サッカーU-16日本代表・久保建英選手、AFCU-16選手権ベトナム戦2ゴールも負傷退場!怪我の状態は?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

サッカー日本代表はワールドカップアジア最終予選を戦っていますが、かなり下のカテゴリーのU-16日本代表もアジアの舞台で戦っています。

 

この世代は東京五輪の世代ですのでそういった意味でも注目ですが、特に注目される理由はあのバルセロナに所属していた久保建英選手の世代であることです。

 

バルセロナの18歳以下の選手獲得に違反があったということで、日本に帰ってきてFC東京でプレーしている久保建英選手。

 

18歳になったらバルセロナに戻るという噂もありますが、そんな久保建英選手について誰もが心配するのが怪我です。

 

久保建英選手はこのAFC U-16選手権のグループリーグ初戦のベトナム戦で負傷退場してしまいました。

 

怪我の状態が心配されますが、本人も監督も軽症を強調しています。

 

 

スポンサーリンク

久保建英選手はベトナム戦後半42分怪我で負傷退場!

久保建英選手はU-16日本代表として、AFCU-16選手権に出場しています。

 

このグループリーグ初戦のベトナム戦に先発出場した久保建英選手は、直接フリーキックを含む2ゴール1アシストを挙げる活躍を見せました。

 

このAFCU-16選手権はインドで行われていますが、インドメディアが「元バルセロナの天才児が才能を証明」と絶賛するなど既にアジアでも注目選手となっています。

 

この久保建英選手の2ゴール1アシストの活躍もあり、U-16日本代表はベトナムに7-0で大勝しました。

 

ただ、久保建英選手は後半42分に突然立ち上がれなくなり、そのまま担架で運ばれ負傷退場となりました。

 

既に交代枠を3つ使い切っていたU-16日本代表は、久保建英選手が負傷退場後は10人で戦うことになりましたが残り時間をしっかり抑えて7-0で勝利しました。

 

ただ気になるのは久保建英選手の怪我の状態です。

 

かつて、小野伸二選手がアジアの試合で大怪我を負ってしまったシーンを覚えている方も多いと思います。

 

その小野伸二選手を超えるような逸材が久保建英選手ですので、本当に怪我だけは注意してほしいと思う方が多いと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

久保建英選手の怪我の状態は?「よくある接触プレー」で下半身の怪我か?

久保建英選手の怪我の状態に関しては、何の発表もありません。

 

森山監督が「久保は最後に負傷してしまったが問題ないと思っている」とコメントし、久保建英選手本人も「よくある接触プレーなので大丈夫」とコメントしています。

 

久保建英選手は後半42分に座り込み、その後自力で立ち上がれずに担架で運ばれて負傷退場としかわかりませんので、怪我の状態がさっぱりわかりません。

 

接触プレーとのことですので相手選手とぶつかって打撲などの怪我をおったかもしれません。

 

ただそれなら立ち上がれるはずですし、最後の数分ですので抑えてプレーして終了でもよかったと思います。

 

7-0で余裕があったので、10人になっても問題ないということで無理せず自ら引っ込んだのかもしれません。

 

怪我なども怖いですし、自ら無理せず退場しようとしたのならそこまで心配はないです。

 

ただ直前で相手選手と接触したり、転倒した訳ではなさそうなので筋肉系の怪我である可能性もあり得ます。

 

そうすると、ハムストリングス肉離れふくらはぎ肉離れのような怪我が考えられます。

 

肉離れの怪我はサッカー選手にも多い怪我です。

 

A代表のワールドカップアジア最終予選では長友佑都選手が右ふくらはぎ肉離れの怪我で日本代表を辞退し、槙野智章選手が右太もも裏肉離れの怪我で日本代表を離脱しています。

 

肉離れの怪我は身長の止まった高校生くらいから起こる確率が上がりますので、久保建英選手もそろそろ肉離れなどがあってもおかしくない年齢です。

 

ただ、本当に接触プレーであれば打撲の確率が高そうです。

 

ただの打撲であればそこまで心配はありませんが、打撲も重症であれば合併症も起こるので適切な処置は必要です。

 

 

久保建英選手は18歳でバルセロナに復帰か?FC東京で2種登録され中学生Jリーガー誕生か?

これだけ久保建英選手は注目されていますが、それもそのはずであのバルセロナの下部組織に在籍していました。

 

もはや漫画のキャプテン翼のリアル版のようですが、久保建英選手はバルセロナの下部組織でプレー、しかしバルセロナに18歳以下の選手獲得に関する国際ルールに違反があったとのことで久保建英選手は18歳まで試合に出場できなくなってしまいました。

 

そのままバルセロナに残るか、あるいは別の国でプレーするかという選択の中、久保建英選手は日本へ帰国、FC東京の下部組織へ入団しました。

 

そこから飛び級でFC東京U-18としてユース選手権に出場し、得点王を獲得しています。

 

飛び級と言っても、中学生が高校生の大会に出ているものですのでそのすごさがわかります。

 

そんな逸材をバルセロナが放っておく訳もなく、FC東京移籍後も常に久保建英選手をチェックし、18歳になったらバルセロナに復帰させるべく調整しているとの噂は絶えません。

 

先日、久保建英選手はFC東京でJリーグに出場できる2種登録という手続きを取りました。

 

2種登録選手はJリーグの公式戦に出場できますので、久保建英選手は森本貴幸選手以来の中学生Jリーガーとなる可能性があります。

 

当面はJ3に参戦しているFC東京U-23でプレーする予定ですが、それでも15歳がU-23でプレーというだけでもすごいと思います。

 

ロシアW杯では久保建英選手は17歳。

 

かつてフランスW杯に小野伸二選手が18歳で出場していますので、それ以来の10代での日本代表としてのワールドカップ出場も期待してしまいます。

 

バルセロナの大先輩のリオネル・メッシ選手も10代でワールドカップに出場しています。

 

日本史上最高の逸材とも言われる久保建英選手の今後に誰もが期待していますので、くれぐれも怪我には注意してほしいです。

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク