パーソナルトレーニングで得られる効果「二の腕痩せダイエット」についてパーソナルトレーナーが解説

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

パーソナルトレーニングで得られる効果について解説しています。

 

こちらのページでは、二の腕ダイエットについて解説していきます。

 

二の腕は、女性が痩せたい部位でも上位に入る部位だと思いますが、かなり痩せにくいところであると思います。

 

特に、体重は減っても二の腕だけ痩せないという方もいると思います。

 

基本的に部分痩せはしないと言われていますが、肩から腕周りの筋肉のバランスを改善することで「二の腕痩せダイエット」は出来ます。

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーニングで二の腕痩せダイエットが出来る理由

パーソナルトレーニングでは、二の腕痩せダイエットが出来ます。

 

基本的には、部分痩せは出来ないと言われています。

 

これは、特定の部位だけ脂肪を落とすことはできないということです。

 

ただ、特定の部位を引き締めることは可能です。

 

もちろん、あまりにも適正体重をオーバーしている場合はまず体重を落とさないといけません。

 

それでも多くの「二の腕痩せダイエット」をしたいと思っている方は、そこまで体重過多の方は少ないと思います。

 

体重過多の場合は、部分的に気になる部位が出来るよりもすべてを落としたいと思う方が多いです。

 

二の腕痩せダイエットには、体重を落とす以上に必要なことがあります。

 

それが腕や肩周りの筋肉のバランス改善です。

 

パーソナルトレーニングでは、ストレッチやトレーニングなどを組み合わせて行いますのでこの筋肉のバランス改善に有効なサービスです。

 

 

スポンサーリンク

 

二の腕痩せダイエットに必要なのは体重を減らすよりも筋肉のバランス

二の腕痩せダイエットには、体重を落とすよりも肩や腕の筋肉のバランスを改善することが重要です。

 

人間の身体は、1箇所がたるむ場合は周りにも問題があります。

 

人間には600個ほどの筋肉がありますが、それらはそれぞれ連動したり対応したりして働きます。

 

特に裏表の関係にある筋肉は関連が深いです。

 

これは、専門用語では「主動筋と拮抗筋」と言います。

 

表の筋肉が固くなれば、裏側の筋肉はたるみます。

 

これは、専門用語で相反抑制という作用です。

 

裏も表も同時に力が入ると、関節はスムーズに動きません。

 

その為、片方に力が入ればもう片方は力が抜けるというのが本来の動きです。

 

ところが、片方に力が入りっぱなしだともう片方は力が抜けっぱなしです。

 

これが二の腕がたるむ原因です。

 

力こぶの筋肉である上腕二頭筋が硬くなり、代わりに二の腕のプルプルしているところの上腕三頭筋がたるむことで、二の腕のたるみが出来ます。

 

つまり、二の腕痩せダイエットをしたければこの上腕二頭筋の硬さを改善しない限り二の腕は痩せません。

 

この筋肉のバランス改善が重要ですが、現代ではこの筋肉のバランスが圧倒的に崩れやすい環境です。

 

二の腕のたるみは現代病?

二の腕がたるむ筋肉のバランスを作るのが、肘を曲げた状態です。

 

ところが、現代人の肘は曲がりっぱなしです。

 

デスクワーク時間がどのような仕事でも多いですが、デスクワーク中は基本的に肘は曲がったままです。

 

スマホの操作も肘は曲がったままです。

 

このパソコンとスマホだけでも、圧倒的に二の腕がたるみやすいです。

 

つまり、パソコンとスマホをよく使い人は二の腕がたるみやすいと言えます。

 

これは大多数の人に当てはまると思いますので、もはや二の腕のたるみは現代病と言えます。

 

この二の腕のたるみを改善し、二の腕痩せダイエットを成功させるには腕の筋肉のバランスを改善することが必須ですが、その為に必要なのが猫背や巻き肩など姿勢の改善です。

 

猫背・巻き肩など姿勢の改善が二の腕痩せダイエットには必須

スマホやデスクワークなどを長時間していると、肘が曲がりっぱなしで二の腕がたるみます。

 

これは力こぶの筋肉である上腕二頭筋が硬くなるのが原因ですが、上腕二頭筋は肩にも繋がっています。

 

その為、肘が曲がるプラス肩の位置もずれると二の腕がたるみやすいと言えます。

 

その肩の位置がずれた状態が、猫背や巻き肩など姿勢の崩れです。

 

つまり、二の腕痩せダイエットには猫背や巻き肩などの姿勢の崩れも同時に改善する必要があります。

 

猫背とは、背中が丸まった姿勢ですが同時に肩も前へ突き出て頭も前に出ます。

 

猫背だと、二の腕がたるむだけでなく背中のたるみや二重あごなどスタイルの崩れが酷くなります。

 

巻き肩とは、この猫背に伴って肩が内側に巻かれる状態です。

この巻き肩が酷いと、肩こりもひどくなります。

 

その為、二の腕痩せダイエットをしたいという方は、大体肩こりも抱えています。

これらの姿勢の崩れ、筋肉のバランスを改善することが二の腕痩せダイエットでやるべきことです。

 

基本的に姿勢を改善するには、筋力強化と柔軟性向上の両方が必要です。

柔軟性の向上はストレッチやマッサージなどが有効で、筋力向上にはトレーニングなど運動が必要です。

 

これらは同時に行うことで効果が出ますので、ストレッチだけやトレーニングだけではなかなか二の腕痩せダイエットは出来ません。

 

二の腕痩せダイエットには、適正体重になる食事改善を中心としたダイエット・腕の筋肉のバランスを改善する為の姿勢改善ストレッチ・トレーニングが必要です。

 

パーソナルトレーニングでは食事改善などのダイエットも含めて全て行えますので、二の腕痩せダイエットに適したサービスと言えます。

 

もちろん、二の腕痩せダイエットの為の上腕三頭筋のトレーニングなどもやった方がいいですが、トレーニングで上腕三頭筋をしっかり使うのは非常に難しいです。

 

ダンベルを使った二の腕痩せトレーニングなどが一般的ですが、あれこそ肩の位置がずれた状態で正しくやるのは不可能です。

 

上腕三頭筋のトレーニングをするにしても、順序は姿勢改善が先です。

 

なかなか二の腕が痩せないとお悩みの方は、まずはパーソナルトレーニングで姿勢の改善から始めていきましょう!

 

スポンサーリンク