柴崎岳選手、クラブワールドカップ決勝・レアルマドリード戦の活躍で海外移籍か?移籍先候補は?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

サッカークラブワールドカップで、日本の鹿島アントラーズが決勝進出を果たしました。

それだけでもすごいことですが、決勝でヨーロッパ王者のレアルマドリードと延長戦までもつれる死闘を演じました。

 

このレアルマドリード戦で、鹿島アントラーズというクラブも大きく評価を上げましたが、選手個々も評価を上げています。

 

レアルマドリードのジダン監督なども鹿島アントラーズの選手を称賛しましたが、その中でもクリスティアーノ・ロナウド選手などと対峙した昌司源選手、2ゴールの柴崎岳選手が高い評価を得ています。

 

柴崎岳選手にはスペイン移籍報道もあり、移籍先が注目されています。

 

スポンサーリンク

柴崎岳選手はクラブワールドカップ決勝・レアルマドリード戦で2ゴールの活躍!

柴崎岳選手は、鹿島アントラーズの10番を背負い、クラブワールドカップ決勝戦に出場しました。

 

決勝の相手はヨーロッパ王者の「レアルマドリード」。

 

クラブワールドカップは元々「トヨタカップ」でヨーロッパ王者と南米王者が対戦していた大会で、そこに他の大陸王者も加わった大会です。

 

その為、決勝は「ヨーロッパ王者対南米王者」というが、お決まりのパターンで、実力的にはほぼ間違いなくそうなります。

 

そこに今大会で割って入ったのが、開催国枠で出場した鹿島アントラーズでした。

 

そもそも鹿島アントラーズはチャンピオンシップ決勝で浦和レッズを逆転してクラブワールドカップ出場を決めましたので、Jリーグが2ステージ制でなければクラブワールドカップには出場できませんでした。

 

それがチャンピオンシップ準決勝の川崎フロンターレ戦から1発勝負を勝ち続け、ついにはクラブワールドカップ決勝まで上り詰めました。

 

「あのレアルマドリードと戦えただけすごい」というのが、決勝のはずでしたがまさかの2-2で延長戦に突入し、結果は4-2でレアルマドリードの勝利でした。

 

クリスティアーノ・ロナウド選手のハットトリックと、最後は自力の差が出ましたが、世界を驚かせるには十分な内容でした。

 

この2ゴールを挙げたのが、鹿島アントラーズの柴崎岳選手でした。

 

この活躍は海外でも取り上げられ、柴崎岳選手は「日本のイニエスタ」と評されました。

 

表彰ではMVPのクリスティアーノ・ロナウド選手と並び、優秀選手賞の柴崎岳選手が並んで写真に納まっていました。

 

柴崎岳選手には、クラブワールドカップ出場前からスペインリーグ2部への海外移籍が予想されていました。

 

ただ、このクラブワールドカップの活躍で評価が急上昇し、スペイン一部リーグや他の海外クラブ移籍の噂も出てきています。

 

スポンサーリンク

 

柴崎岳選手の海外移籍先予想は?スペインリーグが候補か?

柴崎岳選手の海外移籍先の予想は、色々な噂があります。

 

クラブワールドカップ前には、スペインリーグ2部のエルチェやヘタフェへの移籍を予想されたこともあり、その前にはドイツ・ブンデスリーガのフランクフルトから興味を持たれているとの報道もありました。

 

柴崎岳選手自身はスペインリーグを希望しているとの報道もあり、スペインリーグで移籍先を探しているのかもしれません。

 

スペインリーグ2部のチームや、ドイツ・ブンデスリーガのクラブと海外移籍が成立しなかったのも、柴崎岳選手がスペインリーグ1部を希望したためとも言われています。

 

名前が挙がっていたエルチェもヘタフェもスペインリーグ2部ですが、1部昇格の可能性がある位置につけていますので、2部リーグへ移籍してもすぐに1部リーグへ昇格する可能性もあります。

 

そうなれば、再びレアルマドリードとの対戦も可能になります。

 

ただ、日本人選手にとってスペインリーグは鬼門です。

 

中村俊輔選手、西澤明訓選手、大久保嘉人選手ら挑みましたがなかなか活躍できていません。

 

現在もスペインリーグ・エイバルに所属する乾貴士選手が最も成功している選手と言えるのではないでしょうか?

それでも、ドイツ・ブンデスリーガでの香川真司選手や清武弘嗣選手の活躍、スコットランドでの中村俊輔選手の活躍、プレミアリーグでの岡崎慎司選手、イタリアでの中田英寿選手の活躍と比べるとやはり「スペインリーグは鬼門」というイメージは拭えません。

 

香川真司選手や清武弘嗣選手の活躍から考えても、ドイツ・ブンデスリーガが柴崎岳選手の海外移籍席の候補に挙がりそうです。

 

ただ、柴崎岳選手の希望と今回のクラブワールドカップでの活躍で、やはりスペインリーグが第一候補となりそうです。

 

柴崎岳選手の移籍金は?格安移籍金で海外移籍か?

柴崎岳選手の移籍金は格安で獲得しやすいと言われています。

 

柴崎岳選手の移籍金は200万ユーロ(約2億4500万円)程度と予想されています。

そうなれば、獲得するチームからすれば海外移籍もしやすくなります。

 

柴崎岳選手の現在の年俸は5,000万円とも言われ、スペインリーグからすれば「格安の掘り出し物の選手」という位置付けになるようです。

 

ただ、柴崎岳選手がスペインリーグ1部のみを希望すれば、移籍が実現せずに鹿島アントラーズ残留という可能性もあります。

 

柴崎岳選手は現在24歳という年齢を考えても、もう海外移籍を決めたいところだと思います。

年齢を考え、2部でも海外移籍する可能性もあります。

 

また、柴崎岳選手はチャンピオンシップに途中出場で、シーズン終盤は欠場しています。

 

それが、右足第5中足骨の怪我です。

 

柴崎岳選手の怪我の詳細はこちらから

 

サッカー選手の怪我で多いのが、第5中足骨骨折の怪我です。

 

清武弘嗣選手もスペインリーグ1部のセビージャに移籍する前に入念なメディカルチェックを受けましたが、清武弘嗣選手は過去に2度この第5中足骨骨折の怪我をしています。

 

柴崎岳選手は骨折していた訳ではないようですが、こういった過去の怪我は契約に影響します。

この第5中足骨の状態次第では、直前で契約は合意に至らない可能性もあります。

 

この怪我が心配ですが、柴崎岳選手にはスペインリーグ1部への移籍を勝ち取り、鬼門のスペインリーグで成功して欲しいと思います!

 

スポンサーリンク