④パーソナルトレーニングならあなたの状況の変化に対応できる

 

パーソナルトレーニングは、カウンセリング・評価をもとに、あなたの為のオーダーメイドのエクササイズプログラムを組み立てます。

そして、パーソナルトレーナーがマンツーマンでサポートするので、運動強度も調整でき、正しいエクササイズ方法も身に付けられます。

 

これだけでも、パーソナルトレーニングを受ける価値はあると思いますが、実際にパーソナルトレーナーとして活動する中で感じる、パーソナルトレーニングならではのメリットは他にもあります。

 

スポンサーリンク

運動は何かと予定通りに進まない

実際にパーソナルトレーニングを行う場合は、1回ごとで完結するエクササイズプログラムではなく、何回かに分けて考えます。

 

例えば、3か月スパンで考え1か月目はこれをやり、2ヶ月目はこれをやり、3か月目はこれを…といった感じで、段階を追ってエクササイズを組み立てます。

 

これは、勉強でもなんでも同じですが、自分のレベルから大幅にかけ離れた高過ぎる目標に向かうには、まずは小さい目標を1個ずつクリアし、地道に上っていく必要があります。

 

トレーニングも同じで、小さな目標を1個ずつクリアしていきます。

 

最終目標が、フルマラソンの完走でも、まだ10キロも走ったことが無ければ、いきなり42.195キロは走りませんよね?

 

まずは3キロ・5キロ・10キロと徐々に距離を伸ばしていきます。

その前に、まずは正しく歩く・片足立ちでしっかり止まるなどが出来なければ、キレイに走ることが出来ず、膝や腰などを痛めて走れなくなってしまいます。

 

そんな段階を追う為、先に中長期のスパンを見据え、エクササイズプログラムを組み立てますが、残念ながらすんなり行ってくれないことが多いです。

 

例えば、

「仕事が忙しくなって最近エクササイズが出来なくなってきた」

「風邪を引いてしまった」

「この前久々に付き合いでゴルフをしたら何だか腰がおかしい」

 

などなど、挙げればキリがないほどの、あるあるパターンがあります。

 

この場合、もちろん事前に防ぐのがベストですが、突発的なものも多く、現実的にゼロにするのは難しいです。

 

トップアスリートでも、ケガやスランプで状況が変わることが多くあるのに、アマチュアや一般トレーニング者が何のトラブルもなく、スムーズにエクササイズプランを実行できるのも、難しい話だと思います。

 

この予想外の事が起こった時も、パーソナルトレーニングであれば安心です。

 

パーソナルトレーニングは「評価」があるので、今日の状態に合わせることが出来る

パーソナルトレーニングでは、最初に行った評価(身体のチェック)を毎回行います。

 

最初に比べて、柔軟性がとても上がっている。

お尻の筋力がアップして、キレイな立ち姿勢を保てるようになっている。

思ったよりも肩の動きが改善し切っていない。

思ったより筋肉痛がキツく、強度が高過ぎたかもしれない。

 

そういった「途中経過」を測ることが出来れば、大きな問題が起こる前に対応し、元々のエクササイズプランを修正することが出来ます。

 

実際にパーソナルトレーニングを行うと、思ったより出来ることと、思ったより出来ないことが必ず出てきます。

 

週に1回くらいのペースでパーソナルトレーニングを行っていれば、ずれが少なく、すぐにプランの修正が可能ですが、1回見てもらっただけや、エクササイズツールを購入し、自分でやってみたり、自己流でやってみたりすると、こういった「途中経過」を元にした修正が効きません。

 

そうすると、効果が徐々に減っていったり、逆にケガをしてしまったりという悪い効果が出てしまいます。

 

そうすると、せっかくの努力が報われなくなってしまい、「やっぱり運動は向いてないのかな…」という事にもなり兼ねません。

 

そうならない為にも、定期的なパーソナルトレーニングで、微調整をし続けましょう!

 

⑤パーソナルトレーニングだからできる○○

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク
スポンサーリンク