広島カープ・一岡竜司投手、右前腕部の怪我で登録抹消。キャンプで右浅指屈筋損傷の怪我。肘の怪我に繋がる可能性も?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

セリーグ首位独走の広島カープにまた怪我人情報です。

 

リリーフ投手の一岡竜司投手が、「右前腕部の違和感」で登録抹消となりました。

 

一岡竜司投手は24日の阪神タイガース戦での登板後に右前腕部の違和感を訴えて、翌日の25日に出場選手登録を抹消されていました。

 

広島市内の病院で検査を受けたとのことですが、一岡竜司投手の怪我の詳細は発表されていません。

 

このまま2軍に合流して投球練習を続けながら様子を見るとのことですが、最初は「右前腕部の違和感」だったものの実は肘の怪我だったということはよくありますので、少し心配なニュースです。

 

広島カープは戸田隆矢投手も左手関節靭帯部分損傷の怪我で離脱中ですので、独走態勢とはいえ怪我人が増えているのは気になります。

 

スポンサーリンク

一岡竜司投手の怪我の状態は?広島カープは右前腕部の違和感と発表

一岡竜司投手の怪我については、今のところ広島カープから詳細な発表はありません。

 

一岡竜司投手の怪我は「右前腕部の違和感」とだけ発表されています。

 

2軍に帯同して投球練習も特に制限はないとのことですので、恐らくは現在の怪我の状態としては軽症だと思います。

 

ただ、右前腕部の違和感というのが気になります。

 

前腕とは肘から先の腕の部分のことです。

 

この部分で投手が痛めやすいところは肘です。

 

肘の靭帯はこの前腕部まで付いていますので、前腕部の違和感だったのが実は肘の靭帯損傷だったという場合もあります。

 

一岡竜司投手は病院で検査を受けたとのことでしたので、おそらくこの肘の靭帯の状態を検査するMRI検査などは受けているはずです。

 

その結果特に異常が見られなかったので、右前腕部の違和感ということになっていると思います。

 

ただ、MRI検査で靭帯の微細な損傷がどれくらい見えているかは分かりません。

 

このまま投球練習を続け、その結果肘の靭帯損傷となるのが一番怖いところです。

 

肘の靭帯損傷で一番怖い怪我は右肘内側側副靭帯損傷の怪我です。

 

広島カープでは、大瀬良大地投手が右肘内側側副靭帯の部分損傷で先日復帰登板を果たしたばかりです。

 

この肘内側側副靭帯断裂の怪我となると、あの有名なトミー・ジョン手術を受けることになります。

 

 

スポンサーリンク

 

一岡竜司投手はキャンプでも右前腕部の「右浅指屈筋損傷」の怪我

一岡竜司投手は、2016年の春キャンプでも同じく右前腕部の怪我をしています。

 

この時は病院での検査の結果、右浅指屈筋損傷と発表されています。

 

右浅指屈筋とは、腕から指に繋がる筋肉で指を動かす筋肉です。

 

ダルビッシュ有投手が、かつてこの右浅指屈筋に繋がる右第2指(人差し指)の疲労骨折をしたことがあります。

そのダルビッシュ有投手もその後トミー・ジョン手術を受けているので心配です。

 

一岡竜司投手の右浅指屈筋損傷の怪我も、メカニズムとしてはダルビッシュ有投手と同じような形で怪我をしたと思います。

 

ただ、一岡竜司投手は骨に異常はなく筋肉のみの損傷だったと思われます。

 

今回登録抹消となった右前腕部の違和感が、キャンプの時と同じくこの右浅指屈筋損傷の怪我なのか、あるいは別の怪我なのかは発表が無い以上分かりません。

 

ただ同じ怪我であれば同じように発表すると思いますので、先程の肘の怪我などが潜んでいないか不安は残ります。

 

 

一岡竜司投手の復帰時期はいつ?怪我の程度によっては長期負傷離脱の可能性も?

一岡竜司投手の復帰時期は全くの未定です。

 

投球練習を続けながら様子見とのことですので、特に問題なければ登録抹消後10日の最速で復帰する可能性もあります。

 

ただの右前腕部の張りだけでしたら、それくらいの早い復帰も考えられます。

 

ただ、もしまた右浅指屈筋損傷の怪我であれば、1か月以上かかる可能性があります。

 

キャンプで右浅指屈筋損傷の怪我で出遅れた一岡竜司投手の2016年の1軍初登板は、6月17日のオリックス戦です。

 

開幕に間に合わなかったどころか、交流戦に入ってしまいました。

 

同じレベルの離脱であれば、日本シリーズにも間に合わない可能性もあります。

 

現在の情報では、一岡竜司投手の復帰時期が全く分かりませんので続報を待ちましょう!

 

トミー・ジョン手術クラスの長期離脱にならないことを祈るばかりです。

 

7/26追記

西武ライオンズの高橋朋己投手がトミー・ジョン手術を受けたと発表されました。

一岡竜司投手の怪我がここま深刻でないことを願うばかりです。

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク