2016年J1昇格プレーオフの日程・組み合わせ・結果速報|J1昇格チームはセレッソ大阪!

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

2016年のサッカーJリーグJ2は、コンサドーレ札幌と清水エスパルスが自動昇格を決めました。

 

清水エスパルスは1年でのJ1復帰となりました。

 

そして注目はJ2の3位~6位チームで争われるJ1昇格プレーオフです。

 

清水エスパルスに続き松本山雅も1年でJ1復帰なるか?

 

そして現役日本代表スタメンの山口蛍選手や、元日本代表の柿谷曜一朗選手らを擁するセレッソ大阪のJ1復帰はあるのかに注目が集まります。

 

 

スポンサーリンク

2016年J1昇格プレーオフの日程・組み合わせ・ルールは

2016年J1昇格プレーオフには、2016年J2で3位~6位になったチームが出場します。

 

この4チームでトーナメント方式のプレーオフを戦い、優勝した1チームがJ1昇格となります。

 

2016年J1昇格プレーオフに出場するのは、J2で3位の松本山雅、J2で4位のセレッソ大阪、J2で5位の京都サンガ、J2で6位のファジアーノ岡山の4チームです。

 

 

J1昇格プレーオフの日程と組み合わせはこのようになっています。

 

J1昇格プレーオフ準決勝

11月27日(日)15:30~

松本山雅FC(3位)対ファジアーノ岡山(6位)

セレッソ大阪(4位)対京都サンガFC(5位)

 

 

J1昇格プレーオフ決勝

12月4日(日)

準決勝勝者

※11/27追記

準決勝の結果、2016年J1昇格プレーオフ決勝は、セレッソ大阪対ファジアーノ岡山となりました。

 

会場は全てJ2年間順位上位チームのホームで行われます。

 

また、J1昇格プレーオフは年間順位で優劣をつける為特殊ルールで行われます。

 

大会規定では同点の場合は延長もPK戦もなく、J2年間順位が上位のチームが勝利となります。

 

つまり、J2で3位だった松本山雅FCは2試合連続引き分けでもJ1昇格となります。

 

J2年間順位が下位のファジアーノ岡山・京都サンガFCはJ1昇格には2連勝が必須です。

 

このルールを見ると圧倒的にJ2上位チームが有利と言えます。

さらにホームで戦うことになるので、尚更有利です。

 

ただ、同じ条件で戦ったJ1チャンピオンシップの川崎フロンターレ対鹿島アントラーズでは、不利な条件のJ1年間順位が下位の鹿島アントラーズが勝利しました。

 

一発勝負の怖さがある大会ですが、それだけに見る側は面白い試合になりそうです。

ただ、J1昇格がかかる試合ですので文字通り全てを賭けた試合になります。

 

 

2016年J2の年間順位|コンサドーレ札幌と清水エスパルスがJ1自動昇格

2016年の年間順位がこちらです。

 

J2首位のコンサドーレ札幌とJ2年間2位の清水エスパルスがJ1へ自動昇格となります。

 

順位 チーム名 勝ち点 得失点差

1 北海道コンサドーレ札幌 85 32 ※J1自動昇格

2 清水エスパルス 84 48 ※J1自動昇格

3 松本山雅FC 84 30 ※J1昇格プレーオフ

4 セレッソ大阪 78 16 ※J1昇格プレーオフ

5 京都サンガF.C. 69 13 ※J1昇格プレーオフ

6 ファジアーノ岡山 65 14 ※J1昇格プレーオフ

7 FC町田ゼルビア 65 9

8 横浜FC 59 -1

9 徳島ヴォルティス 57 4

10 愛媛FC 56 1

11 ジェフユナイテッド千葉 53 -1

12 レノファ山口FC 53 -8

13 水戸ホーリーホック 48 -4

14 モンテディオ山形 47 -6

15 V・ファーレン長崎 47 -12

16 ロアッソ熊本 46 -15

17 ザスパクサツ群馬 45 -14

18 東京ヴェルディ 43 -18

19 カマタマーレ讃岐 43 -19

20 FC岐阜 43 -24

21 ツエーゲン金沢 39 -24 ※J3入れ替え戦出場

22 ギラヴァンツ北九州 38 -21 ※J3降格

 

 

自動昇格圏の争いは、最後は得失点差で決する激戦でした。

 

途中で首位を独走していたコンサドーレ札幌も最後は勝ち点差1まで迫られました。

 

松本山雅も最後に清水エスパルスに抜かれてしまいJ1昇格プレーオフに回りました。

 

J1昇格プレーオフ争いの6位も得失点差で決しました。

 

J2の戦いの厳しさが数字にも表れています。

 

 

J2で4位のセレッソ大阪は柿谷曜一朗選手が復帰も怪我人続出

J1昇格プレーオフを控え、J2で4位のセレッソ大阪は怪我人が続出しています。

 

主将の柿谷曜一朗選手が右足首の手術から復帰したばかりですが、他の選手に怪我が相次いでいます。

 

MF関口訓充選手が左足関節靱帯損傷で全治6週間、MF丸岡満選手が右大腿直筋損傷で全治4週間、FW岸本武流選手が左腓腹筋損傷で全治4週間とセレッソ大阪から発表されました。

 

関口訓充選手の怪我はいわゆる足首の捻挫です。

 

ただ、全治が6週間とかなり長いので重症の足首捻挫だと思います。

柿谷曜一朗選手の離脱も同じような怪我でしたので、最悪の場合手術の可能性があります。

 

丸岡満選手の怪我は太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋の怪我です。

恐らく、大腿四頭筋肉離れの怪我ではないかと思われます。

 

岸本武流選手の怪我はふくらはぎの怪我で、ふくらはぎ肉離れの怪我が疑われます。

 

どちらにしろ、3選手ともJ1昇格プレーオフは欠場となります。

 

せっかくエースが復帰したばかりですが、また怪我人が出てしまいました。

 

セレッソ大阪はそもそもJ2にいるチームの戦力ではありませが、やはり怪我人が出るとどのようなチームでも苦しくなります。

 

 

2016年J1昇格プレーオフ結果速報

※J1昇格プレーオフの結果は随時更新します。

 

J1昇格準決勝 松本山雅FC対ファジアーノ岡山結果速報

松本山雅FC 1-2 ファジアーノ岡山

(前半0-1 後半1-1)

前半はファジアーノ岡山がリードで終えました。

前半23分押谷祐樹選手のゴールで先制しています。

しかし、後半29分にパウリーニョ選手のゴールで同点に追いついた松本山雅FCは、引き分けなら決勝進出でした。

ただ、後半アディショナルタイムにファジアーノ岡山は赤嶺真吾選手のゴールで勝ち越し1-2で勝利。

この結果、松本山雅FCは自動昇格を得失点差で逃す3位でしたが、J1昇格の道が絶たれました。

 

J1昇格プレーオフ準決勝 セレッソ大阪対京都サンガFC結果速報

セレッソ大阪1-1京都サンガFC

(前半1-0 後半0-1)

セレッソ大阪が1-0リードで前半を終えました。

前半13分に柿谷曜一朗選手のゴールでセレッソ大阪が先制しました。

後半45分に京都サンガは有田光希選手のゴールで追いつきましたが、年間順位が下位の京都サンガは勝つしかありませんでした。

結果は1-1の引き分けで、年間順位が上位のセレッソ大阪が決勝進出となりました。

 

この結果、J1昇格プレーオフ決勝はセレッソ大阪対ファジアーノ岡山で争われます。

開催場所はセレッソ大阪のホーム、キンチョウスタジアムで行われます。

 

引き分けの場合は年間順位が上位のセレッソ大阪がJ1昇格となります。

 

J1昇格プレーオフ決勝 セレッソ大阪対ファジアーノ岡山結果速報

セレッソ大阪 1-0 ファジアーノ岡山

セレッソ大阪の3年ぶりJ1昇格が決定!

 

引き分け以上でJ1昇格が決まるセレッソ大阪が、後半7分に清原翔平選手のゴールで先制します。

2点が必要になったファジアーノ岡山は、終盤に猛攻を仕掛けるもセレッソ大阪が凌いで1-0で勝利しました。

 

この結果、セレッソ大阪の3年ぶりJ1昇格が決定しました。

柿谷曜一朗選手や山口蛍選手など日本代表クラスの選手がいますので、本来J2にいるクラブではありません。

セレッソ大阪の来季J1での活躍が期待されます。

 

J1昇格プレーオフ決勝のセレッソ大阪・ファジアーノ岡山のJ1昇格条件とは?

J1昇格プレーオフの決勝は、J2年間4位のセレッソ大阪対J2年間6位のファジアーノ岡山の対戦となります。

J2年間3位で、得失点差でJ1自動昇格を逃した松本山雅FCが敗れ、J2年間6位で得失点差でJ1昇格プレーオフに進出したファジアーノ岡山が決勝に残りました。

 

年間順位から考えれば、少し厳しいように感じますが、勝ち上がりの条件では松本山雅FCが圧倒的に有利でした。

 

J1昇格プレーオフの決勝も、J2年間順位によって昇格条件が異なります。

 

こちらが、J1昇格プレーオフの決勝でのJ1昇格チームの条件です。

セレッソ大阪勝利…セレッソ大阪がJ1昇格

引き分け…セレッソ大阪がJ1昇格

ファジアーノ岡山が勝利…ファジアーノ岡山がJ1昇格

 

延長戦もPK戦もないですので、非常にシンプルなルールです。

引き分けの場合は年間順位が上のセレッソ大阪がJ1昇格となります。

 

また、会場も年間順位が上位のセレッソ大阪のホーム・キンチョウスタジアムで行われます。

ホーム開催+引き分けでもJ1昇格というのが、年間順位が上位のセレッソ大阪に優遇されている昇格条件です。

 

ただ同じ条件をファジアーノ岡山は準決勝で乗り越えての決勝進出です。

準決勝では後半アディショナルタイムで勝ち越しゴールを決めていますし、セレッソ大阪も後半終了間際に失点しています。

 

J1昇格プレーオフ決勝も、最後まで目が離せない展開になりそうです。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

J1はチャンピオンシップ開催中|決勝は浦和レッズ対鹿島アントラーズ

J1昇格プレーオフと同じ時期に、J1ではチャンピオンシップが行われています。

似たようなルールで行われていますが、準決勝はJ1年間順位が下位の鹿島アントラーズが下剋上で準決勝を突破しました。

 

決勝では浦和レッズと対戦します。

 

J1昇格プレーオフでは下剋上があるのか、それとも上位チームが勝ち上がるのか。

文字通りの死闘が予想されます。

 

2016年チャンピオンシップ日程&結果速報はこちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク