ゴルフの為のトレーニングとは?パーソナルトレーニングでゴルフの競技力を向上する方法

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

パーソナルトレーニングで出来ることをご紹介しています。

 

パーソナルトレーニングでは、スポーツの競技力向上の為のトレーニングが出来ます。

 

こちらのページでは、ゴルフの競技力向上の為のトレーニングについて解説しています。

 

ゴルフは身体を捻る「回旋動作」がほとんどを占めるスポーツで、同一方向への回旋動作ばかりです。

 

その為、身体のバランスも崩れやすく、その結果腰痛など身体の不調を発症しやすいです。

 

そして、ゴルフのスイングをするために必要な身体能力は、意外と高いものが要求されます。

 

特に、柔軟性という意味ではかなりの高いレベルで要求されます。

 

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーニングがゴルフのトレーニングに効果的な理由

パーソナルトレーニングは、ゴルフの為のトレーニングに効果的なトレーニング方法です。

 

ゴルフの競技力向上といっても、必要なものは人によって異なります。

 

ゴルフで主な動作となる回旋動作(身体を捻る動作)は、意外と複雑な動作です。

 

身体を捻る際には、股関節・骨盤・腰・胸・肩甲骨・肩などが連動して動きます。

 

この全てが上手く連動することでスムーズな回旋動作が出来、スムーズなスイングが出来ます。

 

その為、「スイングを改善するトレーニング」「スイングを速くするトレーニング」は先ほどの連動する関節のどこに問題があるかによって異なります。

 

「ゴルフのスイングには体幹トレーニングが有効」も間違いではありませんが、股関節の動きが悪くてスイングが悪い人には、股関節のトレーニングやストレッチの方が有効です。

 

その為、まずはどこに問題があるかの身体の状態や筋力、スイング動作などの細かい分析が必要です。

 

この分析を基に、どこに問題があるかを見極め、その問題点を改善するトレーニングやストレッチを行うことで効果的なトレーニングとなります。

 

パーソナルトレーニングでは、最初にこの分析をしっかり行います。

 

我流のトレーニングや、雑誌に載っているトレーニングではこのチェックがありませんし、ジムで自分でトレーニングをする場合も同じです。

 

この身体の状態のチェックと、それに合わせたマンツーマンのトレーニングこそパーソナルトレーニングがゴルフの競技力向上に効果的な理由です。

 

 

パーソナルトレーニングでゴルフに必要な柔軟性を獲得する方法

パーソナルトレーニングでは、ゴルフに必要なフィジカル面をトレーニングしていきます。

 

パーソナルトレーニングで出来ることは、次の「パフォーマンスピラミッド」が分かりやすいです。

 

パフォーマンスピラミッド

 

このピラミッドは、下層のモビリティ・スタビリティ・ムーブメントが土台になり、その上に筋力や持久力が乗り、さらにその上にスキルが乗るというバランスが、高いパフォーマンスを発揮できるという意味です。

 

せっかくのスキルも、土台がなければ活きませんし怪我をしやすくなります。

 

下層のモビリティ・スタビリティは専門用語ですが、モビリティとは基礎的な柔軟性という認識でいいと思います。

 

スタビリティは、基礎的な筋力でいいと思います。

 

このモビリティ(柔軟性)が、ゴルフでは特に重要と言えます。

 

ゴルフのスイング動作は、回旋の為の柔軟性がかなり高くないとそもそものトップの位置も作れずフォロースルーもとれません。

 

その柔軟性がない状態でスイングをしようとすれば、他の関節が動いてスイングをします。

 

その状態では力も弱く、正確性にも欠けて怪我もしやすいスイングになります。

 

このゴルフに必要な柔軟性では、特に股関節と胸椎(背骨の胸の部分)の柔軟性が必要です。

 

この2つの関節が、回旋動作でメインとなる関節です。

 

ただ、デスクワークが多い、スマホやパソコンの普及など様々な理由で股関節と胸椎の柔軟性はほぼすべての人が低下しています。

 

これは、アスリートでも傾向としては同じです。

 

この股関節と胸椎の柔軟性を高めるには、柔軟性を制限している原因の追及が必要ですので、やはり細かく分析する必要があります。

 

大まかな傾向としては、胸椎の柔軟性は猫背など姿勢の崩れで低下している場合が多いです。

 

股関節は、内ももの筋肉である内転筋の筋力低下や骨盤のゆがみなどが柔軟性低下の原因となります。

 

これらの原因を解消するトレーニングやストレッチをすることで、ゴルフのスイングに必要な柔軟性を獲得することが出来ます。

 

 

ゴルフの為の体幹トレーニングとは?

ゴルフには、体幹トレーニングが有効と言われています。

 

ただ、「体幹トレーニング」と言う言葉が独り歩きしていて定義が曖昧になっています。

 

体幹とは、身体から手足を除いた部分と定義することが多いです。

 

簡単に言えば胴体です。

 

この胴体のトレーニングはゴルフに必要です。

 

ただ、体幹を固定する能力は特に必要ないです。

 

体幹トレーニングでは、プランクというこのような体勢で動かないようにしっかり固定させるトレーニングが多いです。

 

体幹トレーニングの種目「プランク」

 

このようなトレーニングで得られる効果は、剛体化という身体が動かないようにしっかり固定する能力です。

 

剛体化が必要なスポーツは、ラグビーやサッカー、バスケットボールなど相手選手との接触で吹っ飛ばされないように固定する場合です。

 

つまり、ゴルフには特に関係のない能力です。

 

ゴルフに必要な体幹トレーニングは、身体を捻る際にぶれないような能力です。

 

これは抗回旋動作という、身体のひねりに耐える能力です。

 

このような回旋動作を伴う体幹トレーニングが、ゴルフに効果的な体幹トレーニングと言えます。

 

 

ゴルフのトレーニングに筋トレは必要?ゴルフに必要な筋力とは?

ゴルフに筋トレは必要か?必要ではないかという話があります。

 

筋トレをすると身体が重くなって、スピードが鈍るのでスイングスピードが落ちるという話もあります。

 

ただ、これも先ほどのパフォーマンスピラミッドで説明が付きます。

 

パフォーマンスピラミッド

 

筋トレで鍛える筋力は、中間層のパワーです。

 

スクワットやベンチプレスなどの、ウェイトトレーニングはこのパワーのトレーニングと言えます。

 

これは、ないよりはある方がいいのでゴルフに筋トレは有効です。

 

ただ、筋トレをしてゴルフのスイングが悪くなることが多いのも事実だと思います。

 

それは、パワーよりも下の階層の柔軟性や基礎的な筋力がない上に筋トレをしている場合です。

 

誤った動きで筋力を鍛えれば、柔軟性は低下します。

 

そして、胸や背中などの大きな筋肉が付きながら、その強くなった力を支える筋力が変わらなければフォームは崩れます。

 

筋トレでこのような悪影響が出る場合は、もっと先に必要な土台の筋力や柔軟性がないからです。

 

その為、筋トレが悪いのではなく基礎的な柔軟性や筋力がないことが悪いと言えます。

 

そして、筋トレをやる順番を間違えたとも言えます。

 

この柔軟性や筋力をつけてから筋トレを行えば、より力強いスイングが出来るなど筋トレはゴルフにプラスの作用をします。

 

 

ゴルフの為のトレーニングまとめ

このように、ゴルフの為のトレーニングは間違った形で行われることが多いと思います。

 

そして、ゴルフに必要な柔軟性は本来相当高いレベルですので、普通にゴルフの練習だけをしていれば身に付かない人が多いです。

 

パフォーマンスピラミッドの順番に沿って、基礎的な筋力や柔軟性を身に付け、その上にパワーを乗せて、さらにその上にフォームなどのスキルを乗せる。

 

この順序を守ったトレーニングが、パーソナルトレーニングでは行えます。

 

そして順序を破ったトレーニングや練習では、腰痛など怪我も起きやすいです。

 

なかなかゴルフでスコアが伸びない、ゴルフをすると痛みが出るなどの悩みがある方は、ぜひ一度パーソナルトレーニングをお試しくださいませ!

 

 

パーソナルトレーニングのお申込みはこちらから

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク