⑤パーソナルトレーニングだからできる○○

 

パーソナルトレーニングならではのメリットを色々お伝えしておりますが、今回はメリットというよりも、パーソナルトレーニングだからこそ出来ることです。

 

パーソナルトレーニングではマンツーマンでトレーニングを行いますが、それ以外にもストレッチなども行っていきます。

 

ストレッチは自分で行うストレッチ(セルフストレッチ)もありますが、より効果的な方法として、パートナーストレッチと言う方法があります。

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーニングで行うパートナーストレッチとは?

その名の通り、パートナー(パーソナルトレーナー)が、あなたにストレッチをすることです。

 

もちろん自分で行うストレッチも効果的ですが、なかなか自分ではやりにくい部分もあります。

そして、そういう場所ほど重要度が高いことが多いです。

 

例えば、足首の捻挫をしたり、普段ヒールを履くことが多かったり、外反母趾があったりすると、足首周りに問題があることが多くあります。

 

この場合、足首周りのストレッチやリリース(固まってしまった筋肉を緩める)などを行ってから、トレーニングに入ると動きやすいですが、この足首周りは、なかなか自分では動かしにくい場所です。

 

また、普段デスクワークが長く、スマホを多く使う方などは、首周りの筋肉が凝り固まっていることが多くあります。

 

この場合も、首周りのストレッチやリリースを先に行うことで、身体は動きやすくなりますが、この部分もやはり自分では伸ばしにくい部位になります。

 

パーソナルトレーニングでは、このパートナーストレッチを使うことで、より効果的なトレーニングが可能になります。

 

ただパートナーストレッチをやる”だけ”では身体は変わらない?

ストレッチだけでもかなり気持ちいいですが、これだけで終わってしまうと、自分の身体の使い方や動かし方を、身体は覚えません。

 

その為、ストレッチをした後に身体を動かし、自分の身体の使い方や力の入れ方、動かし方を身体に覚えさせる必要があります。

 

ここまで行くためには、ストレッチだけ、マッサージだけ、トレーニングだけではなく、これらを一貫して行う必要があります。

 

パーソナルトレーニングでは、これが全部出来ます!

 

こうした、トレーニングだけ・ストレッチだけにならず、幅広く行うことで、より効果的に身体を変えることが出来るのも、パーソナルトレーニングにメリットに一つです。

 

⑥パーソナルトレーニングなら運動が継続できる

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク
スポンサーリンク