大谷翔平投手のメジャー移籍はいつ?最速2017年オフ移籍でメジャーでも二刀流か?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

2016年に二刀流で投打ともに好成績を収めた日本ハムファイターズの大谷翔平投手。

 

さらには抑えでも1試合だけですが大きなインパクトを残しています。

 

第4回WBCでは二刀流での出場や抑えでの起用など、様々な選択肢が浮かびます。

 

その大谷翔平投手は、メジャー移籍をいつかすることが確実視されています。

 

そもそもは高卒でメジャー挑戦を表明していましたが、日本ハムの強行指名で入団した経緯があります。

 

この契約の際に、早期のメジャー挑戦は恐らく入っていると思います。

 

その大谷翔平投手のメジャー移籍はいつになるのか?

そして大谷翔平投手はメジャーでも二刀流に挑戦するのでしょうか?

 

スポンサーリンク

大谷翔平投手のメジャー移籍はいつ?最速で2017年オフにポスティングでメジャー移籍か?

大谷翔平投手のメジャー移籍に関しては、まだ具体的な時期は分かりません。

 

ただ、いずれメジャー移籍するのは間違いないと思われます。

 

これは、大谷翔平投手の日本ハム入団の経緯を考えればわかります。

 

大谷翔平投手は花巻東高校からNPB(日本のプロ野球)を経ずにメジャー挑戦を表明しました。

 

日本の球団にはドラフト指名しないように要請し、高卒でのメジャー挑戦をするとしていました。

 

結局日本ハムが強行指名し、交渉の末大谷翔平投手は日本ハムに入団しました。

 

日本ハムは2016年にもドラフト4位以下なら社会人と公言していた山口裕次郎投手を強行指名しました。

 

山口裕次郎投手との交渉は不調で入団には至りませんでしたが、他にも菅野智之投手の強行指名など日本ハムの強行指名は多いです。

 

この大谷翔平投手を交渉で翻意させたのが、「夢への道しるべ」という資料です。

 

大谷翔平投手が日本ハムに入団した理由は「夢への道しるべ」「二刀流」の他に早期メジャー補償?

この資料では、若くしてメジャーに行っても活躍が補償されていない点や、日本のプロ野球を経由した方がいい点などを分かりやすく解説しています。

 

そして、「二刀流」というプランも大谷翔平投手を説得させた理由の1つです。

 

もう誰も覚えていないと思いますが、当初はショートを守らせるプランもありましたが一瞬で崩れ去りました。

 

現状はご存知の通り、投手とDHで投打ともに一流の成績を残しています。

 

このプレゼン資料・二刀流以外にもメジャー挑戦手形のようなものがあったと推測できます。

 

このプレゼン資料では、メジャーで活躍するには一度日本のプロ野球をとった方がいいという内容です。

 

つまり、大谷翔平投手のメジャー移籍は既定路線の話です。

 

栗山英樹監督は当初、「うちなら3年でポスティングということもあるかもしれない」とコメントしていました。

 

現在大谷翔平投手は4年目のシーズンを終了し、チームを日本一に導きました。

 

そう考えれば、そろそろ大谷翔平投手のメジャー移籍は近いと言えます。

 

日本ハムは2016年に陽岱鋼選手がFA移籍しますが、日本ハムは年俸総額が決まっておりそれを超える場合は主力選手を思い切って放出します。

 

そしてその主力選手を埋める若手が出てきます。

 

陽岱鋼選手の穴は、日本シリーズでも活躍した岡大海選手やトレードで獲得した大田泰示選手が埋めそうです。

 

大田泰示選手は吉川光夫投手を含む2対2トレードで獲得しましたが、吉川光夫投手の高額年俸も削減するトレードです。

 

この日本ハムの方針を考えても、大谷翔平投手をポスティングで放出する時期は近そうです。

 

 

大谷翔平投手の日本ハム入団にも影響?田澤ルールとは?

大谷翔平投手がいきなりメジャーに行かなかった理由の1つが、通称「田澤ルール」です。

 

日本の高卒選手では前例がないですが、社会人から田澤純一投手が同様の形でメジャー挑戦しました。

 

田澤純一投手にはドラフトでの指名がなく、そのままアメリカに渡りましたが、通称「田澤ルール」なるものがこの時出来ました。

 

この田澤ルールは、日本のプロを経由せずにメジャー挑戦した場合は、日本の球団と契約するには海外の球団を退団後に一定期間空けるというものです。

 

高卒の場合は3年間、大卒・社会人の場合は2年間、海外の球団を退団後日本の球団と契約できないというルールです。

 

このルールには反対意見も強く、いずれ廃止される可能性もありますが現行のルールでは有効です。

 

この田澤ルールで考えられる問題には色々あります。

 

例えば大谷翔平投手が高卒でメジャー挑戦して大活躍し、300勝投手となっていたとします。

 

そして40歳になった大谷翔平投手が、最後に日本で現役を終えたいとメジャーでも大活躍したベテラン投手が日本に凱旋します。

 

メジャーで活躍後、現役最後の2年間を広島カープに復帰した黒田博樹投手のような感じです。

 

この場合、大谷翔平投手は40歳から3年間浪人しないと日本の球団と契約できないということになります。

 

さすがにそうなれば、もう引退するしかありません。

 

満身創痍で現役最後の2年間を広島カープで過ごし、黒田博樹投手は2016年に25年ぶりのリーグ優勝を置き土産に現役引退しました。

 

黒田博樹投手は広島カープからメジャー移籍していますので、田澤ルールは適応外です。

 

仮に適応されるとしたら、この黒田博樹投手の2年間はなかったということになります。

 

この黒田博樹投手のような活躍の場を奪う可能性があるのが田澤ルールです。

 

それもあって、大谷翔平投手は日本ハムに入団した可能性もあります。

 

 

大谷翔平投手はメジャーでも二刀流挑戦か?メジャー球団は二刀流を容認するとコメントする球団も

大谷翔平投手はメジャーでも二刀流に挑戦する可能性があります。

 

これは、2016年オフでメジャー関係者がメジャーでも二刀流を容認するコメントを出しています。

 

どこまで本気でどこまでリップサービスかわかりませんが、「ジャパニーズ・ベーブルース」と呼ばれる大谷翔平投手の動向はメジャーでも注目されています。

 

メジャーでは先発投手が基本的に中4日で先発します。

 

日本では中6日ですので、かなり違いがあります。

 

日本人の先発投手がメジャーで苦戦するのがまさにこの中4日ですが、二刀流には厳しい日程です。

 

この為、DHのないナリーグが大谷翔平投手にはあっているとも言えます。

 

登板日だけで打席数は日本よりは稼げますし、間で1試合だけ代打やDHで出場すれば「二刀流」に近い形にはなります。

 

2016年契約更改で日本ハムは大谷翔平選手のメジャー移籍を容認!本人が希望すれば2017年オフでメジャー移籍へ

12/5追記

大谷翔平選手は契約更改を行い、7000万円アップの2億7000万円(推定)で契約しました。

3億越え確実と言われていただけに、思ったよりもかなり低いというのが多くの感想のようです。

ただ、日本ハムの年俸総額は決まっているようで、それを超える場合はトレードなどで容赦なく主力選手を放出していました。

その為、大谷翔平選手の活躍でも出せる限界がこの額ということだと思います。

そして来年以降年俸の増額が厳しいとなると、やはりメジャー移籍が現実味を帯びて来ます。

 

この契約の中で、日本ハムは大谷翔平選手が希望したタイミングでのポスティングでメジャー移籍を容認したようです。

この為、大谷翔平選手が2017年オフに希望すればメジャー移籍が実現しそうです。

これは、メジャー側にも獲得資金などの準備をする期間を与えているとも言えます。

 

2017年オフでメジャー移籍となれば、高卒5年目での移籍ですので最速メジャー挑戦となります。

2017年の成績があまりにも悪ければ大谷翔平選手が移籍を希望しないかもしれませんが、2016年のような成績を残せば文句なしでメジャー移籍となりそうです。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

大谷翔平投手はWBC侍ジャパンの活躍でメジャー移籍アピール!侍ジャパンでも二刀流か?

大谷翔平投手は侍ジャパンでも二刀流解禁の可能性があります。

 

ただでさえオフに大きな国際大会になるWBCですので、出るだけでも負担です。

 

そこで二刀流となればさらなる負担ですが、日本ハムがWBC日本代表での二刀流を容認したとする報道もありました

 

かなり心配ですが、それだけ大谷翔平投手の能力が高い証拠でもあります。

 

また、田中将大投手や前田健太投手を招集できた場合、大谷翔平投手の抑えプランもあります。

 

これこそ日本ハムが容認しなそうですが、ただWBCで勝つことだけ考えればそれもありです。

 

二刀流・抑え・先発・代打・DH…あらゆる可能性が考えられますが、11月の侍ジャパン強化試合では大谷翔平投手が代打とDHのみの出場となっています。

 

侍ジャパン11月の強化試合のメンバーはこちらからどうぞ。

 

2017年第4回WBC日本代表メンバー予想はこちらからどうぞ。

 

WBC日本代表でも大谷翔平投手の活躍に期待がかかります!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク