テニスリオ五輪の出場辞退選手続出でラオニッチ選手に続きベルディヒ選手も辞退!原因はジカ熱?ATPポイント?錦織圭選手は出場か?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

リオ五輪の開催がいよいよ迫ってきていますが、ゴルフでは松山英樹選手がジカ熱とブラジルの治安不安を理由にリオ五輪出場辞退を発表しています。

 

ゴルフでは松山英樹選手だけではなく、海外のトップ選手もリオ五輪出場辞退を発表しています。

 

その波はゴルフだけでなくテニスでも起こっています。

 

先日、男子テニス世界ランキング8位で2016年ウィンブルドンベスト4のT・ベルディヒ選手がリオ五輪出場辞退を発表しました。

 

また、ウィンブルドン2016で決勝進出を果たしたM・ラオニッチ選手も既にジカ熱を理由にリオ五輪出場辞退を発表しています。

 

その他多くのトップ選手がリオ五輪出場辞退と、ゴルフだけでなくテニスでも辞退者続出となっています。

 

 

スポンサーリンク

テニスリオ五輪出場辞退選手一覧!日本の錦織圭選手は現在リオ五輪出場予定

男子テニスでは既にリオ五輪出場辞退を多くの選手が発表しています。

 

世界ランキングトップ10の選手でも既にM・ラオニッチ選手、T・ベルディヒ選手。D・ティエム選手がリオ五輪出場辞退を発表しています。

 

こちらが、男子テニスの主なリオ五輪出場辞退を発表した選手の一覧です。

(順位は世界ランキング)

 

7位 M・ラオニッチ選手

8位 T・ベルディヒ選手

9位 D・ティエム選手

16位 J・イズナー選手

18位 N・キリオス選手

19位 B・トミック選手

20位 F・ロペス選手

21位 L・ブレイユ選手

23位 B・ベール選手

29位 S・クエリー選手

 

7/29追記

ロジャー・フェデラー選手が両膝の怪我の治療を理由に、リオ五輪を含む今季残り全試合を欠場すると発表しました。

 

8/8追記

スタン・ワウリンカ選手も腰の怪我を理由にリオ五輪欠場を発表しました。

 

 

また、女子選手でもリオ五輪出場辞退選手が出てきています。

 

5位 シモナ・ハレブ選手

16位 カロリーナ・プリスコバ選手

 

(ランキングは2016年7月18日現在)

 

ウィンブルドンで準優勝のM・ラオニッチ選手、同じくウィンブルドンで準決勝進出のT・ベルディ選手、さらにそのウィンブルドンでノバク・ジョコビッチ選手の年間ゴールデンスラムを阻止したS・クエリー選手もリオ五輪出場辞退を発表しています。

 

さらに日本の錦織圭選手に2連勝して「錦織キラー」とも言われたB・ベール選手、“問題児”N・キリオス選手など、日本でもお馴染みの選手がリオ五輪出場辞退を発表しています。

 

また、左手首の怪我から復帰を目指すラファエル・ナダル選手はリオ五輪出場を希望しているそうです。

 

ラファエル・ナダル選手は怪我の状態次第ですが、おそらくTFCC損傷と思われる怪我が治ればリオ五輪出場となりそうです。

 

日本の錦織圭選手もリオ五輪出場予定ですが、ウィンブルドンを左わき腹の怪我で途中棄権しているだけに不安が残ります。

 

錦織圭選手の怪我は左わき腹肉離れの手前のような症状だと思いますので、悪化してわき腹肉離れとなればリオ五輪は欠場となります。

 

リオ五輪出場辞退理由は様々ですが、主な辞退理由は「ジカ熱」です。

 

これはゴルフで出場辞退している選手も同じですが、やはりジカ熱がリオ五輪出場辞退理由のトップと言えそうです。

 

ジカ熱はブラジルで2016年に流行している感染症です。

 

ただ、他の競技ではあまりジカ熱によるリオ五輪出場辞退者のニュースはあまり聞きません。

 

主にはテニスとゴルフですが、その原因にはジカ熱だけではない競技の実情がありそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

テニスでリオ五輪出場辞退選手が続出する理由はジカ熱?ブラジルの治安?それともATPポイントがつかないから?

テニス選手で続出するリオ五輪出場辞退の理由はジカ熱の感染への不安と言われています。

 

ただ本当にそれだけであれば、他の競技でももっと出場辞退選手が出るはずです。

 

このゴルフとテニスに集中する理由として、通常のツアーやポイント、メジャー大会などが影響していると言われています。

 

ゴルフでは、アダム・スコット選手が「リオ五輪よりメジャータイトルを優先したい」とコメントしていますが、正直テニス選手でも同じような理由の選手は多いと思います。

 

リオ五輪の直後には8月29日からグランドスラムの1つである全米オープンがあります。

 

リオ五輪よりも全米オープンを優先したいという選手は多いと思われます。

 

また、リオ五輪はATPポイントがつきません。

 

簡単に言えば世界ランキングに影響しない大会です。

 

ATPポイント上位8選手で、11月にATPワールドツアーファイナルが行われます。

 

この8位を争うラオニッチ選手やベルディヒ選手が欠場しているのは、正直ATPポイントの影響がゼロではないと思います(本人はそんなコメントはしないと思いますが…)

 

 

テニス・ゴルフでリオ五輪出場辞退選手が続出する理由のジカ熱とは?蚊を媒介に感染。観客も注意が必要

ではテニスやゴルフでリオ五輪出場辞退者が続出する理由となっている「ジカ熱」とはどのようなものなのでしょうか?

 

ジカ熱とはジカウィルスによる感染症で、2016年に南米を中心に流行しています。

 

健康な成人が感染して死亡に至る可能性は稀とのことですが、発熱・関節痛・関節炎・結膜充血・頭痛・下痢・嘔吐などの症状があります。

 

ジカ熱に感染で命の危険と言うよりは、まともにプレーできずに終わる可能性があります。

 

特に注意が必要なのが妊娠後期の女性で、ジカ熱感染により小頭症児が多発すると言われています。

 

日本政府でも、妊娠後期女性のリオ五輪感染は注意を呼び掛けています。

 

ただ、リオ五輪に出場する選手で妊娠後期の選手は当然いませんし、男子選手に辞退者が多い点もやはりジカ熱以外の理由を考えてしまいます。

 

とは言えジカ熱が安全という訳ではありません。

 

リオ五輪観戦者も十分に注意が必要です。

 

ジカ熱は蚊を媒介に感染すると言われていますが、性交渉での感染もあると言われています。

 

以前は男性から女性への感染しか認められていませんでしたが、先日アメリカで性交渉により女性から男性へジカ熱感染があったと発表されました。

 

 

今後もジカ熱によるリオ五輪出場辞退選手が出ると思われますが、観戦者も十分にジカ熱感染に注意が必要です。

 

8/15追記

錦織圭選手は3位決定戦でラファエル・ナダル選手を破り、リオ五輪銅メダルを獲得しました!

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク