ラグビー日本代表・田中史朗選手、右肩脱臼の怪我で代表を負傷離脱!スコットランド戦を負傷欠場へ

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

ラグビー日本代表の五郎丸歩選手が右肩肩鎖関節脱臼の怪我で、日本代表のスコットランド戦は欠場となります。

 

そのラグビー日本代表に再びアクシデントです。

 

同じく日本代表でワールドカップでも活躍した田中史朗選手が、五郎丸歩選手と同じく右肩脱臼の怪我で日本代表を負傷離脱となりました。

 

田中史朗選手はカナダとのテストマッチに出場しましたが、負傷交代していました。

 

どうやら検査の結果右肩脱臼の怪我と診断されたようで、日本ラグビー協会から田中史朗選手が右肩脱臼の怪我を理由に代表を離脱すると発表しました。

 

田中史朗選手も、五郎丸歩選手と同様にスコットランド戦は欠場となりそうです。

 

 

スポンサーリンク

ラグビー日本代表・田中史朗選手の怪我は五郎丸歩選手と同じ右肩脱臼。右肩脱臼とはどんな怪我?

田中史朗選手の怪我は、右肩脱臼の怪我と発表されています。

 

簡単に言えば肩の脱臼ですが、肩の脱臼と言っても色々あります。

 

まず肩関節は様々な関節の複合体で、総称で肩関節と言っています。

 

肩の脱臼も色々な関節で起こりますので、肩鎖関節脱臼や肩関節脱臼など部位によって脱臼の種類も異なります。

 

田中史朗選手の怪我は右肩脱臼としか発表されていませんので、詳しくどのような関節を負傷したかは分かりません。

 

五郎丸歩選手の怪我は右肩鎖関節脱臼と発表されましたので、これは肩鎖関節という肩甲骨と鎖骨を繋ぐ関節の脱臼です。

 

田中史朗選手の怪我も同じ肩鎖関節脱臼の可能性もありますが、どこを痛めたにしてもそんなにすぐに復帰できる怪我ではありませんので、少なくともスコットランド戦は欠場となる見込みです。

 

 

田中史朗選手の怪我の全治は?復帰時期はいつ?

田中史朗選手の怪我は全治不明と発表されています。

 

肩の脱臼の場合は手術となる可能性もありますので、手術をするか否かでも復帰時期は変わります。

 

田中史朗選手が怪我をしたのはカナダとのテストマッチで、試合会場もカナダのバンクーバーです。

 

田中史朗選手は恐らく日本代表チームを離脱して日本に帰国し、精密検査を受けた結果手術を受けるかなどの今後の治療方針を決定すると思います。

 

そこで全治がある程度分かると思いますので、復帰の時期の目安もわかると思います。

 

手術をせずに軽症であれば1か月程度で復帰する可能性もありますし、手術となれば3か月くらいの可能性もあります。

 

ちなみに右肩鎖関節脱臼の怪我で手術を受けた五郎丸歩選手は、全治3か月と診断されています。

 

 

田中史朗選手は6月18日・25日の日本代表・スコットランド戦を欠場?

田中史朗選手の怪我の全治はまだ不明ですが、6月18日・25日のリポビタンDチャレンジカップ2016スコットランド戦は欠場の可能性が高いです。

 

チームから離脱と発表されていますので、このままチームには帯同せずに日本にいち早く帰国して精密検査を受けると思われます。

 

右肩脱臼の怪我を負っていますので、無理に強行出場はしないと思います。

 

それこそ再脱臼となれば右肩の組織をさらに損傷することになりますので、より深刻な怪我となります。

 

よく脱臼は癖になると言われますが、あれは癖と言うよりは1回目の脱臼で肩の周りの組織が損傷していてより肩が脱臼しやすい状態になっていると言えます。

 

つまり、1回目の脱臼が2回目の脱臼を招き、その2回の脱臼がまた3回目・4回目の脱臼を招くという悪循環です。

 

こうなると手術と言う選択肢が浮上しますが、手術後の再脱臼というケースも多々あります。

 

現在コパアメリカを戦うサッカーコロンビア代表のハメス・ロドリゲス選手もコパアメリカ初戦で左肩脱臼の怪我を負いました

 

当然コパアメリカの残り試合を欠場するものと思われましたが、強行出場しました。

 

ただこれは相当無理をしているものと思われます。

 

ラグビーもサッカーも脱臼の怪我が起こりやすいスポーツですが、どちらがより脱臼のリスクが高いかと言われればやはりラグビーです。

 

サッカーで脱臼の怪我が起こるシーンは、接触プレーでの転倒などある程度限られます。

 

ラグビーでの脱臼が起こるシーンはタックル全てと言っていいので、より頻度としては高いと言えます。

 

とは言え、サッカーが安全という訳ではないので、ハメス・ロドリゲス選手も欠場した方がいいと思います。

 

田中史朗選手はハメス・ロドリゲス選手のような強行出場は無いと思いますが、1日も早い復帰を待ちましょう!

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク
スポンサーリンク