阪神高山俊選手、右肘遊離軟骨挟まり肘がロック!遊離軟骨除去手術か?怪我の状態は?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

今シーズンのセ・リーグぶっちぎり新人王候補の阪神・高山俊選手が欠場しました。

 

理由は「右肘の遊離軟骨が挟まり、肘がロック」とのことです。

 

ちょうど先日の、日本ハム杉谷拳士選手の右手有鈎骨骨折の記事でも登場しましたが、高山俊選手も明治大学時代に右手有鈎骨骨折をしたことがあるみたいですね。

 

そんな高山俊選手ですが、1試合だけ欠場して即1番レフトでスタメン復帰。

 

阪神ファン的には、無理しないで欲しいところですが、この右肘遊離軟骨についてみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

右肘遊離軟骨(関節ねずみ)とはどんな怪我?

遊離軟骨とは、別名関節ねずみとも言われます。

 

野球選手に非常に多く見られます。

 

原因は様々ですが、関節に骨・軟骨片などの遊離体が見られ、それが関節内を移動して何かの拍子に関節に挟まると痛みが出ます。

 

野球選手に遊離軟骨が出来る原因として一番多いのは、いわゆる野球肘と言われる離断性骨軟骨炎という怪我で起こります。

 

その時に出来た骨の破片が今回挟まったと思われます。

 

簡単に言うと、関節内に何かの怪我で起こった骨の破片がウロウロしていて、何かの拍子に痛いところに来たら痛いという感じです。

 

その為、関節に挟まれなければ痛くないし、挟まれれば痛いという状態です。

 

肘がロックしたとのことなので、今まで特に痛みもなかったものが、何かの拍子に挟まれるところに行ってしまい、動きの制限に繋がったと思います。

 

1試合の欠場でスタメン復帰していることから、もう動くようになったと思いますので、大事には至っていないと思います。

 

ただ、また何かの拍子で挟まると、肘がロックされて動けず欠場ということにも繋がります。

 

 

スポンサーリンク

 

高山俊選手は右肘遊離軟骨の除去手術はするべきか?

遊離軟骨は休んでも消えるものではないので、治すには手術で除去するしかありません。

 

ただ、シーズンが始まったこの時期に、ルーキーとは言え主力選手の高山俊選手が離脱するのは痛過ぎます。

 

よほど悪化しない限りは今シーズンはこのまま出場し、シーズンオフに「右肘遊離軟骨除去手術」となるのではないでしょうか?

 

状態にもよりますが、2か月くらいでスローイング再開できると思います。

 

実は遊離軟骨除去手術は野球選手に非常に多く、昨年もトリプルスリーを達成したソフトバンクの柳田悠岐選手が遊離軟骨除去手術を受けています。

ということは、右肘で遊離軟骨がウロウロしながらトリプルスリー達成ということですね…おそろしい(笑)

 

柳田悠岐選手の場合は11月に手術し、今年のオープン戦にも出場し、開幕スタメンで出ています。

 

若干ぶっつけ感もありますが、パリーグ記録の勢いで四球を量産しています。

 

その他最近では、オリックス金子千尋投手・日本ハム宮西投手・ヤンキース田中将大投手などが遊離軟骨除去手術を受けています。

 

つまり、選手生命を脅かすような怪我ではないと思います。

オフに入って手術して、来シーズン序盤はギリギリOKと言う感じです。

 

ぶっつけだと調子も上がらないので、ゆっくり調整して5月くらいから1軍でもいいと思いますが、おそらくそうはさせてもらえないでしょう。

 

高山俊選手は2016年オフに右肘遊離軟骨除去手術を受けるか?

高山俊選手はオフの侍ジャパンなどは辞退して、遊離軟骨除去手術を受けて来シーズンの方がよいと思います。

 

ただ、あまりにも肘のロックが頻発するなら、シーズン中でも手術の方がよいかもしれません。

 

肘の動きが悪い場合に肩や手首に負担がかかりやすくなります。

 

結果的に、先日の日本ハム杉谷拳士選手のように右手有鈎骨骨折などのより大きな怪我を招く可能性も否定できません。

 

休みつつでも今シーズンを乗り切り、オフに手術

 

これが理想だと思います。

 

何はともあれ、高山俊選手には新人王目指して打ちまくって欲しいですね!

他にも遊離軟骨除去手術を受けたプロ野球選手がいます

ヤンキース田中将大投手も右肘遊離軟骨除去手術!右肘内側側副靭帯の部分断裂との関係は?

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク