ドジャース・前田健太投手、右足に打球直撃の怪我で途中降板も6勝目!X線検査の結果打撲の怪我と診断も復帰は未定

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

ドジャースの”マエケン”こと前田健太投手が15日のダイヤモンドバックス戦で先発登板し、5回1/3を投げて6安打6奪三振3失点で6勝目を挙げました。

 

ただこの試合で前田健太投手は右足の膝付近に打球直撃で緊急降板しています。

 

前田健太投手の怪我の具合が心配されますが、今のところ大事には至っていないようです。

 

 

スポンサーリンク

前田健太投手は右足の膝付近に打球を受けて緊急降板!5月にも右手に打球直撃

前田健太投手はダイヤモンドバックスとの1戦で先発し、5回を終わった時点で5-3とリードしていました。

 

6回の先頭打者のゴールドシュミット選手のライナー性の打球が、前田健太投手の右足膝付近に直撃しました。

 

すぐに打球を処理して1塁に送球し、バッターのゴールドシュミット選手はピッチャーゴロでアウトとなりましたが、送球直後に前田健太投手はその場に倒れ込みました。

 

トレーナーとハニカット投手コーチがすぐさま駆け寄り、前田健太投手の怪我の状態を確認しました。

 

結局、前田健太投手はそのまま両肩を抱えられてベンチへ戻り、怪我の為緊急降板となりました。

 

すぐに打球を処理してアウトにしたのはさすがですが、相当右足が痛そうだった前田健太投手。

 

怪我の状態が心配ですが、X線検査の結果「右足の打撲」の怪我と診断されたようです。

 

骨には異常が無く一安心ですが、ただの打撲と言っても安心できない怪我の場合もあります。

 

また、前田健太投手は5月にも打球が右手に直撃しています。

 

 

スポンサーリンク

 

前田健太投手の怪我は右足打撲と判明。後日の結果で骨折の怪我という可能性も?

前田健太投手の怪我は右足打撲と発表され、骨には異常が無いとのことです。

 

骨折ではなく一安心といったところですが、今後の検査の結果で実は骨にひびが入っていたり骨折していたりという可能性もあります。

 

また打撲と言っても重症の打撲の場合は復帰に時間がかかる場合もあります。

 

前田健太投手の怪我は右足打撲ですので、投球時の軸足です。

 

軸足の右足に痛みがある状態での投球となると、また別のところに負担がかかって別の怪我に繋がる可能性もあります。

 

前田健太投手はドジャース入団前のメディカルチェックで、右肩や右肘に問題が見つかったと思いわれていますので、右足の怪我や痛みを抱えての投球となると心配でもあります。

 

ダルビッシュ有投手と同じようなトミー・ジョン手術となると、1年以上のリハビリになりますので、もし仮にメディカルチェックで見つかった異常が右肘の靭帯であったと考えると心配です。

 

ただこれは最悪の場合で、軽症であれば問題なくローテーション通りに先発してくると思います。

 

右足に打球が直撃した時は相当痛そうでしたが、打撲の怪我は軽症でも相当痛いものです。

 

サッカー日本代表の香川真司選手も、キリンカップブルガリア戦で右腰の打撲の怪我で途中交代していますが、この時も相当痛そうでした。

 

また、日本のプロ野球でも先日、阪神タイガースの藤浪晋太郎投手が右手に打球が直撃して緊急降板となりました。

 

藤浪晋太郎投手の怪我は右手打撲との診断で、次の登板は回避せずそのまま先発登板となるようです。

 

 

前田健太投手の復帰は?次回登板の回避の可能性は?

前田健太投手の怪我の状態は、打撲の程度によりますので復帰時期はまだわかりません。

 

ローテーションを1回飛ばすかもしれませんし、問題なくローテーション通りに先発するかもしれません。

 

ダルビッシュ有投手は先日のトミー・ジョン手術からの復帰3戦目のアストロズ戦で右肩の張りを訴え緊急降板となりました。

 

その後のMRI検査の結果で異常は無かったものの、ダルビッシュ有投手は右肩の張りの怪我で15日間の故障者リスト入りとなりました。

 

ダルビッシュ有投手のように、前田健太投手も怪我の状態によっては故障者リストの可能性もあります。

 

骨に異常が無いとのことでしたので、前田健太投手の故障者リスト入りの可能性はかなり低いとは思います。

 

ただ実は骨に異常があって骨折と言う可能性もまだなくはありません。

 

そして打撲の怪我の程度によっては復帰時期が遅くなる可能性もあります。

 

メジャーデビューから素晴らしい投球を見せてくれている前田健太投手。

 

5月にも打球が右手に直撃するなど何かと不運が多いですが、スライダーやコントロールはメジャーでもかなり評価されています。

 

前田健太投手の怪我の状態が軽症であり、すぐに復帰できることを願いましょう!

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク