U-23リオ五輪代表・ヤングボーイズ久保裕也選手も怪我でトゥーロン国際大会欠場!下半身の違和感?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

サッカーリオ五輪の手倉森ジャパンが、トゥーロン国際大会のメンバーを発表した後にも怪我人が続出しています。

 

ただでさえ怪我人が多かった上に、先日はリオ五輪代表メンバー入りが濃厚だった奈良竜樹選手が左脛骨骨折で全治4か月の怪我。

 

トゥーロン国際大会のメンバーから漏れ、代わりにDF三浦弦太選手(清水)が招集されました。

 

その翌日、再び離脱者が出ました。

 

今度は“エース”と目されていた、ヤングボーイズ所属の久保裕也選手。

 

大事を取った感じのメンバー落選だと思いますが、さすがにこれだけ続くとメンバー選考が大変過ぎます。

 

 

トゥーロン国際大会メンバー落選の主力選手一覧まとめ&キャプテン遠藤航選手は怪我でなく落選

 

 

スポンサーリンク

久保裕也選手の怪我は「下半身の違和感」リオ五輪には間に合う?

ヤングボーイズ・久保裕也選手の怪我の詳細は公表されていません。

 

発表されたのは、

 

「久保裕也選手が怪我の為トゥーロン国際大会を辞退。代わってオナイウ阿道選手(千葉)を追加招集」

 

これだけです。

怪我の詳細も分からず、全治も不明です。

 

さっぱり状況が分かりませんが、手倉森監督のコメントでは「本大会に間に合わせる為休ませる。無理をさせない」的な感じでしたので、無理をせず大事を取った落選だと思います。

 

ただ、所属のヤングボーイズでもリーグ戦を2試合欠場していますので、慢性的に何かしらの問題を抱えていたと推測できます。

 

ちなみに欠場理由は「下半身の違和感」とのことです。

 

下半身の違和感と言っても、股関節の怪我や膝の怪我、足首の怪我など多岐に渡り過ぎる為、何も分かりません。

 

奈良竜樹選手のように、長期離脱の場合は所属クラブから正式に発表がありますので、久保裕也選手の怪我はそういった類の怪我ではなさそうです。

 

リオ五輪には、悪化しない限り間に合うと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

もはや全ポジション怪我人だらけの手倉森ジャパン

こちらの「トゥーロン国際大会を欠場した主力選手一覧まとめ」でもありますが、もはや全ポジションと言えるくらい怪我人が続出しています。

 

 

最初は「サイドバックが怪我人続出なので、OA枠で補強が必要」くらいでしたが、もはやそんなレベルではなくなってきています。

 

こうなるとOA枠の使い方が、秘密兵器的な使い方ではなくただの怪我人の補填になってしまいます。

 

リオ五輪代表メンバー入りを果たした選手も怪我を抱えているとなると、OA枠の条件は「ポリバレント」となります。

 

 

まずは新たな怪我人がトゥーロン国際大会で出ないことを祈ります

しかしまだリオ五輪代表の本大会まで時間はありますので、怪我人の復帰が期待できます。

 

サイドバックの室屋成選手の怪我山中亮輔選手の怪我は順調に行けば間に合いますし、10番の中島翔哉選手の怪我も順調に行けば間に合います。

(あくまで順調に行けばですが…)

 

しかし、逆を言えばまた新たな怪我人が出る期間があるとも言えます。

 

怪我には接触プレーなどの突発的な怪我(予防が難しい怪我)と、慢性的な問題を抱えた自爆的な怪我があります。

 

慢性的なものは個人の努力が及びやすいですが、接触プレーなどは100%防げるものではなく、怪我をした本人を責められないような怪我も多くあります。

 

サッカーという競技の特性上、このような接触プレーでの怪我は0にはなりません。

 

トゥーロン国際大会での新たな怪我人が出ないことを願います。

 

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク