NPB AWARDS 2016で表彰されるプロ野球選手一覧|MVPや新人王も表彰!

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

11月28日にNPB AWARDS 2016が開催されます。

 

このNPB AWARDS 2016では、2016年のプロ野球で活躍した選手が表彰されます。

 

まだ発表されていない表彰もありますので、当日に発表されるものもありそうです。

 

11/28追記

NPB AWARDS 2016が開催され、全ての表彰選手が揃いました。

パリーグMVPが大谷翔平選手、新人王が高梨裕稔投手です。

セリーグMVPが新井貴浩選手、新人王が高山俊選手です。

 

2016年パリーグセリーグMVP&新人王の詳細はこちらからどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

NPB AWARDS 2016とは?日程と概要

NPB AWARDS 2016とは、2016年のプロ野球で活躍した選手を表彰するイベントです。

 

MVPやベストナイン・ゴールデングラブ賞などの各賞の表彰が行われます。

 

NPB AWARDS 2016の日程は、11月28日(月)16:30~行われます。

 

第1部のファームの表彰は12:30~行われます。

 

NPB AWARDS 2016の会場はグランドプリンスホテル新高輪「飛天」ですので、かなり豪華な表彰式です。

 

また、特別協賛で大正製薬株式会社が入っており、正式名称が「NPB AWARDS 2016 supported by リポビタンD」です。

 

NPB AWARDS 2016で表彰される選手は多数ですが、表彰されるのは次の項目が予想されます。

 

各リーグ個人タイトル

・首位打者

・ホームラン王

・打点王

・盗塁王

・最高出塁率

・最多安打

・最多勝

・最優秀勝率

・最優秀防御率

・セーブ王

・最多奪三振

・最優秀中継ぎ投手

 

その他各賞

・沢村賞

・ゴールデングラブ賞

・ベストナイン

・リーグMVP

・新人王

 

正式名称が違うものもありますが、多く使われる表現で記載しています。

 

 

NPB AWARDS 2016で表彰されるセリーグの選手一覧

NPB AWARDS 2016で表彰されるセリーグの選手は次の通りです。

 

<首位打者>

坂本勇人選手(打率.344) 初受賞

 

<ホームラン王>

筒香嘉智選手(44本塁打) 初受賞

 

<打点王>

筒香嘉智選手(110打点) 初受賞

 

<盗塁王>

山田哲人選手(30盗塁) 2年連続2回目

 

<最高出塁率>

坂本勇人選手(出塁率.433) 初受賞

 

<最多安打>

菊池涼介選手(181安打) 初受賞

 

<最多勝>

野村祐輔投手(16勝) 初受賞

 

<最優秀防御率>

菅野智之投手(防御率2.01)2年ぶり2回目

 

<最高勝率>

野村祐輔投手(勝率.842)初受賞

 

<セーブ王(最多セーブ)>

澤村拓一投手(37セーブ) 初受賞

 

<奪三振王(最多奪三振)>

菅野智之投手(189奪三振) 初受賞

 

<最優秀中継ぎ投手>

スコット・マシソン投手(49ホールドポイント) 3年ぶり2回目

 

セリーグ2016年個人タイトル獲得選手一覧詳細はこちらから

 

<ゴールデングラブ賞>

投手 菅野智之投手(巨人) 初受賞

捕手 石原慶幸捕手(広島カープ) 初受賞

一塁手 ロペス内野手(DeNA) 3年ぶり2回目

二塁手 菊池涼介内野手(広島カープ) 4年連続4回目

三塁手 村田修一内野手(巨人) 2年ぶり3回目

遊撃手 坂本勇人内野手(巨人) 初受賞

外野手 丸佳浩外野手(広島カープ) 4年連続4回目

外野手 大島洋平外野手(中日) 3年連続5回目

外野手 鈴木誠也外野手(広島カープ) 初受賞

 

2016年セリーグゴールデングラブ賞詳細はこちらから

 

また、MVP・ベストナイン・新人王はまだ発表されていません。

 

2016年ベストナイン予想はこちらからどうぞ。

 

11/25追記

2016年ベストナイン受賞選手が発表され、大谷翔平選手が投手・DHで二刀流受賞です。

 

MVPは、混戦が予想されます。

広島カープのジョンソン投手・野村祐輔投手・菊池涼介選手・新井貴浩選手らが候補だと思います。

 

新人王は阪神タイガースの高山俊選手が有力です。

 

 

NPB AWARDS 2016で表彰されるパリーグの選手一覧

続いてパリーグのNPB AWARDS 2016での表彰選手です。

 

<首位打者>

角中勝也選手(打率.339) 4年ぶり2回目

 

<最多安打>

角中勝也選手(178安打) 初受賞

 

<ホームラン王>

ブランドン・レアード選手(39本) 初受賞

 

<打点王>

中田翔選手(110打点) 2年ぶり2回目

 

<最高出塁率>

柳田悠岐選手(出塁率.446)2年連続2回目

 

<盗塁王>

糸井嘉男選手(53盗塁) 初受賞

金子侑司選手(53盗塁) 初受賞

 

<最多勝>

和田毅投手(15勝) 6年ぶり2回目

 

<最優秀防御率>

石川歩投手(防御率2.16) 初受賞

 

<最高勝率>

和田毅投手(勝率.750) 初受賞

 

<奪三振王(最多奪三振)>

則本昂大投手(216奪三振) 3年連続3回目

 

<セーブ王(最多セーブ)>

サファテ投手(43セーブ) 2年連続2回目

 

<最優秀中継ぎ投手>

宮西尚生投手(42ホールドポイント) 初受賞

 

2016年パリーグ個人タイトル獲得選手一覧詳細はこちらから

 

<ゴールデングラブ賞>

投手 涌井秀章投手(千葉ロッテ) 2年連続4回目

捕手 大野奨太捕手(日本ハム) 初受賞

一塁手 中田翔内野手(日本ハム) 2年連続2回目

二塁手 藤田一也内野手(楽天) 2年ぶり3回目

三塁手 松田宣浩内野手(ソフトバンク) 4年連続5回目

遊撃手 今宮健太内野手(ソフトバンク) 4年連続4回目

外野手 秋山翔吾外野手(西武) 2年連続3回目

外野手 陽岱鋼外野手(日本ハム) 2年ぶり4回目

外野手 糸井嘉男外野手(オリックス) 2年ぶり7回目

 

2016年パリーグゴールデングラブ賞詳細はこちらから

 

パリーグもベストナイン・MVP・新人王がまだ発表されていません。

 

2016年ベストナイン予想はこちらから

 

パリーグのMVPは大谷翔平投手が有力です。

 

また、新人王は割れそうですが日本ハムの高梨裕稔投手と楽天の茂木栄五郎選手の一騎打ちと思われます。

 

ルーキーではありませんが、2桁勝利の高梨裕稔投手の方が優勢のように感じます。

 

 

2016年MVP&新人王も発表!

11/28追記

NPB AWARDS 2016でセリーグ・パリーグのMVPと新人王も発表されました。

 

パリーグMVPは大谷翔平選手がぶっちぎりで獲得しました。

規定打席にも規定投球回にも到達せずにMVPは恐らく史上初だと思います。

 

パリーグ新人王は高梨裕稔投手が獲得しました。

楽天の茂木栄五郎選手をわずかな差で振り切りました。

 

セリーグMVPは広島カープの新井貴浩選手でした。

激戦が予想されましたが、意外と差がつきました。

個人的に予想していたジョンソン投手が大きく離され、意外でした。

 

セリーグ新人王は高山俊選手がぶっちぎりでした。

球団最多安打記録の136安打が高く評価されたと思います。

 

2016年パリーグ・セリーグMVP&新人王得票数など詳細はこちらからどうぞ。

 

 

NPB AWARDS 2016で特別表彰される選手とは?

NPB AWARDS 2016では、個人タイトル以外にも特別表彰がいくつかあります。

 

2016年に特別表彰されると思われる選手は次の選手です。

 

<セリーグ連盟特別表彰>

功労賞

三浦大輔投手(DeNAベイスターズ)

 

最優秀監督賞

緒方孝市監督(広島カープ)

 

 

<パリーグ連盟特別表彰>

最優秀監督賞

栗山英樹監督(日本ハムファイターズ)

 

特別賞

サファテ投手(ソフトバンクホークス)

※パリーグ新記録の43セーブの表彰

 

<コミッショナー特別表彰>

功労賞

黒田博樹投手(広島カープ)

 

特別賞

山田哲人選手(ヤクルトスワローズ)

※2年連続トリプルスリーの表彰

 

 

黒田博樹投手と三浦大輔投手の表彰理由は特に明記されていませんが、その必要もないでしょう。

 

最後の大洋ホエールズの選手である三浦大輔投手は、横浜一筋で活躍した大投手です。

 

黒田博樹投手はメジャーリーグで活躍後、最後の2年間を広島カープで過ごし25年ぶりリーグ優勝に貢献しました。

 

また、ここで特別表彰される山田哲人選手はベストナイン獲得が微妙です。

 

ゴールデングラブ賞・最多安打で表彰の菊池涼介選手とどちらがセリーグセカンドのベストナインに選ばれるか注目です。

 

この2選手の併用は、2017年WBC日本代表でも注目されます。

 

2017年第4回WBC日本代表侍ジャパンメンバー予想はこちらから。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク