ATPツアーファイナル2016結果速報|錦織圭選手やノバク・ジョコビッチ選手などランキング上位選手の結果は?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

ATPツアーファイナル2016が11月13日から開幕しています。

 

日本の錦織圭選手が当然のように出場していますが、年間の世界ランキング上位8選手しか出場できない選ばれしものの戦いです。

 

8選手が2グループに分かれて上位2選手が準決勝に進出します。

 

こちらのページでは、ATPツアーファイナル2016の結果速報をご紹介します。

 

ATPツアーファイナル2016の組み合わせはこちらからご確認くださいませ。

 

 

スポンサーリンク

ATPツアーファイナル2016結果速報【1次リーグA組】

ATPツアーファイナル20161次リーグA組の結果です。

 

このグループは、アンディ・マレー選手、スタン・ワウリンカ選手、錦織圭選手、マリン・チリッチ選手のグループです。

 

※結果は随時更新します

※試合予定時間は日本時間です

 

 

<ATPツアーファイナル2016 1次リーグA組勝敗表>

◎アンディ・マレー選手(1位) 3勝

◎錦織圭選手(5位) 1勝2敗

スタン・ワウリンカ選手(3位) 1勝2敗

マリン・チリッチ選手(7位) 1勝2敗

 

準決勝進出者

アンディ・マレー選手

錦織圭選手

 

<ATPツアーファイナル2016 1次リーグA組試合結果>

○アンディ・マレー選手 2-0(6-3 6-2) ×マリン・チリッチ選手

 

○錦織圭選手 2-0(6-2 6-3) ×スタン・ワウリンカ選手

 

〇スタン・ワウリンカ選手 2-0(7-6 7-6) ×マリン・チリッチ選手

 

〇アンディ・マレー選手 2-1(6-7 6-4 6-4)×錦織圭選手

 

◯マリン・チリッチ選手 2-1(3-6 6-2 6-3)×錦織圭選手

◯アンディ・マレー選手  2-0(6-4 6-2)×スタン・ワウリンカ選手

 

1勝2敗で3選手が並びましたが、セット獲得率で上回った錦織圭選手がグループ2位通過です。

勝利数が並んだ場合は、①セット獲得率②ゲーム獲得率③世界ランキングで準決勝進出が決まる条件でした。

 

マリン・チリッチ選手に勝てば文句なしの2位通過でしたが、アンディ・マレー選手との激闘の疲労もあったのか、それともマリン・チリッチ選手に苦手意識があるのか後半に崩れてしまいました。

 

アンディ・マレー選手はしっかり3連勝で1位通過です。

 

アンディ・マレー選手対錦織圭選手は今大会最長の激闘でしたが、アンディ・マレー選手が逆転勝利です。

この時点で、アンディ・マレー選手っがスタン・ワウリンカ選手に勝てば錦織圭選手の準決勝進出が決定する状況でした。

 

つまり、錦織圭選手はマリン・チリッチ選手戦の前に準決勝進出が決定していましたが、このATPワールドツアーファイナルは1試合ごとにポイントが加算されます。

その為、消化試合ではなく勝っておきたい試合でした。

 

()はATPツアーファイナル2016前の世界ランキング

 

 

ATPツアーファイナル2016結果速報【1次リーグB組】

続いて1次リーグB組の結果です。

 

このグループは、ノバク・ジョコビッチ選手、ミロシュ・ラオニッチ選手、ガエル・モンフィス選手、ドミニク・ティエム選手のグループです。

※追記ガエル・モンフィス選手は途中で肋骨を負傷し、3戦目のみ代わってダビド・ゴフィン選手が出場しました。

 

世界ランキング8位のラファエル・ナダル選手が欠場し、代わって世界ランキング9位のドミニク・ティエム選手が出場しています。

 

<ATPツアーファイナル2016 1次リーグB組勝敗表>

◎ノバク・ジョコビッチ選手(2位) 3勝

◎ミロシュ・ラオニッチ選手(4位) 2勝1敗

ドミニク・ティエム選手(6位) 1勝2敗

ガエル・モンフィス選手(9位) 2敗 肋骨の怪我で2戦のみ出場

ダビド・ゴフィン選手(11位) 1敗 ガエル・モンフィス選手の代役で1試合のみ出場

 

準決勝進出決定 ノバク・ジョコビッチ選手、ミロシュ・ラオニッチ選手

1次リーグ敗退決定 ガエル・モンフィス選手、ドミニク・ティエム選手

 

<ATPツアーファイナル2016 1次リーグB組勝敗表>

〇ミロシュ・ラオニッチ選手 2-0(6-3 6-4) ×ガエル・モンフィス選手

 

〇ノバク・ジョコビッチ選手 2-1(6-7 6-0 6-2) ×ドミニク・ティエム選手

 

〇ノバク・ジョコビッチ選手 2-0(7-6 7-6) ×ミロシュ・ラオニッチ選手

 

〇ドミニク・ティエム選手 2-1(6-3 1-6 6-4) ×ガエル・モンフィス選手

 

〇ミロシュ・ラオニッチ選手 2-0(7-6 6-3) ×ドミニク・ティエム選手

 

〇ノバク・ジョコビッチ選手 2-0(6-1 6-2)ダビド・ゴフィン選手

 

※ガエル・モンフィス選手が肋骨の怪我で辞退し、代わって世界ランキング11位のダビド・ゴフィン選手が出場します。

 

 

5連覇を目指すノバク・ジョコビッチ選手が一番乗りで準決勝進出を決めました。

 

ノバク・ジョコビッチ選手は左手首の怪我の影響があるのか好調という訳ではないようですが、終わってみれば3連勝でした。

 

また、もう一人はミロシュ・ラオニッチ選手が準決勝進出とランキング通りの勝ち上がりになりました。

 

 

ATPツアーファイナル2016結果速報【準々決勝・決勝】

準決勝進出を一番乗りで決めたのは、ノバク・ジョコビッチ選手です。

B組からはノバク・ジョコビッチ選手とミロシュ・ラオニッチ選手の2選手が準決勝進出を決めました。

 

A組はアンディ・マレー選手と錦織圭選手が準決勝進出です。

 

この結果、準決勝はA組1位のアンディ・マレー選手対B組2位のミロシュ・ラオニッチ選手、もう一つはB組1位のノバク・ジョコビッチ選手対A組2位の錦織圭選手という組み合わせになりました。

 

準決勝

◯アンディ・マレー選手 2-1(5-7 7-6 7-6)ミロシュ・ラオニッチ選手

◯ノバク・ジョコビッチ選手  2-0(6-1 6-1)錦織圭選手

 

アンディ・マレー選手が、錦織圭選手との試合よりも長い3時間38分の激闘を制して決勝進出です。

ただ、ミロシュ・ラオニッチ選手と錦織圭選手との試合だけでも相当な負担が身体にかかっているので、決勝が心配されます。

 

ノバク・ジョコビッチ選手対錦織圭選手の準決勝は僅か1時間6分で圧倒となりました。

 

ノバク・ジョコビッチ選手は試合後のコメントで「圭は疲れているように見えた。ベストな状態ではなかった。」とコメントしています。

錦織圭選手も「彼(ノバク・ジョコビッチ選手)が強過ぎた。今日に関しては自分が悪過ぎた。」とコメントしています。

 

やはり、アンディ・マレー選手との激闘が尾を引いた形のようです。

全米オープンでも準々決勝でアンディ・マレー選手との激闘を制した後に準決勝でスタン・ワウリンカ選手に敗れています。

この長時間の試合の後のリカバリーが来年の課題になりそうです。

 

決勝

◯アンディ・マレー選手 2-0(6-3 6-4) ×ノバク・ジョコビッチ選手

決勝は2度のATPワールドツアーファイナル最長試合記録を塗り替えたアンディ・マレー選手が優勝となりました。

 

体力的には圧倒的に不利と思われましたが、結果はストレートでノバク・ジョコビッチ選手を下しました。

 

これにより、アンディ・マレー選手の2016年の年間世界ランキング1位が確定しました。

 

 

ATPツアーファイナル2016で得られるポイントとは?錦織圭選手は自己最高の世界ランキング3位の可能性も?

ATPツアーファイナル2016では、多くのATPポイントが入ります。

 

ATPツアーファイナル2016で獲得可能なポイントはこのようになっています。

 

グループリーグ勝利 200ポイント

準決勝勝利 400ポイント

決勝勝利 500ポイント

 

 

1勝ごとにポイントが入る仕組みですので、グループリーグ敗退でも0勝3敗か1勝2敗かでだいぶ変わります。

 

グループを3勝0敗で突破し、全勝優勝すれば合計で1500ポイントが加算されます。

 

グランドスラム優勝で2000ポイント、その下のランクの大会のマスターズ1000で1000ポイント加算ですので、ATPツアーファイナル2016が大きな大会であるのが分かります。

 

また、錦織圭選手はATPツアーファイナル2016前の世界ランキングが5位ですが、4位のミロシュ・ラオニッチ選手と3位のスタン・ワウリンカ選手はこのATPツアーファイナル2016のポイント次第で逆転可能です。

 

こちらがATPツアーファイナル2016前の世界ランキング上位5選手です。

 

1位 アンディ・マレー選手 11,185ポイント

2位 ノバク・ジョコビッチ選手 10,780ポイント

3位 スタン・ワウリンカ選手 5,115ポイント

4位 ミロシュ・ラオニッチ選手 5,050ポイント

5位 錦織圭選手 4,750ポイント

 

ATPツアーファイナル2016前に、ノバク・ジョコビッチ選手が世界ランキング1位から陥落しています。

 

1位と2位が大きく差をつけているのがよくわかりますが、逆に言えば3位までは差が少ないです。

 

錦織圭選手と3位のスタン・ワウリンカ選手の差が365ポイントですので、十分このATPツアーファイナル2016で逆転可能な射程圏です。

 

直接スタン・ワウリンカ選手に勝利しているのも大きいです。

 

ただ、ミロシュ・ラオニッチ選手が準決勝進出すれば錦織圭選手も準決勝進出しないと厳しいです。

 

錦織圭選手としては2014年の準決勝進出が過去最高です。

2015年はグループリーグ敗退です。

 

過去最高の成績を狙える位置にいると思いますので、錦織圭選手の活躍と自己最高の世界ランキング3位に期待がかかります。

 

11/21追記

アンディ・マレー選手の優勝で幕を閉じたATPツアーファイナル2016ですが、ATPツアーファイナル2016後のランキングは、3位のスタン・ワウリンカ選手と4位のミロシュ・ラオニッチ選手が入れ替わりました。

 

錦織圭選手は世界ランキング3位浮上をミロシュ・ラオニッチ選手に先を越されてしまいました。

 

 

東京のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク
スポンサーリンク