サッカーU-23日本代表、浅野拓磨選手と南野拓実選手が怪我でリオ五輪スウェーデン戦欠場の可能性?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

サッカーU-23リオ五輪日本代表は、グループリーグを1分け1敗の崖っぷちでスウェーデン戦を迎えます。

 

スウェーデン戦に引き分け以上で、残りのナイジェリア対コロンビア戦の結果次第でグループステージ突破の可能性があります。

 

初戦のナイジェリア戦を4-5というまさかのスコアで敗戦し、続くコロンビア戦はOA枠の藤春廣輝選手のオウンゴールもあり2-2-の引き分けに終わっているU-23日本代表。

 

是が非でも勝ちたいスウェーデン戦を前にして、二人の主力選手が別メニュー調整となっています。

 

ここまで2戦2ゴールの浅野拓磨選手が、右足かかとの怪我で別メニュー調整となっています。

 

さらに、このチームのエースとして活躍してきた南野拓実選手も右足首の怪我で別メニュー調整となっています。

 

 

スポンサーリンク

浅野拓磨選手の怪我は右足かかとの打撲か?コロンビア戦で負傷も「記憶にない」

浅野拓磨選手の怪我は、右足かかとの打撲と言われています。

 

リオ五輪グループリーグ2回戦のコロンビア戦の試合中に負傷したようですが、浅野拓磨選手はコメントで「いつ負傷したか覚えていない」としています。

 

それくらい集中していたとも言えますが、試合中は大きな怪我でもこういうことはあります。

 

あのゴン中山こと中山雅史選手は、骨折しながらゴールを決めたことがあると言われていますが、その時も同じような状態だったはずです。

 

ただ浅野拓磨選手の怪我は打撲ですので、重症の怪我ではありません。

 

とはいえ、打撲でも怪我直後はかなり痛みがあります。

 

怪我をしたコロンビア戦からわずか3日ですので、正直なところ痛みを抱えながらのプレーになるはずです。

 

浅野拓磨選手もコメントで「正直痛みはある。」と言っています。

 

打撲であれば大丈夫だと思いますが、かばった動きを繰り返して他の怪我につながるのが怖いです。

 

かかとは走る際に地面にあたる部位ですので、強い衝撃が加わります。

 

特に、浅野拓磨選手の走るスピードであればなおさらです。

 

その動きで変なかかとのつき方をすれば、サッカー選手に多い第5中足骨骨折の怪我などにつながる可能性が増します。

 

また、足や足首の怪我は膝の怪我にも繋がりやすく膝内側側副靭帯損傷のような怪我のリスクも増えます。

 

 

スポンサーリンク

 

南野拓実選手の怪我は右足関節内反捻挫か?バスを降りる際に負傷

一方、南野拓実選手の怪我はどこで負傷したのかがはっきりしています。

 

南野拓実選手は8日の練習後のバスから降りる際に右足首を挫いたようです。

 

怪我の仕方としては、このリオ五輪という4年に1度の舞台であまりにお粗末な怪我です。

 

野球の広島カープの戸田隆矢投手も寮で転倒して左手首の怪我をしましたが、それと同じような怪我の仕方です。

 

ただ、南野拓実選手の怪我はかなり軽症とのことです。

 

南野拓実選手の怪我の症状としては、足関節内反捻挫に入ると思います。

 

足関節内反捻挫の怪我は、いわゆる足首の捻挫です。

 

足関節内反捻挫の怪我は重症度によってかなり症状が異なります。

 

軽症であれば、即日テーピングを巻いて強行出場も可能です。

 

全治2~3日くらいで済むものも多く、その程度であれば南野拓実選手は足首の怪我を完治した状態でコロンビア戦に臨めます。

 

ただ重症の場合は全治2~3か月で手術となる場合があります。

 

セレッソ大阪の柿谷曜一朗選手は右足関節内反捻挫の怪我で手術となり、全治3か月と発表されています。

 

南野拓実選手は別メニュー調整となっているものの、コロンビア戦の出場は可能だと思います。

 

 

浅野拓磨選手と南野拓実選手は怪我でスウェーデン戦欠場?途中出場?

気になる浅野拓磨選手と南野拓実選手のスウェーデン戦の出場ですが、おそらく両選手とも出場可能な怪我の状態ではあると思います。

 

ただ、前日練習で別メニュー調整となっているので、おそらく2選手ともベンチスタートで途中出場になると思います。

 

連戦が続く上、U-23リオ五輪代表メンバーは18名しかいませんのでほぼ全員が出場することになると思います。

 

浅野拓磨選手にしても、南野拓実選手にしても途中出場に適性のある選手だと思いますので、怪我がなくてもベンチスタートで切り札的な使われ方をした可能性もあります。

 

特に浅野拓磨選手のスピードは、後半足の鈍った相手には超効果的です。

 

ただでさえ暑いリオデジャネイロの気候に加えてリオ五輪は間隔の短い連戦ですので、途中交代の選手が明暗を分ける可能性は高いです。

 

浅野拓磨選手はリオ五輪後にアーセナル移籍へ、そして南野拓実選手もザルツブルクからステップアップするにもリオ五輪でのアピールは重要です。

 

途中出場での浅野拓磨選手と南野拓実選手の活躍に期待したいと思います!

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク