2016年第45回三井ゴールデングラブ賞発表!坂本勇人選手、鈴木誠也選手らが初受賞!

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

11月8日に2016年のゴールデングラブ賞が発表されました。

 

正式名称は「第45回三井ゴールデングラブ賞」です。

 

このゴールデングラブ賞は記者投票ですので、印象も大きな要素になります。

 

25年ぶりにセリーグ優勝の広島カープからは初受賞の鈴木誠也選手など4選手が受賞、巨人の坂本勇人選手も初受賞です。

 

パリーグでは優勝の日本ハムファイターズから初受賞の大野奨太捕手など3選手が受賞、ショートのソフトバンクホークス・今宮健太選手は4年連続4回目、サードの松田宣浩選手は4年連続5回目と常連になっています。

 

 

スポンサーリンク

2016年ゴールデングラブ賞が発表!11月8日が発表日

2016年ゴールデングラブ賞の発表日は11月8日に行われました。

 

ゴールデングラブ賞とは守備の名手に贈られる賞で、記者投票で選出されます。

 

新聞社・通信社・テレビ局・ラジオ局のプロ野球担当記者で5年以上担当している記者に投票権があります。

 

記者投票ですので「エラー率が○%以下なら受賞」などの規定はありません。

 

その為印象でも票が動くため、多少の文句がつく場合もあります。

 

「名手っぽいイメージ」がつけばそれだけ有利ですが、そもそもそういったイメージがつくことが凄いことですので個人的にはイメージ選考での受賞もいいと思います。

 

それでは、こちらが2016年ゴールデングラブ賞受賞選手の一覧です。

 

パリーグ2016年ゴールデングラブ賞受賞選手一覧

投手 涌井秀章投手(千葉ロッテ) 2年連続4回目

 

捕手 大野奨太捕手(日本ハム) 初受賞

 

一塁手 中田翔内野手(日本ハム) 2年連続2回目

 

二塁手 藤田一也内野手(楽天) 2年ぶり3回目

 

三塁手 松田宣浩内野手(ソフトバンク) 4年連続5回目

 

遊撃手 今宮健太内野手(ソフトバンク) 4年連続4回目

 

外野手 秋山翔吾外野手(西武) 2年連続3回目

陽岱鋼外野手(日本ハム) 2年ぶり4回目

糸井嘉男外野手(オリックス) 2年ぶり7回目

 

 

2016年セリーグゴールデングラブ賞受賞選手一覧

投手 菅野智之投手(巨人) 初受賞

 

捕手 石原慶幸捕手(広島カープ) 初受賞

 

一塁手 ロペス内野手(DeNA) 3年ぶり2回目

 

二塁手 菊池涼介内野手(広島カープ) 4年連続4回目

 

三塁手 村田修一内野手(巨人) 2年ぶり3回目

 

遊撃手 坂本勇人内野手(巨人) 初受賞

 

外野手 丸佳浩外野手(広島カープ) 4年連続4回目

大島洋平外野手(中日) 3年連続5回目

鈴木誠也外野手(広島カープ) 初受賞

 

 

2016年ゴールデングラブ賞の得票数も発表!

このゴールデングラブ賞では、得票数も公表されています。

 

こちらが各守備位置の得票数一覧です。

 

2016年パリーグの守備位置別ゴールデングラブ賞得票数

<投手>

涌井秀章投手(ロッテ)128票

武田翔太投手(ソフトバンク)38票

和田毅投手(ソフトバンク)37票

石川歩投手(ロッテ)18 票

則本昂大投手(楽天)9 票

有原航平投手(日本ハム)4 票

千賀滉大投手(ソフトバンク)4 票

宮西尚生投手(日本ハム)2 票

菊池雄星投手(西武)2 票

小石博孝投手(西武)1 票

牧田和久投手(西武)1 票

西勇輝投手(オリックス)1 票

金子千尋投手(オリックス)1 票

平野佳寿投手(オリックス)1 票

パリーグ投手該当者なし 1 票

 

<捕手>

大野奨太捕手(日本ハム)105 票

田村龍弘捕手(ロッテ)92 票

炭谷銀仁朗捕手(西武)30 票

鶴岡慎也捕手(ソフトバンク)5 票

足立祐一捕手(楽天)1 票

若月健矢捕手(オリックス)1 票

パリーグ捕手該当者なし14 票

 

<一塁手>

中田翔内野手(日本ハムファイターズ)146 票

内川聖一内野手(ソフトバンク)45 票

銀次内野手(楽天)36 票

メヒア内野手(西武)2 票

細谷圭内野手(ロッテ)1 票

パリーグ一塁手該当者なし 18 票

 

<二塁手>

藤田一也内野手(楽天)87 票

田中賢介内野手(日本ハム)68 票

浅村栄斗内野手(西武)60 票

本多雄一内野手(ソフトバンク)17 票

西野真弘内野手(オリックス)12 票

パリーグ二塁手該当者なし 4 票

 

<三塁手>

松田宣浩内野手(ソフトバンク)166 票

レアード内野手(日本ハム)66 票

今江敏晃内野手(楽天)4 票

パリーグ三塁手該当者なし 12 票

 

<遊撃手>

今宮健太内野手(ソフトバンク)140 票

中島卓也内野手(日本ハム)95 票

鈴木大地内野手(ロッテ)9 票

安達了一内野手(オリックス)2 票

茂木栄五郎内野手(楽天)1 票

パリーグ遊撃手該当者なし 1 票

 

<外野手>

秋山翔吾外野手(西武ライオンズ)194 票

陽岱鋼外野手(北海道日本ハムファイターズ)154 票

糸井嘉男外野手(オリックス・バファローズ)89 票

柳田悠岐外野手(福岡ソフトバンクホークス)82 票

西川遥輝外野手(北海道日本ハムファイターズ)81 票

岡田幸文外野手(千葉ロッテマリーンズ)48 票

角中勝也外野手(千葉ロッテマリーンズ)35 票

中村晃外野手(福岡ソフトバンクホークス)27 票

栗山巧外野手(埼玉西武ライオンズ)8 票

島内宏明外野手(東北楽天ゴールデンイーグルス)6 票

駿太外野手(オリックス・バファローズ)6 票

城所龍磨外野手(福岡ソフトバンクホークス)5 票

清田育宏外野手(千葉ロッテマリーンズ)4 票

パリーグ外野手該当者なし 5 票

 

 

セリーグ2016年ゴールデングラブ賞得票数一覧

<投手>

菅野智之投手(読売ジャイアンツ)137 票

野村祐輔投手(広島東洋カープ)55 票

ジョンソン投手(広島東洋カープ)42 票

黒田博樹投手(広島東洋カープ)20 票

今村猛投手(広島東洋カープ)1 票

中﨑翔太投手(広島東洋カープ)1 票

田口麗斗投手(読売ジャイアンツ)1 票

石田健大投手(横浜DeNAベイスターズ)1 票

田中健二朗投手(横浜DeNAベイスターズ1 票

岩貞祐太投手(阪神タイガース)1 票

能見篤史投手(阪神タイガース)1 票

小川泰弘投手(東京ヤクルトスワローズ)1 票

セリーグ投手該当者なし 3 票

 

<捕手>

石原慶幸捕手(広島東洋カープ)163 票

小林誠司捕手(読売ジャイアンツ)49 票

戸柱恭孝捕手(横浜DeNAベイスターズ)13 票

中村悠平捕手(東京ヤクルトスワローズ)3 票

杉山翔大捕手(中日ドラゴンズ)2 票

原口文仁捕手(阪神タイガース)1 票

セリーグ捕手該当者なし 34 票

 

<一塁手>

ロペス(横浜DeNAベイスターズ)126 票

新井貴浩内野手(広島東洋カープ)122 票

阿部慎之助内野手(読売ジャイアンツ)1 票

ビシエド(中日ドラゴンズ)1 票

セリーグ一塁手該当者なし 15 票

 

<二塁手>

菊池涼介内野手(広島東洋カープ)257 票

山田哲人内野手(東京ヤクルトスワローズ)7 票

クルーズ内野手(読売ジャイアンツ)1 票

セリーグ二塁手該当者なし 0 票

 

<三塁手>

村田修一内野手(読売ジャイアンツ)194 票

川端慎吾内野手(東京ヤクルトスワローズ)41 票

安部友裕内野手(広島東洋カープ)6 票

白崎浩之内野手(横浜DeNAベイスターズ)1 票

高橋周平内野手(中日ドラゴンズ)1 票

セリーグ三塁手該当者なし 22 票

 

<遊撃手>

坂本勇人内野手(読売ジャイアンツ)110 票

田中広輔内野手(広島東洋カープ)85 票

倉本寿彦内野手(横浜DeNAベイスターズ)32 票

堂上直倫内野手(中日ドラゴンズ)28 票

大引啓次内野手(東京ヤクルトスワローズ)3 票

鳥谷敬内野手(阪神タイガース)1 票

セリーグ遊撃手該当者なし 6 票

 

<外野手>

丸佳浩外野手(広島東洋カープ)218 票

大島洋平外野手(中日ドラゴンズ)144 票

鈴木誠也外野手(広島東洋カープ)109 票

福留孝介外野手(阪神タイガース)105 票

坂口智隆外野手(東京ヤクルトスワローズ)96 票

長野久義外野手(読売ジャイアンツ)45 票

平田良介外野手(中日ドラゴンズ)18 票

桑原将志外野手(横浜DeNAベイスターズ)17 票

梶谷隆幸外野手(横浜DeNAベイスターズ)17 票

筒香嘉智外野手(横浜DeNAベイスターズ)8 票

髙山俊外野手(阪神タイガース)2 票

雄平外野手(東京ヤクルトスワローズ)2 票

赤松真人外野手(広島東洋カープ)1 票

セリーグ外野手該当者なし 13 票

 

 

こう見ると、だいぶひねくれた記者も少数いるなと思う方もいると思います。

セリーグもパリーグも外野手の3人目はかなりの激戦でした。

 

セリーグでは福留孝介選手と坂口智隆選手が僅差で落選しました。

 

パリーグでは、柳田悠岐選手と西川遥輝選手が惜しくも落選でした。

 

 

2016年ゴールデングラブ賞では巨人・坂本勇人選手がプロ10年目で念願の初受賞!

注目のポジションを紹介していきます。

 

セリーグのショート部門では、巨人の坂本勇人選手がプロ10年目でゴールデングラブ賞を初受賞です。

 

坂本勇人選手は早くから巨人のショートのレギュラーを獲得しましたが、ゴールデングラブ賞には縁がありませんでした。

 

阪神の鳥谷敬選手などが立ちはだかりましたが、首位打者を獲得した2016年に遂にゴールデングラブ賞も獲得しました。

 

坂本勇人選手とゴールデングラブ賞を争ったのが、広島カープの田中広輔選手です。

 

25票差と僅差でしたが、坂本勇人選手が上回りました。

 

 

注目のセリーグセカンドは山田哲人選手を抑えて菊池涼介選手がゴールデングラブ賞!

セリーグのセカンドは、ベストナインの選出が非常に難しいポジションです。

 

球界屈指の守備力を誇り、最多安打も獲得した広島カープの菊池涼介選手と、2年連続トリプルスリーの山田哲人選手がいます。

 

この2選手は第4回WBC日本代表侍ジャパンでもレギュラー争いが難しく、小久保監督も贅沢な悩みがあるポジションだと思います。

 

WBC日本代表に向けた11月の強化試合メキシコ戦・オランダ戦では、山田哲人選手がサードを守るようです。

 

この2人の争いでは、ゴールデングラブ賞は菊池涼介選手であろうと予想されていました。

 

ただ、ここまで大差がつくのは予想外でした。

 

菊池涼介選手が257票に対して山田哲人選手が7票、あとは巨人のクルーズ選手に1票が入って該当者なしも0票でした。

 

実に得票率97%のぶっちぎりで菊池涼介選手がゴールデングラブ賞を獲得しました。

 

こうなるとベストナインが非常に注目されます。

 

 

ベストナインなどの表彰は11月28日の「NPB AWARDS 2016」で行われる

そのベストナインも含めた表彰は、11月28日の「NPB AWARDS 2016」で行われます。

 

NPB AWARDS 2016では、ベストナインの他個人タイトルの表彰もあります。

 

また、MVPの発表もここで行われます。

 

セリーグ2016年個人タイトル獲得選手一覧はこちらからご確認くださいませ。

 

パリーグ2016年個人タイトル獲得選手一覧はこちらからご確認くださいませ。

 

セリーグMVPは、広島カープの選手で混戦が予想されます。

 

投手なら沢村賞を獲得したジョンソン投手、最多勝の野村祐輔投手、抑えの中崎翔太投手などが候補で、2016年限りで現役引退の黒田博樹投手も候補です。

 

野手では、最多安打の菊池涼介選手、3番の丸佳浩選手、2000本安打を達成した新井貴浩選手などが候補です。

 

ジョンソン投手が有力では?と個人的には予想しています。

 

パリーグのMVPは大谷翔平投手が最有力候補です。

 

二刀流で圧倒的な成績を残していますので、大谷翔平投手のMVP獲得はほぼ間違いないと思います

 

このNPB AWARDS 2016で表彰される選手たちを中心に、来年の第4回WBCを戦います。

 

2017年第4回WBC日本代表メンバー予想はこちらから。

 

11月10日からは、侍ジャパン強化試合のメキシコ戦・オランダ戦も行われます。

 

オフもプロ野球の注目度は高そうです。

 

 

東京新宿・中野のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク
スポンサーリンク