トミー・ジョン手術を受けた日本人選手(投手・野手)一覧まとめ。気になる復帰後は?

 

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

ダルビッシュ有投手、松坂大輔投手、和田毅投手、藤川球児投手、吉見一起投手。

 

この球界を代表する名投手達の共通点は「トミー・ジョン手術」を受けたことがある投手です。

 

トミー・ジョン手術とは、肘の内側側副靭帯断裂(損傷)という大怪我から復帰する為の手術です。

 

昔は肘の内側側副靭帯断裂=投手生命終わりくらいの怪我でしたが、今ではこのトミー・ジョン手術のおかげで復帰できる可能性がかなり高くなりました。

 

そんなトミー・ジョン手術を受けた日本人投手のご紹介です。

 

 

トミー・ジョン手術(肘内側側副靭帯再建手術)とは?

 

 

スポンサーリンク

トミー・ジョン手術を受けた主な日本人投手一覧

三井勝晴投手 (1974年)

村田兆治投手 (1983年)

中込伸投手  (1993年)

桑田真澄投手 (1995年)

成本年秀投手 (1997年)

佐野重樹投手 (1997年)

酒井弘樹投手 (1998年)

赤堀元之投手 (1999年)

藤井秀悟投手 (2003年)

藤田太陽投手 (2003年)

辻内崇伸投手 (2007年)

江尻慎太郎投手(2007年)

五十嵐亮太投手(2007年)

神内靖投手  (2008年)

田澤純一投手 (2010年)

松坂大輔投手 (2011年)

和田毅投手  (2012年)

須永英輝投手 (2012年)

金森敬之投手 (2012年)

山本斉投手  (2012年)

久保裕也投手 (2012年)

藤川球児投手 (2013年)

江草仁貴投手 (2013年)

吉見一起投手 (2013年)

金伏ウーゴ投手(2013年)

野間口貴彦投手(2013年)

釜田佳直投手 (2014年)

岩下大輝投手 (2015年)

ダルビッシュ有投手(2015年)

二保旭投手 (2016年)

高橋朋己投手(2016年)

 

 

圧倒的な実績を誇る投手から、まだ実績のない2軍育成中の投手まで様々です。

 

2軍で行く育成中と言ってもアマチュア時代から相当な球数を投げてプロ野球選手となった投手ですので、プロ入り時点で既に内側側副靭帯へのストレスはかなり強い場合考えられます。

 

また、楽天の釜田佳直投手が20歳でトミー・ジョン手術を受けるなど、トミー・ジョン手術の低年齢化も進んでいます。

 

 

スポンサーリンク

 

トミー・ジョン手術を複数回受けた日本人投手一覧

荒木大輔投手 (1988年、1989年)

館山昌平投手 (2004年、2013年、2014年)

林昌勇投手  (2005年、2012年)

久本祐一投手 (2008年、2014年)

大塚晶則投手 (2008年、2009年、2010年)

 

林昌勇投手は韓国人投手ですが、日本に馴染みのある選手ということで掲載しています。

ちなみに、ヤクルトが格安で林昌勇投手を獲得できたのは、トミー・ジョン手術明けだったからと言われています。

 

トミー・ジョン手術は、一度受けたらもう完全復活となるとは限りません。

 

肘の内側側副靭帯の再建手術後、再び断裂して再度再建手術となるケースもあります。

 

ヤクルトの館山昌平投手は、3度のトミー・ジョン手術を受けながらその度にリハビリを経て復活しています。

 

 

トミー・ジョン手術を受けた主な日本人野手一覧

高須洋介選手 (1999年)

佐藤真一選手 (2000年)

鈴木尚広選手 (2000年)

柴田博之選手 (2000年)

川島慶三選手 (2011年)

脇谷亮太選手 (2011年)

白根尚喜選手 (2012年)

 

実はトミー・ジョン手術は投手に限った手術ではなく、日本人野手もトミー・ジョン手術を受けています。

 

併殺崩しスライディングで怪我をして話題となった川島慶三選手もトミー・ジョン手術を経験しています。

 

あの代走のスペシャリストの巨人・鈴木尚広選手もトミー・ジョン手術の経験者です。

 

脇谷亮太選手はトミー・ジョン手術を受けた際に巨人で育成枠での契約となり、トミー・ジョン手術後のリハビリが終了したのち支配下登録選手に復活しています。

 

その後人的補償で西武へ移籍し、再びFAで巨人に復帰しています。

 

 

トミー・ジョン手術を回避した日本人投手一覧

肘の内側側副靭帯を完全断裂した場合は、即トミー・ジョン手術の適応となります。

 

ところが、肘の内側側副靭帯の部分断裂の場合は、怪我の程度によってはトミー・ジョン手術を回避する場合があります。

 

ダルビッシュ有投手は肘の内側側副靭帯部分断裂でトミー・ジョン手術に踏み切っています。

 

以下は、肘の内側側副靭帯の部分断裂がありながらトミー・ジョン手術を回避した投手一覧です。

 

浅尾拓也投手(2014年)

田中将大投手(2014年)

大瀬良大地投手(2016年)

 

また、メジャー移籍の際にメディカルチェックで肘に問題があったとされている前田健太投手も、もしかしたらこの肘の内側側副靭帯に部分断裂があるのかもしれません。

 

ドジャース側はトミー・ジョン手術での長期離脱を踏まえた契約を提示したとも言われていますので、今後前田健太投手にもトミー・ジョン手術の可能性は十分あると思います。

 

今後、トミー・ジョン手術を回避した投手がトミー・ジョン手術を受けることになる可能性は十分あります。

 

「じゃあ最初からトミー・ジョン手術を受けていればよかったのに」とも思われがちですが、トミー・ジョン手術は1年半ほど手術とリハビリに費やす上に、100%復帰を保証できる手術ではありません。

 

回避できるなら回避したい手術ですが、トミー・ジョン手術後に球速がアップするケースもあり、トミー・ジョン手術を受けるか否か?の選択は選手生命を左右する大変難しい決断と言えます。

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク