楽天・西武からFA移籍の岸孝之投手の人的補償は?プロテクト名簿28選手の予想

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

プロ野球はストーブリーグに入り、移籍や戦力外通告などのニュースが多く上がっています。

 

2016-2017年オフは、FA移籍する選手が多く出そうですが、早くもFA移籍選手が決定しました。

 

西武ライオンズのエース・岸孝之投手の楽天への移籍が決定しました。

 

岸孝之投手にとっては、東北は地元になります。

 

この岸孝之投手のFA移籍は、人的補償の可能性があります。

 

つまり、楽天から西武に移籍する選手が出る可能性があります。

 

この移籍する選手は、楽天が作成したプロテクト名簿28名から漏れた選手から、西武ライオンズ側が選択できます。

 

 

スポンサーリンク

岸孝之投手のFA移籍に伴い、人的補償発生か?FA移籍のルール

岸孝之投手の西武ライオンズから東北楽天へのFA移籍が決定しました。

 

西武ライオンズとしては、エースが抜けることになりますので非常に痛手となります。

 

西武ライオンズはドラフト1位で作新学院の今井達也投手を獲得しましたが、さすがに1年目から岸孝之投手の代わりは不可能です。

 

2016年ドラフト会議の結果&各球団の評価はこちらから

 

その為、人的補償で楽天から先発投手を獲得する可能性もあります。

 

人的補償とは、FA移籍の際に起こるものです。

 

これは、FA移籍した選手の年俸のチーム内でのランキングによります。

 

日本人選手の年俸ランキング上位3位までの選手がランクA、4位~10位までの選手はランクB、11位以下はランクCと分類されます。

 

ランクAの選手とランクBの選手がFA移籍した場合は、移籍元の球団(今回の場合は西武)が希望する形で補償が受けられます。

 

補償は2パターンあり、ランクAは人的補償選手1名+前年の年俸の0.5倍の金銭or0.8倍の金銭、Bランクは人的補償選手1名+前年の年俸0.4倍or前年の年俸0.6倍、ランクCは補償不要です。

 

岸孝之投手は間違いなく西武ライオンズの日本人選手内で年俸10位には入っていますので、人的補償を西武が選択することが出来ます。

 

もちろん、人的補償を選択せずに金銭だけ受け取ることも可能です。

 

昨年千葉ロッテから楽天に今江敏晃選手がFA移籍した際は、千葉ロッテは人的補償を希望せずに金銭のみを受け取りました。

 

今回の西武ライオンズも、補強ポイントに合致しない選手ばかりであれば金銭を選択する可能性もあります。

 

2016-2017FA移籍の可能性がある選手一覧はこちら

 

 

楽天から西武ライオンズに移籍の可能性がある選手一覧

楽天から西武ライオンズに移籍する可能性がある選手は、支配下選手の中で外国人選手と2016年ドラフト会議で獲得した選手を除く選手が対象です。

 

さらにこの中から、楽天は28選手を「プロテクト選手」として人的補償の対象から外せます。

 

この人的補償がなければ、則本昂大投手や松井裕樹投手も獲られてしまいますのでただの大型トレードになってしまいます。

 

このプロテクト選手28選手を楽天が選ぶのがかなり難しい作業です。

 

こちらの選手が、現在楽天が支配下登録している選手から外国人選手と2016年ドラフト会議で獲得した選手を除いた48選手です。

 

松井裕樹投手

塩見貴洋投手

濱矢廣大投手

則本昂大投手

小野郁投手

森雄大投手

安樂智大投手

釜田佳直投手

戸村健次投手

金刃憲人投手

石橋良太投手

美馬学投手

武藤好貴投手

西宮悠介投手

青山浩二投手

大塚尚仁投手

入野貴大投手

辛島航投手

菊池保則投手

古川侑利投手

福山博之投手

宮川将投手

小関翔太捕手

嶋基宏捕手

下妻貴寛捕手

足立祐一捕手

伊志嶺忠捕手

堀内謙伍捕手

阿部俊人内野手

吉持亮汰内野手

茂木栄五郎内野手

藤田一也内野手

今江敏晃内野手

銀次内野手

内田靖人内野手

哲朗内野手

中川大志内野手

三好匠内野手

村林一輝内野手

柿澤貴裕内野手

松井稼頭央外野手

オコエ瑠偉外野手

聖澤諒外野手

福田将儀外野手

岡島豪郎外野手

枡田慎太郎外野手

島内宏明外野手

(48選手)

 

この中から、楽天は28選手をプロテクトし、残る20選手の中から西武ライオンズが人的補償選手を選択することになります。

 

また、ソフトバンクを自由契約になった細川亨捕手が契約合意とされていますが、まだ契約していませんので候補から外れます。

ルール上、もしかしたら細川亨捕手を獲得することも可能かもしれません。

 

 

楽天のプロテクト名簿28名の予想!

では、楽天が提出するプロテクト名簿28名を予想してみます。

 

先ほどの候補選手で予想します。

 

左の◎がほぼ間違いなくプロテクトする選手、〇がプロテクト有力選手です。

 

<投手>

◎松井裕樹投手

〇塩見貴洋投手

濱矢廣大投手

◎則本昂大投手

〇小野郁投手

〇森雄大投手

◎安樂智大投手

◎釜田佳直投手

〇戸村健次投手

◎金刃憲人投手

石橋良太投手

◎美馬学投手

武藤好貴投手

西宮悠介投手

青山浩二投手

大塚尚仁投手

入野貴大投手

◎辛島航投手

菊池保則投手

〇古川侑利投手

〇福山博之投手

宮川将投手

 

<捕手>

小関翔太捕手

◎嶋基宏捕手

下妻貴寛捕手

〇足立祐一捕手

伊志嶺忠捕手

堀内謙伍捕手

 

<内野手>

阿部俊人内野手

〇吉持亮汰内野手

◎茂木栄五郎内野手

◎藤田一也内野手

◎今江敏晃内野手

◎銀次内野手

〇内田靖人内野手

哲朗内野手

〇中川大志内野手

三好匠内野手

村林一輝内野手

柿澤貴裕内野手

 

<外野手>

〇松井稼頭央外野手

◎オコエ瑠偉外野手

〇聖澤諒外野手

〇福田将儀外野手

◎岡島豪郎外野手

枡田慎太郎外野手

〇島内宏明外野手

 

 

 

このリストを作成する責任者の気持ちがよくわかるほど大変な作業です。

ただいい選手を順番に28人プロテクトすれば言い訳ではなく、西武の補強ポイントを考えて作成する必要があります。

 

例えば、西武には強打者が多数います。

浅村栄斗選手、メヒア選手、中村剛也選手、森友哉選手、山川穂高選手、坂田遼選手などです。

そこに強打者をまた獲得するかというと、恐らく難しいです。

 

また、捕手も球界全体が捕手不足の中、炭谷銀仁朗捕手、森友哉捕手がいます。

さすがに嶋基宏捕手はプロテクトするにしても、多少甘くてもいいと考えられます。

 

逆に先発投手は岸孝之投手が抜けると不安です。

 

今季調子の悪かった塩見貴洋投手や戸村健次投手がプロテクト漏れすれば恐らく獲得するでしょう。

 

そして年齢もあります。

 

ヤクルトスワローズが相川亮二捕手のFA移籍に伴い、19歳の奥村選手を獲得しました。

 

このようなパターンで、即戦力ではなく期待の若手を獲得することも出来ます。

 

現有戦力と期待の若手すべてをプロテクトするのは難しいですが、西武ライオンズはBクラスが続いているので若手よりも即戦力を獲りたい意向があると思います。

 

また、高額年俸の選手をあえてプロテクトしない方法もあります。

例えば巨人がFA移籍で山口俊投手を獲得した後のプロテクトで、阿部慎之助選手をプロテクトから外してあってもDeNAが喜んで獲得するかは疑問です。

 

どうやってその年俸を捻出するかを考えれば、獲得はしない可能性があります。

 

そう考えると、楽天が藤田一也選手や今江敏晃選手をプロテクトしない可能性もあります。

 

また、松井稼頭央選手をプロテクトしない方法もありますが、西武ライオンズは松井稼頭央選手にとって古巣です。

まさかの復帰の可能性も否定できません。

 

 

楽天のプロテクト漏れ選手で西武ライオンズが人的補償で獲得しそうな選手とは?

プロテクト名簿がかなり予想しにくいですので、獲得する選手の予想も難しいです。

 

プロテクト当落線上の選手を多めに入れるとこのようになると思います。

 

投手

濱矢廣大投手

森雄大投手

戸村健次投手

武藤好貴投手

西宮悠介投手

青山浩二投手

大塚尚仁投手

 

捕手

堀内謙伍捕手

 

内野手

哲朗内野手

中川大志内野手

 

外野手

松井稼頭央外野手

枡田慎太郎外野手

 

西武としては、森雄大投手や塩見貴洋投手、戸村健次投手、青山浩二投手あたりのプロテクト漏れを期待したいところだと思います。

 

やはり獲得できるなら投手が欲しいと思います。

 

ヤクルトが奥村選手を獲得した例でいうと、意表をついて捕手の堀内謙伍捕手(19)もあるかもしれません。

 

森友哉捕手のコンバートの可能性がゼロとは言えず、炭谷銀仁朗捕手がFAの可能性もゼロとは言えません。

そう考えれば、若い捕手が必要かもしれません。

 

直前まで牽制がありそうですが、牽制した結果金銭を選択の可能性もあります。

 

また、糸井嘉男選手や陽岱鋼選手、山口俊投手のFA移籍にも人的補償が絡みます。

 

特に巨人移籍の可能性が高い山口俊投手の人的補償は大注目の可能性があります。

 

11/22追記

オリックスの糸井嘉男選手もFA移籍で阪神タイガース入りが決定しました!

岸孝之投手と同じく糸井嘉男選手のFA移籍にも人的補償の可能性があります。

 

糸井嘉男選手の阪神タイガースFA移籍の人的補償予想はこちらからどうぞ。

 

山口俊投手が巨人FA移籍の場合の人的補償選手予想

 

2017年 WBC日本代表メンバー予想はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク