広島カープ・菊池涼介選手、左肩打撲の怪我でスタメン落ち。脱臼が無ければ負傷による登録抹消はなしか?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

7月2日のDeNA戦で負傷交代していた広島カープの菊池涼介選手の怪我ですが、続報が入りました。

 

病院での検査の結果、左肩打撲の怪我と診断されたとのことでした。

 

前日に菊池涼介選手は2015年に負傷している右膝内側側副靭帯損傷の再発では?という記事をアップしましたが、見事に大外れでした。

失礼致しました。

 

9/9追記

菊池涼介選手は9月8日中日戦の守備で右膝をフェンス直撃で負傷、右膝打撲の怪我と診断されました。

今後の出場は未定ですが、優勝が決まれば欠場の可能性もあり得ます。

 

 

スポンサーリンク

菊池涼介選手の怪我は左肩打撲の怪我。DeNA戦の守備中に倒れながらトスをした際に負傷

菊池涼介選手は7月2日のDeNAベイスターズ戦の守備中に怪我をして、その後代打を送られ途中交代となりました。

 

2日時点では菊池涼介選手の怪我の詳細は発表されていませんでしたが、その後発表された怪我は「左肩打撲」の怪我でした。

 

菊池涼介選手は2015年は両膝の内側側副靭帯損傷の怪我などに悩まされて不調に終わりました。

 

その内側側副靭帯損傷の怪我の再発が最も怖い怪我でしたが、どうやら怪我をしたのは左肩だけのようです。

 

菊池涼介選手はセカンドゴロを処理した際に足を滑らせてボールをこぼしました。

 

そのボールを取って1塁へトスする際にも右足を滑らせて転倒しています。

 

このトスの際の転倒で右膝を怪我したかと思いましたが、どうやらこの転倒で落ちた際に左肩を強打して打撲の怪我を負ったようです。

 

 

スポンサーリンク

 

菊池涼介選手の復帰時期はいつ?怪我の状態次第だが亜脱臼などが無ければ登録抹消は避けられる見込み

菊池涼介選手の復帰時期は未定ですが、軽症の怪我と言う見方が強いです。

 

このような怪我で怖いのは肩の脱臼です。

 

転倒で手をついた際に変な体勢で肩にストレスがかかりながら落下した際に肩を脱臼することは良くあります。

 

最近ではラグビー日本代表の五郎丸歩選手が右肩鎖関節脱臼の怪我で手術をしています。

 

このような怪我であれば全治は2~3か月かかりますので、今シーズン絶望くらいの恐れがあります。

 

ただ菊池涼介選手の怪我はここまで重症ではなく、肩鎖関節脱臼のような怪我ではなさそうです。

 

その為、現在の状態としては出場選手登録を抹消されていません。

 

ただ後日再検査で亜脱臼が見られたり、骨にひびが入っていましたと言う可能性は考えられます。

 

そのような場合は菊池涼介選手が登録抹消でしばらく負傷離脱という可能性はありますが、恐らくこのような可能性は低そうです。

 

 

菊池涼介選手は左肩打撲の怪我の影響で7月3日のDeNA戦はスタメン落ち。現在の怪我の状態は?

菊池涼介選手は左肩打撲の怪我を負った翌日の7月3日のDeNAベイスターズ戦はスタメン落ちです。

 

結局交代でも出場していませんので、今日は怪我の患部の状態を様子見という状態だと思います。

 

悪化したり、しばらくかかりそうであれば登録抹消の可能性もあります。

 

登録抹消の場合は最短で再登録まで10日かかるので、現在の菊池涼介選手の怪我の状態としては10日もかからなそうという状態です。

 

同じく打撲の怪我を負った阪神タイガースの俊介選手は、すぐに登録抹消されています

 

俊介選手は中谷選手と激突して落球し、サヨナラ負けという怪我でした。

 

このように打撲と言っても程度によって復帰までの時期は異なります。

 

ただ軽症の打撲でも痛いは痛いですので、大事を取った可能性もあります。

 

菊池涼介選手を欠いた広島カープですが、見事DeNAベイスターズに勝ち越しています。

 

大型連勝は止まったものの結局勝ち越していますので、勢いは本物です。

 

エルドレッド選手も右大腿二頭筋挫傷の怪我で離脱していますし、大瀬良大地投手も右肘内側側副靭帯損傷の怪我で離脱中です。

 

このような怪我人も帰ってきたら、いよいよ手が付けられなくなりそうですね。

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク