サッカー日本代表、キリンカップ・オマーン戦、W杯アジア最終予選・サウジアラビア戦メンバー発表!

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

サッカー日本代表は、11月11日にキリンカップ・オマーン戦、11月15日にワールドカップアジア最終予選・サウジアラビア戦があります。

 

この2試合のメンバー発表が、11月4日に行われました。

 

ワールドカップアジア最終予選のサウジアラビア戦は、現在首位チームをホームで迎える1戦ですので確実に勝ち点3が必要な試合です。

 

サウジアラビアに勝利すれば、ワールドカップ出場圏内に浮上する可能性もある重要な一戦です。

 

11/17追記

日本代表サウジアラビア戦の評価&採点はこちらからどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

サッカー日本代表、オマーン戦・サウジアラビア戦のメンバー発表!

サッカー日本代表は、11月11日のキリンカップ・オマーン戦と、ワールドカップアジア最終予選・サウジアラビア戦のメンバーを発表しました。

 

発表された日本代表メンバーは次の通りです。

 

<GK>

西川周作選手(浦和)

東口順昭選手(G大阪)

川島永嗣選手(FCメス)

 

<DF>

酒井宏樹選手(マルセイユ)

酒井高徳選手(ハンブルガーSV)

長友佑都選手(インテル)

吉田麻也選手(サウサンプトン)

槙野智章選手(浦和)

森重真人選手(FC東京)

植田直通選手(鹿島)

丸山祐市選手(FC東京)

 

<MF>

長谷部誠選手(フランクフルト)

山口蛍選手(セレッソ大阪)

井手口陽介選手(ガンバ大阪)

永木亮太選手(鹿島アントラーズ)

香川真司選手(ドルトムント)

清武弘嗣選手(セビージャ)

小林祐希選手(ヘーレンフェン)

 

<FW>

本田圭佑選手(ACミラン)

浅野拓磨選手(シュツットガルト)

原口元気選手(ヘルタ・ベルリン)

齋藤学選手(横浜Fマリノス)

岡崎慎司選手(レスター・シティ)

大迫勇也選手(ケルン)

久保裕也選手(ヤングボーイズ)

 

 

前回ワールドカップアジア最終予選イラク戦・オーストラリア戦のメンバーからの変更は?

<イラク戦・オーストラリア戦から落選の選手>

<DF>

太田宏介選手

<MF>

柏木陽介選手

大島僚太選手(左ふくらはぎ痛

<FW>

武藤嘉紀選手(マインツ)右膝外側側副靭帯損傷

宇佐美貴史選手(アウクスブルク)足首捻挫の怪我

小林悠選手(川崎フロンターレ)左ハムストリングス肉離れの怪我

 

<オマーン戦・サウジアラビア戦に新たに選出の選手>

<MF>

井手口陽介選手(ガンバ大阪)

小林祐希選手(ヘーレンフェン)

<FW>

齋藤学選手(横浜Fマリノス)

大迫勇也選手(ケルン)

久保裕也選手(ヤングボーイズ)

 

前回のワールドカップアジア最終予選のイラク戦・オーストラリア戦からは、大迫勇也選手が日本代表に復帰しました。

 

その他久保裕也選手、井手口陽介選手なども新たに招集されています。

 

また、右膝外側側副靭帯損傷の怪我で武藤嘉紀選手が落選しています。

 

その他、小林悠選手や大島僚太選手は怪我で落選です。

 

前回は招集されたものの脳震盪の怪我などで未だワールドカップアジア最終予選に出場していない長友佑都選手も日本代表メンバーに招集されています。

 

その長友佑都選手が欠場したものの、出場機会のなかった太田宏介選手(フィテッセ)も落選しています。

 

前回のイラク戦・オーストラリア戦では、主力の海外組が所属クラブで出場機会がないことが問題でした。

 

前回から1か月ですが、状況が変わったのは岡崎慎司選手でしょう。

 

レスターシティで出場機会が増え始め、マスコミも岡崎慎司選手の評価が非常に高く、ラニエリ監督も高評価のコメントです。

 

本田圭佑選手も出場機会はありましたが、酷評される内容でしたのでコンディションとしては不安が残ります。

 

 

注目の大迫勇也選手がようやく日本代表復帰!オマーン戦でワントップテストか?

前回のイラク戦・オーストラリア戦では、「なぜ大迫勇也選手を呼ばないのか?」という批判が多かったです。

 

海外組の招集には事前に招集レターが必要なため、代表メンバー発表直前で活躍した大迫勇也選手の招集は間に合わなかったというようなコメントをハリルホジッチ監督はしていました。

 

ただ、今回はしっかり間に合い大迫勇也選手の日本代表復帰が決まりました。

 

キリンカップのオマーン戦がテストの意味合いがあると思いますので、大迫勇也選手はオマーン戦にワントップで起用される可能性が高そうです。

 

久々の日本代表でどのようなパフォーマンスを見せるのか注目が集まります。

 

 

オマーン戦・サウジアラビア戦の予想スタメンは?

オマーン戦・サウジアラビア戦のスタメン予想ですが、大きくは変えないと思います。

 

ワールドカップアジア最終予選では、初戦UAE戦で敗れる波乱のスタートでしたがその後は2勝1分けで勝ち点を拾っています。

(内容は満足できるものではなさそうですが…)

 

ここで大きく動く方がリスキーだと思いますので、やはり海外組中心のメンバーになると思います。

 

ただ、オマーン戦が直近ですがテストの意味合いがあると思いますので、試すならここだと思います。

 

 

<キリンカップ・オマーン戦の予想スタメン>

GK 西川周作選手

DF 酒井宏樹選手 吉田麻也選手 森重真人選手 長友佑都選手

MF 長谷部誠選手 山口蛍選手 本田圭佑選手 香川真司選手 原口元気選手

FW 大迫勇也選手

 

直前合流の海外組をどのように起用するか不明ですが、既存のスタメンに大迫勇也選手を起用するのが確率としては高そうです。

 

2列目の本田圭佑選手、香川真司選手、清武弘嗣選手、原口元気選手あたりは入れ替えがあると思いますが、コンディション次第だと思います。

 

また、ボランチが柏木陽介選手が落選しゲームメーカータイプの選手がいません。

 

ただ、ハリルホジッチ監督の会見では山口蛍選手も井手口陽介選手も守備的な選手ではないとコメントしています。

 

組み合わせとしては、長谷部誠選手or永木亮太選手のいずれか、山口蛍選手or井手口陽介選手の組み合わせと思われます。

 

実績からすれば、長谷部誠選手と山口蛍選手のダブルボランチが有力ですが、オマーン戦では井手口陽介選手のテストが予想されます。

 

11/10追記

香川真司選手が右足首の怪我でオマーン戦欠場の可能性が高くなりました。

また、本田圭佑選手も左足首を怪我しているようです。

この主力選手の怪我でスタメン予想もまた難しくなりました。

 

キリンカップ・オマーン戦スタメン発表!大迫勇也選手・齋藤学選手がスタメン!

キリンカップ・オマーン戦のスタメンが発表されました。

 

オマーン戦では大迫勇也選手や齋藤学選手などこれまで出場機会がなかった選手がスタメンです。

 

また、永木亮太選手もスタメンです。

 

<キリンカップ・オマーン戦スタメン>

GK 西川周作選手

DF 酒井宏樹選手 吉田麻也選手 丸山祐市選手 酒井高徳選手

MF 永木亮太選手 山口蛍選手 清武弘嗣選手

FW 本田圭佑選手 齋藤学選手 大迫勇也選手

 

大迫勇也選手のワントップにサイドに齋藤学選手と本田圭佑選手が入ります。

ダブルボランチは長谷部誠選手を外して永木亮太選手と山口蛍選手です。

 

またセンターバックに丸山祐市選手が入ります。

大迫勇也選手や齋藤学選手にとっては千載一遇のチャンスと言えそうです。

 

途中出場で久保裕也選手や井手口陽介選手の起用も予想されます。

 

<ワールドカップアジア最終予選サウジアラビア戦の予想スタメン>

GK 西川周作選手

DF 酒井宏樹選手 吉田麻也選手 森重真人選手 長友佑都選手

MF 長谷部誠選手 山口蛍選手 清武弘嗣選手

FW 浅野拓磨選手 大迫勇也選手 原口元気選手

サッカー日本代表サウジアラビア戦スタメン発表はこちらからどうぞ。

本田圭佑選手・香川真司選手・岡崎慎司選手がスタメン落ちと大きくメンバーを入れ替えました。

 

 

サッカー日本代表のワールドカップアジア最終予選のここまでの結果は?サウジアラビア戦に勝利で出場権内浮上の可能性も?

サッカー日本代表のワールドカップアジア最終予選の結果は、ここまで4試合で2勝1分け1敗の勝ち点7でグループBの3位です。

 

グループBの上位2チームがワールドカップ出場権を獲得し、3位チームはグループAの3位とアジアプレーオフを行い、勝利すれば北中米カリブ海の4位チームと大陸間プレーオフを戦い勝利すればワールドカップ出場権獲得です。

 

つまり、2位には確実に入らなくてはならいと思った方がいいです。

 

現在グループAの1位が勝ち点10のサウジアラビア、2位が勝ち点8のオーストラリアです。

 

日本代表としては、まずはホームで首位のサウジアラビアを叩いて勝ち点3を獲得し、サウジアラビア戦と勝ち点で並びたいところです。

 

サウジアラビア・日本・オーストラリアの一騎討ちの形にし、年内のワールドカップアジア最終予選を終えたいところです。

 

ワールドカップアジア最終予選結果

順位 国名 勝ち点 得失点差

1  サウジ 10  +5

2  豪州  8  +3

3  日本  7  +2

4  UAE  6  -1

5  イラク  3  0

6  タイ   0  -9

 

ワールドカップアジア最終予選残りの日程

2016年11月15日 対サウジアラビア戦(ホーム)

 

2017年3月23日 対UAE戦(アウェイ)

 

2017年3月28日 対タイ戦(ホーム)

 

2017年6月13日 対イラク戦(アウェイ)

 

2017年8月31日 対オーストラリア戦(ホーム)

 

2017年9月5日 対サウジアラビア戦(アウェイ)

 

 

新宿・中野のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク
スポンサーリンク