パーソナルトレーニングの流れ|中野区のパーソナルトレーナー野中圭太郎

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

こちらではパーソナルトレーニングの流れについてご説明していきます。

 

パーソナルトレーニングを受けたことがない方にとっては、どのようなことをするのかイメージがつきにくいと思います。

 

こちらでは、パーソナルトレーニングをどのように行っていくかを解説していきます。

 

初めてパーソナルトレーニングを受ける前の不安を少しでも解消して頂ければと思います。

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーニングの流れ①カウンセリング

パーソナルトレーニングの流れは、まずは最初にカウンセリングから始まります。

 

これは病院で最初に問診をするのと同じです。

 

カウンセリングというと堅苦しそうですが、簡単に言えばお話です。

 

どのような要望でパーソナルトレーニングを希望されたのか?

どのような悩みがあるのか?

具体的な目標があるのか?

などを伺っていきます。

 

ただこれはちゃんとした答えをもっていかなければならないという訳でもありませんので、気軽にカウンセリングを受けて大丈夫です。

 

例えば、腰が痛くてマッサージを受けてもなかなか治らないので、パーソナルトレーニングを受けようと希望したとします。

 

その場合、

・いつから痛みがあるのか?

・病院に行ったのか?

・どのような時に特に痛みを感じるか?

などを伺っていきます。

 

カウンセリングは、お客様の悩みを整理してどのようにパーソナルトレーニングを進めていくか、パーソナルトレーニングの目標をどこに設定するかなどを決める最初の段階です。

 

また、この後の姿勢や動きなどのチェックの際の参考にもなります。

恐らくこの辺りに問題があるであろうという、パーソナルトレーナーの予測に繋がる情報を収集する段階でもあります。

 

スポンサーリンク

 

パーソナルトレーニングの流れ②姿勢・動き・筋力・柔軟性のチェック

カウンセリングの次には、姿勢・動き・筋力・柔軟性などをチェックしていきます。

 

これは最初に伺ったカウンセリング内容を元に、現状の問題点を洗い出していく段階です。

 

腰が痛いなら、なにか腰に負担がかかる原因があります。

スタイルが崩れている場合も、何かしらの原因があります。

 

ダイエットやボディメイクをする場合は、ここで体重や体脂肪などの測定もしていきます。

 

お客様自身が自分の問題点を認識している場合もあれば、全く予想もしていないところが原因である場合もあります。

 

人間の身体には、600個ほどの筋肉と200個ほどの骨があります。

その他靱帯など多くの組織が影響しあっていますので、痛みがある場所やたるんでしまう場所、出来ない動きなどの問題点はあくまで結果の1つです。

 

その結果に繋がる原因が全身にあります。

 

それを、姿勢や動きの癖、筋力・柔軟性などをチェックしていくことで分かります。

 

ムキムキのトップアスリートでも、実際にはどこかしらの筋力が弱かったり、柔軟性が低下していることが多いです。

 

そのような細かい原因がわかることで、どこをトレーニングしていけばいいかが明確になります。

 

パーソナルトレーニングの流れ③パーソナルトレーニング内容の決定

最初のカウンセリング・身体の状態のチェックで目標と現状の問題点が明確になります。

それが分かれば、あとはそれを改善していくだけです。

 

パーソナルトレーニングというと、ひたすら筋トレやストレッチをするイメージを持たれている方も多いと思いますが、先ほどの①②が非常に重要です。

 

このカウンセリングとチェックを元にトレーニング内容を決定していきます。

 

原因と思われる筋力不足や柔軟性不足を改善するためのトレーニングやストレッチを行っていき、身体を目標に向かって改善していきます。

 

その為、実際に行うパーソナルトレーニングの内容は人によって異なります。

 

もちろん、「よくあるパターン」もありますので、似たようなことをすることは多いです。

 

ただ、よくあるパターンを前提にしてパーソナルトレーニングをするのと、カウンセリングと姿勢や動きなどの身体のチェックを通した結果よくあるパターンになるのでは、話が全く違います。

 

これがパーソナルトレーニングの最大のメリットとも言えると思います。

 

パーソナルトレーニングはマンツーマンレッスン&オーダーメイドレッスンですので、お客様の身体の状態と目標に100%マッチした内容でトレーニングを出来ます。

 

その為、効果的なトレーニングが見込めます。

 

パーソナルトレーニングの流れ④ストレッチ&トレーニング

ここまででパーソナルトレーニングの為の下準備が終わりました。

 

カウンセリングと姿勢や動きなどの身体のチェックを通して、トレーニング内容が決定しました。

 

あとは、実際にこのトレーニングやストレッチを行っていきます。

 

パーソナルトレーニングはマンツーマンレッスンですので、やり方も進め方も全てお客様のペースに合わせて行います。

 

難しいポイントは重点的に、慣れてきたトレーニングは素早く進めていきます。

 

また、予定以上に出来ればより高難度・高強度のトレーニングに発展する場合もありますし、予定通りに行かなければストレッチなどを組み合わせて対応していきます。

 

特に怪我のリハビリトレーニングや、腰痛や膝痛など身体の不調の改善の場合は、予定通りにすんなりいくことはまずないと思った方がいいと思います。

 

昨日はあんなに良かったのに、今日はおかしいということが頻繁に起こります。

 

この場合も、パーソナルトレーニングであればマンツーマンレッスンですので、その時の状態に合わせて進めていけます。

 

パーソナルトレーニングの流れ⑤今後のパーソナルトレーニングの続け方の決定

パーソナルトレーニングのレッスンが終了したら、今後の継続方法などを検討していきます。

 

パーソナルトレーニングは基本的には1回で完結するものではありません。

 

まずは週1回で2か月くらい続けたり、半年くらい続けたりと人によります。

中には数回で終わる人もいますし、5年・10年と継続される方もいます。

 

身体の状態だけ考えれば、ずっと続けることがベストです。

 

ただ、パーソナルトレーニングにはマンツーマンレッスン&オーダーメイドレッスンというメリットもあれば、当然デメリットもあります。

 

パーソナルトレーニングの最大のデメリットが、時間と費用です。

 

毎週通う場合は、毎週パーソナルトレーニングの時間を確保する必要があります。

 

また、マンツーマンレッスン&オーダーメイドレッスンですので、費用も掛かります。

 

パーソナルトレーニングの料金相場は最近ではかなり幅が広くなっていると思いますが、60分で4,000円~9,000円くらいが多いと思います。

一番オーソドックスな料金形態は、60分6,000円だと思います。

 

このメリットとデメリット、身体の状態などをトータルに考えて今後の進め方を決定していきます。

 

基本的にはパーソナルトレーナーからおすすめの通い方を提案させて頂きますが、この時間的な問題と費用的な問題を踏まえて調整して継続方法を決定していきます。

 

時間的にも費用的にも難しいので、短期集中で覚えてあとは自分でトレーニングを頑張るという方もいますし、毎週のパーソナルトレーニングを何年も継続される方もいます。

 

これらは、全てお客様に合わせて行っていくべきことですし、続けながら変えていくことも当然可能です。

 

パーソナルトレーニングの流れまとめ

パーソナルトレーニングの流れをご紹介しましたが、まとめると次のようになります。

 

パーソナルトレーニングの流れ

①カウンセリング

②姿勢・動き・筋力・柔軟性などの身体のチェック

③パーソナルトレーニング内容の決定

④トレーニング・ストレッチ

⑤今後の方針の決定

 

パーソナルトレーニングでは最初に体験レッスンを行いますが、最初の体験レッスンでこの流れを行います。

そして、その後のパーソナルトレーニングも大きくはこの流れで行います。

 

最初はカウンセリングやチェックが重要ですが、その後はカウンセリングなどをさらっと終えて、メインのトレーニングやストレッチがほぼ全てになります。

 

このような流れでパーソナルトレーニングを行っていきますので、パーソナルトレーニングは運動が苦手な人やコミュニケーションが苦手な人でも安心してご利用頂けます。

 

身体で何かお悩みがある方は、ぜひ一度パーソナルトレーニングをお試しくださいませ。

 

パーソナルトレーニングのお申し込みはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク