パーソナルトレーニングで効果が出るまでの期間や通い方とは?おすすめのパーソナルトレーニングの通い方

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

パーソナルトレーニングに関する様々な疑問にお答えしています。

 

パーソナルトレーニングを始める、もしくは始めてから気になるのが「パーソナルトレーニングで効果が出るまでどれくらい期間がかかるか?」だと思います。

 

また、パーソナルトレーニングを利用する期間や通い方なども基準がある訳ではないのでどうしていいのかはよく分からないと思います。

 

こちらのページでは、パーソナルトレーニングの通い方や効果が出るまでの期間などをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーニングで効果が出るまではどれくらいの期間がかかる?

パーソナルトレーニングで効果が出るまでの期間は、人によって異なります。

 

その人の要望や身体の状態によって大きく異なります。

 

その為、効果が出るまでの期間は担当のパーソナルトレーナーに聞いて見込みを聞くしかありません。

 

ただそれだと続ける期間が長引くだけで、パーソナルトレーニングを利用する側としては困ります。

 

それでも人間の身体の仕組み上、パーソナルトレーニングを受ける要望の内容によって効果が出るまでの期間は異なります。

 

例えば、ダイエットであれば即効性はありません。

 

「一週間で10キロ痩せたいです」と言われても人間の身体の仕組み上不可能ですので、パーソナルトレーナーの腕や本人の頑張りが凄まじくてもこれは無理です。

 

無理のないダイエットでは、1か月1キロペースと言われています。

 

もちろん、100キロを超えるような体重であればもっと早いペースでダイエットは可能だと思いますが、大まかな目安は1か月1キロです。

 

ダイエット専門のトレーニング施設では、2か月で10キロくらいのダイエットをする場合もありますが、これはかなり無理があると思います。

 

長期間続かないような無理な食事制限をすれば可能ですが、長期間体形を維持しようとすれば適正は1か月1キロを目安に効果が出る期間を考えた方がいいと思います。

 

また、筋肉が大きくなるにはトレーニングを初めて8週間ほどかかると言われています。

 

トレーニングを初めてすぐに上がる筋力は神経の問題と言われ、筋肉はすぐには大きくなりません。

 

その為、筋トレで身体を大きくするには最低でも3か月以上は見た方がいいです。

 

これらは短期間で効果が見込めないものですが、短期間で効果が出るものもあります。

 

それが姿勢の改善や動きの改善です。

 

これらは完全ではなくても、1回のパーソナルトレーニングで効果は出ます。

 

ただ完全に効果が出るには、まずは2か月くらいの期間は見た方がいいと思います。

 

姿勢改善に伴い、肩こりや腰痛などの改善も見込めます。

 

これらも1回のパーソナルトレーニングでよくなる感覚は得られると思いますが、最初は効果が続かず戻ることが多いです。

 

しっかり改善するには、まずは2か月くらいの期間を見た方がいいと思います。

 

スポーツの競技力向上も同じで、1回目で身体の変化は出ますが2か月くらいは期間を見た方がいいと思います。

 

このように、パーソナルトレーニングで得たい効果によって期間は異なります。

 

大まかな目安をまとめると次のような感じですが、状況によって変わりますので担当パーソナルトレーナーと相談するのがベストです。

 

ダイエットの効果…1か月1キロペース

筋肉を大きくする…8週間後から効果が出始める

姿勢改善…1回目から効果は出る

肩こりなど身体の不調改善…1回目から効果は出る

スポーツの競技力向上…1回目から効果は出る

 

 

パーソナルトレーニングで効果を出すにはどれくらいの頻度で通うべき?

パーソナルトレーナーで効果を出すには、通う期間も大事ですが通う頻度も重要です。

 

理想のトレーニング頻度で言えば、毎日です。

 

ボディビルディングなど高い負荷のトレーニングであれば毎日は難しいですが、姿勢改善や肩こり改善などのトレーニングであれば毎日が理想です。

 

ただ、毎日パーソナルトレーニングというのは現実的ではありません。

 

その為、多くの場合は週1回の頻度で通うことが多いです。

 

ただ、多くの場合はパーソナルトレーニングを週1回通うだけであとは何もしなければ大きな効果は見込めません。

 

毎日のトレーニングやストレッチ、食事改善などが身体を変えます。

 

身体は毎日の生活習慣の積み重ねで出来ますので、毎日の運動が身体を変える方法です。

 

その為、週に1回パーソナルトレーニングを利用して、残りの日は家で自主トレーニングというのが一般的です。

 

毎日トレーニングというと大変そうですが、そこまで大変なことではありません。

 

例えば、姿勢改善のトレーニングや腰痛予防などのトレーニングであれば1日5分くらいのストレッチやトレーニングでも十分効果は出ます。

 

これらは日々の負担で姿勢が崩れたり、腰への負担が起こったりします。

 

その為、時間は短くても毎日負担をクリアにするストレッチやトレーニングが必要です。

 

「せっかくお金を払ってパーソナルトレーニングをしているんだから、自分は頑張らないで効果でないの?」と思う方もいるかもしれません。

 

それはサービスとしてはその方がいいと思いますが、人間の身体の仕組み上不可能です。

 

使わない筋肉は必ず筋力が低下しますし、動かさない関節の柔軟性は必ず落ちます。

 

その為自力の努力がゼロになることはありませんが、その為のサポートがパーソナルトレーニングではできます。

 

運動の頻度は毎日が理想ですが、パーソナルトレーニングは週1回くらいが現実的な目安だと思います。

 

 

パーソナルトレーニングを続ける期間はどれくらい?

パーソナルトレーニングを始めると、続ける期間はどれくらいにすべきかという疑問があります。

 

こちらも理想で言えば、長期間続けるに越したことはありません。

 

先ほどもあったように、使わない筋肉は必ず筋力が落ちますし動かさない関節の柔軟性は必ず落ちます。

 

その為、パーソナルトレーニングを続けている期間は頑張ってトレーニングをしていても、通わなくなったら全くトレーニングをしなくなれば元に戻ります。

 

これも運動を続ける期間は「一生」が理想ですので、そのサポートのパーソナルトレーニングも出来れば長期間続けた方がいいです。

 

ただこれも現実的に難しいと思います。

 

パーソナルトレーニングをするデメリットは、時間と費用だと思います。

 

必ず通う時間はかかりますし、予約を合わせる手間も必ず出ます。

 

そして費用も必ず掛かります。

 

この2つがクリアできていれば、パーソナルトレーニングを続ける期間はなるべく長期間がお勧めです。

 

実際のパーソナルトレーニングの利用方法では、10年以上続ける方もいますし2か月くらいでスパッとやめる方もいます。

 

理想と現実の問題がありますが、個人的なおすすめのパーソナルトレーニングの使い方をご紹介します。

 

 

おすすめのパーソナルトレーニングの通い方とは?

パーソナルトレーニングの通い方の理想で言えば、極力頻度を高く長期間です。

 

ただ、現実的には難しいです。

 

現実的な理想で言えば、週1回くらいを長期間です。

 

これが一番効果も出ますし、運動習慣も維持できます。

 

長期的に体形を維持したい、長期的に肩こりや腰痛を予防し続けたい、怪我の影響を長期間出さないように運動をつづけたという場合は、この週1回を長期間が最も効果的だと感じています。

 

2か月で短期的に痩せたければ、2か月間は高頻度でトレーニングをして、その後はすぐ辞めるでもいいと思います。

 

ただ、これでリバウンドしなかったパターンは聞いたことがありません。

 

そして、現実的に長期間週1回で通うのが難しいという場合にお勧めのパーソナルトレーニングの通い方が、徐々に頻度を減らす通い方です。

 

まずは数か月週1回で通います。

 

その後は隔週にして頻度を落とします。

 

さらにその後は月1回にしてさらに頻度を落とします。

 

出来れば月1回は続けたいですが、難しければもっと落としてもいいです。

 

こうすると、最初は詰めてしっかりトレーニングの効果を引き出し、その後緩やかに自力での運動習慣を維持できます。

 

いきなりやめると、それまで運動習慣が付いていても途絶えやすくなります。

 

定期的にメンテナンスがてらパーソナルトレーニングに通うことで、運動習慣が維持しやすくなります。

 

このパターンであれば、月1回も通わなくなっても運動習慣が維持されていることが多いです。

 

そして、たとえ運動習慣が途切れてもすぐ回復できます。

 

この毎週→隔週→月1のパターンが難しければ、最初から隔週などでもいいと思います。

 

もちろん、「最初から隔週」だと「最初は毎週」よりは効果が低いですが、効果は見込めます。

 

ただ、どのようなパターンであれ日々の運動習慣、食事内容が身体を作ります。

 

その運動習慣の作り方や運動方法を覚えるのがパーソナルトレーニングであり、食事改善の仕方や食事改善に必要な知識をつけるのがパーソナルトレーニングです。

 

全てパーソナルトレーナーに任せるというよりは、パーソナルトレーナーを使うというイメージの方がいいと思います。

 

 

新宿でのパーソナルトレーニングの依頼はこちらから

 

中野でのパーソナルトレーニングのご依頼はこちらから

 

 

新宿・中野のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク
スポンサーリンク