履正社高校・山口裕次郎投手、日本ハムドラフト6位指名も入団拒否で社会人・JR東日本か?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

2016年プロ野球ドラフト会議は、投手豊作ドラフトと呼ばれました。

 

田中正義投手の5球団競合、そして外れ1位での佐々木千隼投手の5球団競合など多くの話題がありました。

 

高校BIG4のうち3投手がドラフト1位で1本釣りされました。

 

そんな中、ドラフト後に注目度が上がっている選手がいます。

 

履正社高校からドラフト6位で日本ハムファイターズに指名された、山口裕次郎投手です。

 

山口裕次郎投手はヤクルトスワローズに1位指名された寺島成輝投手と2枚看板として活躍しました。

 

ただ、山口裕次郎投手はドラフト4位以下なら社会人へ進むと公言する中での日本ハムの強行指名でした。

 

まだ結論は出ていませんが、山口裕次郎投手は日本ハムの指名を拒否する可能性が高そうです。

 

 

スポンサーリンク

履正社高校・山口裕次郎投手は日本ハムからドラフト6位指名も入団拒否か?

履正社高校の山口裕次郎投手は、2016年ドラフト会議でドラフト6位指名で日本ハムファイターズから指名を受けました。

 

山口裕次郎投手は履正社高校で寺島成輝投手と2枚看板で活躍し、プロ注目の投手でした。

 

もちろん、高校BIG4と呼ばれて高校日本代表にも選出された寺島成輝投手に比べれば、評価は低いです。

 

ただ、寺島成輝投手はそもそもこの世代の投手でナンバーワンとも言われる評価ですので、比較対象があまりに強すぎます。

 

同じ高校から、同時にドラフトにかかる投手が2人いるのは改めてすごいことです。

 

と言う話で終わるかと思われましたが、山口裕次郎投手は日本ハムの指名を入団拒否する可能性が報じられています。

 

山口裕次郎投手に興味を示していたのは日本ハムだけではなく、多くの球団がリストアップしていました。

 

ところが、山口裕次郎投手は「ドラフト4位以下であれば社会人へ進む」と公言していました。

 

ドラフト直前に「ドラフト4位以下での指名は本当にだめなのか?」と問い合わせた球団もあったようですが、それでも山口裕次郎投手の意思は変わらずドラフト4位以下は社会人に進むと言う選択は変わりませんでした。

 

その山口裕次郎投手の意思を尊重し、指名を見送った球団もあったようです。

 

ただ、日本ハムが強行指名で山口裕次郎投手をドラフト6位で指名しました。

 

これには強行指名の日本ハムにも批判があり、山口裕次郎投手のドラフト4位以下なら社会人ということにも批判があるようです。

 

 

履正社・山口裕次郎投手はドラフト4位以下なら社会人と公言。ルール上の問題は?

では、このドラフト4位以下なら社会人というのは何かドラフト会議のルール上問題があるのでしょうか?

 

ドラフト会議では、事前に「プロ志望届」と言うものがあり、高校生の指名はこのプロ志望届を提出した選手しか指名できません。

 

山口裕次郎投手はこのプロ志望届を提出していますが、ドラフト4位以下は入団しない意思を持っていました。

 

結論から言えば、このドラフト4位以下なら社会人という選択はルール上何の問題もありません。

 

「ドラフト3位以上であれば入団したいのでプロ志望届を提出、でもドラフト4位以下だったので入団しません」という山口裕次郎投手の行動は、実際のところ何の違反も問題もありません。

 

なぜドラフト4位以下なら入団しないのかの理由は分かりませんが、純粋に評価が低いなら社会人に進んで力をつけてから入団したいということではないかと思われます。

 

プロには入れればドラフトの順位は関係ないという意見も当然あると思いますし、そういう意見であればドラフトの順位は気にせず入団すればいいと思います。

 

ただ、ドラフトの順位は契約金にも年俸にも大きく影響が出ますし、戦力外通告もドラフトの順位が低い選手の方が早く出る傾向があります。

 

ドラフト1位の選手を戦力外通告にするのはかなり難しいので、戦力外通告が噂されてもなかなか戦力外通告が出されないケースが多いです。

 

これは人生の懸かる進路の決定ですので、指名拒否の理由が評価の低さでも先のことを考えたことでも、個人の価値観の話です。

 

その為、ルール上問題がなければ周りが批判するような話ではないと思います。

 

 

日本ハムは過去にも強行指名が多数。ルール上の問題は?

では、強行指名の日本ハム側には何か問題があるのでしょうか?

 

こちらも、プロ志望届を提出している選手を指名しただけですので何も問題はありません。

 

必要な戦力と判断し、その必要な戦力を他球団との駆け引きもありながら順に指名していき、その結果山口裕次郎投手をドラフト6位で指名しました。

 

指名しないという選択も出来ましたし、もっとドラフトの順位を高く指名することも出来ました。

 

ただ、山口裕次郎投手よりも高評価の選手を先に指名していった結果、ドラフト6位になっただけです。

 

日本ハムは、ドラフト1位で田中正義投手と佐々木千隼投手の2回指名抽選を外しています。

 

もしこの抽選が当たっていれば、山口裕次郎投手の指名はなかったかもしれません。

 

そういった抽選や他球団がどの選手を指名するかなどのドラフト戦略上、事前に指名するかしないかは決定できません。

 

その為、強行指名になるのも「必要な戦力を可能な限り獲得しよう」とすれば少なからず出てくると思います。

 

日本ハムは過去にも菅野智之投手や大谷翔平投手を強行指名しています。

 

菅野智之投手は指名を拒否し、大谷翔平投手は入団しました。

 

これもやはり日本ハム側に違反はなく、必要な戦力と判断して指名をしています。

 

そして、入団しない可能性のある選手をドラフト1位で指名するのはハイリスクです。

 

仮に入団拒否されれば、ドラフトの貴重な1枠を無駄にすることになります。

 

それでも入団拒否というリスクを承知指名していますので、日本ハムへの批判もまた違うようながします。

 

人情的には、「他に行きたがってるんだから指名しなくても…」という気持ちは分かりますが、それでも「戦力補強」の観点ではそういう視点はなくてもいいのではと思います。

 

 

ドラフト指名拒否問題は選手も球団もどちらも悪くない?

個人的には、このドラフト指名での入団拒否問題は、選手側も球団側もどちらも悪くはないと思います。

 

獲得したければ球団は指名すればいいし、入団したくなければ選手は入団しなければいいと思います。

 

今回のケースであれば、プロ志望届を提出しているので日本ハムは戦力的に必要と思えば山口裕次郎投手を指名してよい。

山口裕次郎投手はドラフト4位以下であれば入団したくないのであれば、入団しなくてよい。

 

どちらの主張も正しいと思います。

 

ここで日本ハムが説得して山口裕次郎投手が入団しても、それもどちらも悪くないと思います。

 

手を引いた球団はかわいそうですが、ドラフト指名すれば説得する機会を得られました。

 

そしてプロ志望届を提出している以上、ドラフト4位以下で指名されることに関して何も文句は言えません。

 

日本ハムは強行指名ばっかりと言われそうですが、それが本来のドラフト会議のあるべき姿な気もします。

 

 

過去のドラフト指名後の入団拒否選手とは?

過去にも、ドラフト指名されたものの入団拒否をした選手は多くいます。

 

昨年は、巨人に指名された松沢裕介選手が入団しませんでした。

 

ただ、この松沢裕介選手の場合は左手手指関節靱帯損傷の怪我で治療に時間がかかることが理由でしたので、入団拒否というよりは「入団辞退」だったようです。

 

そして松沢裕介選手は、2016年ドラフト会議で再び巨人に指名されました。

 

そして入団拒否で記憶に新しいのが、菅野智之投手です。

 

菅野智之投手はおじの原辰徳氏が監督を務める巨人への入団を希望しましたが、日本ハムが強行指名し、抽選の結果日本ハムが交渉権を獲得しました。

 

菅野智之投手は入団を拒否し、1年間浪人してから翌年巨人に入団しました。

 

同じく巨人への入団を希望した長野久義選手は、大学時代に日本ハムの指名を拒否、社会人入り後ロッテの入団を拒否して3度目のドラフトでようやく巨人入りを果たしました。

 

その他、古くは江川卓投手や元木大介選手、内海哲也投手なども指名拒否の後巨人に入団しています。

 

8球団競合の小池秀郎投手、7球団競合の福留孝介選手も一度入団拒否しています。

 

また、山口裕次郎投手と同じく指名順位が低いという理由で、福井優也投手も高卒で巨人の指名を入団拒否しています。

 

福井優也投手は早稲田大学へ進学し、大卒で広島カープにドラフト1位で入団しています。

 

この年は斎藤佑樹投手、大石達也投手と共に早稲田大学の3投手がドラフト1位で入団しました。

 

このように入団拒否の歴史も色々ありますが、結果的に入団拒否した選手は活躍している傾向が強い気がします。

 

山口裕次郎投手の今後の活躍にも期待しましょう!

 

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

日本ハムは2度目の交渉後に山口裕次郎投手との交渉断念を発表

ドラフト会議後に日本ハムと山口裕次郎投手は2度交渉を行いましたが、不調に終わりました。

 

日本ハムは11月9日に山口裕次郎投手との入団交渉を断念すると発表しました。

 

山口裕次郎投手は社会人に進み、3年後のドラフト会議での指名を目指します。

 

 

新宿・中野のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク
スポンサーリンク