千葉ロッテマリーンズ・西野勇士投手右肘の怪我で登録抹消!復帰時期は8月下旬か?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

千葉ロッテマリーンズの守護神・西野勇士投手が右肘の怪我が理由で登録抹消されました。

 

8月1日に船橋市内の病院で精密検査を受けた結果、靱帯などの損傷はないとのことですが、復帰まで3~4週間かかるみこみとのことです。

 

診断結果と西野勇士投手本人のコメントにどうも差がある感じがするのが心配ですが、ひとまずは靱帯損傷などの大きな怪我がなく一安心といったところです。

 

 

スポンサーリンク

西野勇士投手の右肘の怪我は靱帯損傷なく「炎症と疲労による痛み」と診断

西野勇士投手の怪我は、靱帯などの損傷は確認されず「炎症と疲労による痛み」と診断されたと発表されました。

 

西野勇士投手は右肘の不調を訴え登録抹消されていましたが、利き手である右肘の大きな怪我であれば、それこそ選手生命にかかわる怪我になる可能性があります。

 

野球選手の肘の怪我で最も大きな怪我と言えば、右肘内側側副靭帯断裂です。

 

肘の大きな靱帯である内側側副靭帯が断裂すれば、手術となり復帰まで1年ほどかかります。

 

この肘内側側副靭帯断裂後に行う、肘内側側副靱帯再建手術が別名トミー・ジョン手術です。

 

昨年はダルビッシュ有投手がトミー・ジョン手術を受け、リハビリ期間中の肉体改造が話題になりました。

 

今季トミー・ジョン手術から復帰したダルビッシュ有投手も、右僧帽筋の怪我などで故障者リスト入りするなど、トミー・ジョン手術からの復帰は簡単ではありません。

 

今年もすでに西武ライオンズの高橋朋己投手がトミー・ジョン手術を受けるなど、最近では毎年プロ野球選手が誰かしらトミー・ジョン手術を受けるようになっています。

 

西野勇士投手の怪我もこのトミー・ジョン手術につながる怪我ではないかと思われましたので、まずは内側側副靱帯の損傷がなかったということで一安心です。

 

ただ西野勇士投手のコメントでは「正直これほどの痛みは初めて。完全に治してから万全の状態で復帰したい。」と言っています。

 

靱帯の損傷もなく、炎症と疲労による痛みでここまで傷みが本当に出るのか?という疑問はあります。

 

もしかしたら、別の損傷が後から見つかる可能性もあります。

 

サッカーではセレッソ大阪の柿谷曜一朗選手が右足関節靱帯損傷の怪我で全治4週間と発表されましたが、その後2か月たっても復帰できずに結局手術を受けることになりました。

 

このような復帰が長引く可能性もありますので、西野勇士投手の痛みが強いというコメントが気がかりです。

 

 

スポンサーリンク

 

西野勇士投手は7月30日の楽天戦で救援失敗し登録抹消

西野勇士投手は7月30日の楽天戦で、4-2の9回に登板しました。

 

ところが、代打アマダー選手に同点ツーランホームランを浴びてしまいました。

 

この楽天戦後に右肘の張りを訴え登録抹消となりました。

 

どうやらもともと右肘の痛みがあったようですが、無理して登板していたようです。

 

これはどの選手でも同じですが、一流選手の突然の不調には怪我が付き物です。

 

西武ライオンズの中村剛也選手は今シーズン不調で先日登録抹消されました。

 

中村剛也選手も左股関節の怪我で登録抹消された後は、打率1割台と不振に陥っていました。

 

ただこの怪我の前から例年よりもホームランが少なく、DHでの出場がかなり多かったですので他にも何らかの怪我を抱えていたと思われます。

 

西野勇士投手も昨シーズンに比べると、今シーズンの出来は明らかに悪いです。

 

その不調とこの右肘の怪我はやはり強い関係があると思います。

 

 

西野勇士投手は2016年既に6敗。右肘の怪我を抱えたままの投球が続いていたか?

西野勇士投手はここまで既に6敗を喫しています。

 

クローザーで6敗はやはり多く、黒星がつかない場面でも救援失敗が目立ちます。

 

今シーズンはどこもストッパーの不調が多いですので、西野勇士投手だけが目立ちはしないですが、それでも本来の投球と違うのは明らかです。

 

西野勇士投手がいつから右肘の怪我を抱えて登板していたのかはわかりませんが、登録抹消される前の数日の話ではなさそうです。

 

もしかしたら開幕前後から痛みを抱えていたのかもしれません。

 

西野勇士投手は2015年シーズンも怪我で登録抹消されましたが、この時の怪我は左肘の怪我でした。

 

ソフトバンク戦で、セーフティバントの処理の際に転倒し左手をついたときに左肘を負傷しました。

 

これは肘関節捻挫の怪我と思われますが、左肘骨挫傷と発表され復帰まで1週間ほどかかっています。

 

さらにシーズン終盤の9月には打球が左足に直撃し、左第2中足骨骨折の怪我を負い2015年シーズン中の復帰は出来ませんでした。

 

このような怪我が影響したかはわかりませんが、少なくとも下半身の怪我でバランスが崩れたりかばうような投球に無意識になってしまえば右肘への負担は増します。

 

まずは肘の靭帯損傷がなく一安心ですが、この肘の痛みをかばったままの復帰では今度は肩の怪我など大きな怪我につながる可能性もあります。

 

また、肘をさらに痛めてトミー・ジョン手術という可能性も否定できません。

 

CS争いもありますが、西野勇士投手にはじっくり治してから復帰して欲しいですね!

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク