?

などによって変わってきますので、前回の「カウンセリング」がここでも重要になってきます。

 

これはスポーツに例えると分かりやすいですが、

野球選手が「ホームランを打てるくらい飛距離を伸ばしたい!」という目的でパーソナルトレーニングをする場合、

とりあえずその選手のバッティングフォームを見ないと何が問題か良くわからないですよね?

 

マラソンのタイムを上げたい場合、その人が今どのように走っているか?

が分からないと、問題点が分からないですよね?

 

同じように、例えば、「脚をキレイにしたい」場合、普段の立ち方や歩き方で脚にどのような負担をかけているかが分からないと、キレイにしようもありません。

ですので、歩き方のチェックや片足立ちの動作のチェックなどが必要になります。

 

肩こりを治したい場合、肩にどんな負担がかかっているかが分からないといけないので、バンザイ動作など肩の動きが今どうなっているかをチェックする必要があります。

 

このように、動きを細かく見ていくと、身体のどこに問題があるかがより詳細に分かります。

 

詳細になってきたら、最後はもっと細かく「関節」の状態を見ていきます。

 

人間の身体は600くらいの筋肉と、200くらいの骨があります。

 

その中で、「この筋肉が弱いからお腹がたるんでいる!」「この関節の動きが悪いから歩き方が変!」という、細かい原因を見つけていきます。

 

今までの「姿勢」や「動き」の評価を元に、おそらくこのあたりに問題があるというあたりがついていますので、その部分を細かく見ていきます。

 

この筋肉にちゃんと力が入るか?

この関節は本来あるべきところまでちゃんと曲がるか?

 

見ていくと、全く自覚していなかったようなところが、びっくりするくらい力が入らなかったりします。

 

ムキムキのラガーマンも全部の筋肉がメチャクチャ強い訳ではなく、びっくりするくらい弱くなっている筋肉があったりします。

 

そこが、なかなかうまくいかない原因だったりします。

 

パーソナルトレーニングの評価は、病院の診察と同じ目的

こんな感じで、目的や症状に合わせて、その原因を見つける為の過程が「評価」です。

 

お医者さんで言えば、心臓の音を聞いたり、血圧を計ったり、のどの腫れを見たりといった過程です。

 

病院に行って特に何も調べず、「とりあえずこの薬飲んどいて!効くから!」と言われても不安になりますよね(笑)

 

それと同じで、パーソナルトレーニングでも身体の状態を詳しく評価してから始めることで、あなたの身体の状態に最適な形で進めることが出来ます。

 

 

また、姿勢や動きだけでなく、前回のカウンセリングで伺った目的・既往歴(今まであったケガや病気)、ライフスタイル(座っていることが多い、よくヒールを履くなど)などを総合して、実際に行う運動を決めていきます。

 

 

ここまでやったら、自分の身体に最適な形で運動を始められそうですよね?

 

少なくとも、とりあえずジョギングからよりは、はるかに的を得たことが出来ると思います。

 

という訳で、パーソナルトレーニングの第2段目は「評価」でした。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

 

③パーソナルトレーニングがあなたに合わせた運動になる理由

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク
スポンサーリンク