ノバク・ジョコビッチ選手の怪我は左手首のTFCC損傷か?不調で世界ランキング1位陥落

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

11月13日からテニスのツアー最終戦である「ATPツアーファイナル2016」が開催されます。

 

ATPツアーファイナルで4連覇中のノバク・ジョコビッチ選手ですが、つい先日のマスターズ・パリでアンディ・マレー選手に抜かれて世界ランキング1位から陥落しました。

 

2年以上守ってきた世界ランキング1位から陥落ですが、その原因に怪我があると言われています。

 

ノバク・ジョコビッチ選手は多くを語りませんが、左手首を怪我しているようです。

 

 

スポンサーリンク

ノバク・ジョコビッチ選手の怪我は左手首のTFCC損傷か?

ノバク・ジョコビッチ選手は、左手首を怪我していることを明かしています。

 

ただ、その怪我の詳細については特に発表せず多くを語っていません。

 

ノバク・ジョコビッチ選手はリオ五輪とグランドスラム4つの合計5大会で優勝する「ゴールデンスラム」を期待された2016年でしたが、リオ五輪ではまさかの初戦敗退でした。

 

その後も不調が続いていましたので、怪我の影響がやはりあると思われます。

 

ノバク・ジョコビッチ選手の怪我は、左手首のTFCC損傷ではないかと思われます。

 

TFCC損傷とは、手首の靱帯や軟骨などの複合体の損傷です。

 

テニス選手には多い怪我で、その他バドミントンや野球でも多い怪我です。

 

テニス選手では、ラファエル・ナダル選手がウィンブルドンを欠場するなど手首の怪我で長期離脱していましたが、これもTFCC損傷の怪我と思われます。

 

リオ五輪でノバク・ジョコビッチ選手を破ったファンマルティン・デルポトロ選手も、TFCC損傷で手術を繰り返していました。

 

このように、トップ選手でも悩まされる怪我ですので、それだけテニス選手に多い怪我と言えます。

 

TFCC損傷は難治性で長期化しやすい怪我と言えます。

 

その為、ノバク・ジョコビッチ選手の不調がしばらく続く可能性や手術などで長期離脱になる可能性も否定できません。

 

 

ノバク・ジョコビッチ選手は怪我の影響もあり不調で世界ランキング1位から陥落

ノバク・ジョコビッチ選手は怪我の影響もあり、世界ランキング1位から陥落しました。

 

マスターズ・パリで準々決勝敗退となったノバク・ジョコビッチ選手は、決勝に進んだアンディ・マレー選手にポイントで抜かれることになりました。

 

2016年6月に全仏オープンで優勝し、生涯グランドスラムを達成した時点では8000ポイント近い差がありました。

 

ところがその後5大会で優勝1回のノバク・ジョコビッチ選手に対し、アンディ・マレー選手は9大会で6回優勝1回準優勝と抜群の安定感です。

 

アンディ・マレー選手はグランドスラム優勝数では3回と、スタン・ワウリンカ選手と同じです。

 

ノバク・ジョコビッチ選手の12回と比べればかなり劣りますが、それでも安定して勝ち上がっている分ポイントは高いです。

 

 

ノバク・ジョコビッチ選手は現在ATPツアーファイナル4連覇中!2016年は?

ノバク・ジョコビッチ選手としては、ATPツアーファイナル2016が世界ランキング1位から陥落後の初の大会です。

 

ここで簡単に敗れると「王者陥落」の印象がかなり強くなります。

 

逆にここで勝てば、まだまだ王者健在という印象になります。

 

このATPツアーファイナルで、ノバク・ジョコビッチ選手は4連覇中です。

 

ロジャー・フェデラー選手やラファエル・ナダル選手らを抑えて優勝を続けてきました。

 

もちろん、アンディ・マレー選手も抑えての優勝です。

 

ノバク・ジョコビッチ選手の怪我の状態が気になりますが、復活を印象付けるにはATPツアーファイナル5連覇が必要です。

 

そしてこのATPツアーファイナル2016にはロジャー・フェデラー選手もラファエル・ナダル選手もいません。

 

ロジャー・フェデラー選手は両膝の怪我の治療を優先して2016年途中から欠場を続けています。

 

そのロジャー・フェデラー選手が復帰する前の最後の大会とも言えます。

 

どのような状態で復帰するか不明ですが、そう簡単に消える選手とは思えません。

 

さらに2016年全米オープンではスタン・ワウリンカ選手が優勝しています。

 

世界ランキング1位も入れ替わっていますので、男子テニスは先が読めない状態になってきました。

 

このATPツアーファイナルでまた違う選手が優勝すれば、それこそ先が読めなくなります。

 

そういう意味では、錦織圭選手にもチャンスがある大会です。

 

ノバク・ジョコビッチ選手の復活、アンディ・マレー選手の世界ランキング1位固め、錦織圭選手など新たな選手の台頭など、様々な期待がかかるATPツアーファイナル2016となりそうです。

 

ATPツアーファイナル2016日程&組み合わせはこちらからどうぞ。

 

 

新宿・中野のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク
スポンサーリンク