トミー・ジョン手術で球速アップ?リハビリの影響説と靭帯が強くなる説

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

先日、トミー・ジョン手術(肘内側側副靭帯再建手術)とは?という記事を書きましたが、トミー・ジョン手術について調べると、球速アップする説がかなり有力なようです。

 

なんでも、球速をアップさせるために、靭帯が断裂していないのにトミー・ジョン手術を受けようとする人がいたなんて噂も。。

 

さすがにそれはオーバーとしても、ダイジョーブ博士の手術的なイメージになってもあれなので、パーソナルトレーナー視点でトミー・ジョン手術での球速アップを検証してみました。

 

スポンサーリンク

トミー・ジョン手術後のリハビリで球速アップ説

こちらは、トミー・ジョン手術から復帰を目指すダルビッシュ有投手の記事でも書きましたが、トミー・ジョン手術後のリハビリ期間が13か月~15ヶ月程度とかなり長く、その間のトレーニングにより球速がアップする説です。

 

これに関しては、十分あり得ると考えられます。

 

実際に、日本人投手でトミー・ジョン手術後に球速が上がった投手が紹介されていましたが、その代表例がレッドソックスの田澤純一投手です。

 

田澤純一投手の場合、トミー・ジョン手術を受けたのが2010年4月で、約1年半のリハビリ期間を経て、2011年9月に復帰登板を果たしました。

 

トミー・ジョン手術前の2009年までの最高球速は150キロ、トミー・ジョン手術から復帰した2011年の最高球速は150キロで、復帰年で球速が戻っています。

 

そして、球速がアップしたのはその翌年、トミー・ジョン手術から復帰2年目の2012年に最高球速156キロを記録しています。

 

トミー・ジョン手術の復帰2年目にパフォーマンスが上がるというのは、よく言われることです。

 

つまり、トミー・ジョン手術から復帰1年目は一応復帰できましたというシーズンで、復帰2年目は完全復活という位置付けです。

 

トミー・ジョン手術を受けた日本人投手一覧

 

 

スポンサーリンク

 

田澤純一投手はトミー・ジョン手術からの理想的な復帰例の1つ。トミー・ジョン手術後のリハビリ方法とは?

そう考えると、田澤純一投手の場合はトミー・ジョン手術からの理想的な復帰と言えます。

 

この1年半に及ぶリハビリ期間に、みっちりトレーニングを積めば、球速が6キロアップしても不思議はないです。

 

肘の手術をしていますが、

 

肩や肩甲骨の可動域の改善

下半身、特に股関節の可動域の改善

下半身の筋力アップ

体幹の筋力アップ

下半身からの力を上半身に上手く伝えるコーディネーショントレーニング

 

その他上げればキリがないですが、改善すべき点、鍛えるべき点はいくらでもあると思います。

 

また、長年野球をやっていて、肘以外にどこも怪我がないということもないと思いますので、そこのリハビリなども出来れば、文字通り生まれ変わるくらいの変化が出てもおかしくないです。

 

ダルビッシュ有投手は、このリハビリ期間で体重が107キロまで増加し、ボディービルダーみたいになっています。

 

この変化については賛否両論ありますが、個人的にはどうなるか興味深々です!

 

5/29追記

ダルビッシュ有投手のメジャー復帰登板は最高球速158キロの圧巻の投球でした!

多分トミー・ジョン手術からの復帰2年目で自己最高球速を更新し、160キロに到達するのではないでしょうか?

 

 

トミー・ジョン手術で靭帯が強くなって球速アップ説

これについては不明点が多いですが、信憑性は薄いと思います。

 

そもそも肘の内側側副靭帯が断裂し、その代わりに別の靭帯を取ってきて移植させている訳ですので、あくまで代替品です。

 

そして、これは個人差がかなり強いと思います。

 

どこの靭帯をとってくるのか、その靭帯のそもそもの強度はどうか、どのように付いたか、馴染んだかなどは個人差がかなり強いところだと思います。

 

田澤純一投手のように、トミー・ジョン手術後に球速がアップするなら、移植した靭帯が元々強かったり、上手くくっついた成功例ですが、

ヤクルトの館山昌平投手、元近鉄・中日などの大塚晶則投手などは、3度トミー・ジョン手術を受けていますので、これらが上手くいかなかったのだと思います。

 

トミー・ジョン手術から復帰し、10試合以上登板できた例が67%というアメリカのデータもあります。

 

つまり、復帰は保証できない手術ですので、安易に球速がアップするから受けようというような手術ではありません。

 

本来は、肘の内側側副靭帯断裂という投手生命が終わる程の怪我が、67%もの確率で復帰できてしまう、さらにリハビリによっては球速までアップする可能性もある、というくらいのイメージが正しいと思います。

 

トミー・ジョン手術とは?肘内側側副靭帯の再建手術

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク