楽天がバルセロナの胸スポンサーに!2017年から4年契約を発表でバルサのユニフォームに楽天ロゴ

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

サッカー界で大きなニュースです。

 

サッカースペインリーグ・リーガエスパニョーラのFCバルセロナが、日本の楽天と胸スポンサーの契約で合意したと発表しました。

 

これにより、FCバルセロナ(バルサ)のユニフォームに楽天のロゴが入ることになります。

 

契約期間は2017-2018年シーズンから4年契約で2021年までとなります。

 

まさか日本の企業のロゴがバルセロナのユニフォームに入るとは驚きです。

 

 

スポンサーリンク

楽天がバルセロナの胸スポンサーに!2017年から4年契約で合意

バルセロナが11月16日会見で、2017-2018年シーズンからの胸スポンサーに日本のインターネット通信大手「楽天」と契約したと発表しました。

 

バルセロナで行われた会見に、FCバルセロナのバルトメウ会長と楽天の三木谷会長が登場しました。

 

日本の企業があのバルサと契約し、胸スポンサーになるということで大きなニュースです。

 

バルサと言えば、説明不要の世界最高レベルのサッカークラブです。

 

そのクラブと日本企業の契約は異例のことです。

 

日本の企業の海外のスポーツ選手の契約で言えば、ユニクロがテニスのノバク・ジョコビッチ選手と契約しています。

 

日本人ですが、同じくテニスの錦織圭選手とも契約しています。

 

ノバク・ジョコビッチ選手は現在世界ランキング2位、錦織圭選手は世界ランキング5位でともに現在行われているATPツアーファイナル2016に出場しています。

 

ATPツアーファイナル2016の組み合わせはこちらから

 

ATPツアーファイナル2016の結果速報はこちらから

 

 

世界中のテニスファンがこのユニクロのウェアで戦うノバク・ジョコビッチ選手や錦織圭選手を見ますが、同じように楽天のロゴが入ったユニフォームで戦うバルセロナの選手を見ることになります。

 

つまり、リオネル・メッシ選手も楽天のロゴでプレーするということです。

 

バルセロナは元々ユニフォームにロゴを入れていませんでしたが、2006-2007年シーズンからユニセフのロゴが入りました。

 

その後、カタール財団・カタール航空と続き、その次が「楽天」となりました。

 

 

楽天とバルサの契約は4年2億2000万ユーロ、日本円で257億円の大型契約

楽天とバルサの契約は、4年契約で2億2000万ユーロの契約と発表されました。

 

日本円で4年約257億円契約と、大型の契約です。

 

楽天はプロ野球チームの東北楽天ゴールデンイーグルスを保有し、Jリーグのヴィッセル神戸も同様です。

 

そういった繋がりも、今後バルセロナと何か絡むかもしれません。

 

もしかしたらバルセロナと契約だけでなく、海外のビッグネームをヴィッセル神戸が 獲得するなどの新たな一手があるかもしれません。

 

 

楽天とバルサの接点はDFピケ選手と三木谷会長?

楽天とバルサの接点がよくわかりませんでしたが、会見でそのエピソードが明かされました。

 

楽天の三木谷会長が、バルセロナのDFピケ選手と、ピケ選手の妻で歌手のシャキーラさんと共に会食したことがきっかけになったようです。

 

なぜ選手と会長が会食しているのか謎ですし、それが胸スポンサー契約のきっかけになるかは謎ですが、とにかくそのように会見で言われています。

 

 

2021年までの契約で、FC東京・久保建英選手が楽天のロゴ入りバルサユニフォームを切る可能性は?

バルセロナと言えば、FC東京のJ3で最年少Jリーグデビューを果たした久保建英選手が元々所属していました。

 

久保建英選手はバルセロナの18歳以下の契約に違反があったということで試合に出場できなくなり、日本に帰国しました。

 

その為、18歳になり試合に出場出来るようになればバルセロナに復帰すると思われます。

 

もちろん、18歳まで3年あるのでその間の久保建英選手の状態次第だとは思います。

 

仮に久保建英選手が18歳でバルセロナ復帰となれば、その時はまだバルセロナの胸スポンサーは楽天です。

 

つまり、久保建英選手が楽天の胸ロゴが入ったバルセロナのユニフォームを着てプレーする可能性があります。

 

あのバルセロナで日本人選手がプレーし、しかもその胸ロゴが日本の企業という信じられないことが起こるかもしれません。

 

 

新宿・中野のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク
スポンサーリンク