基礎セミナー【股関節改善エクササイズ編】開催のお知らせ

 

こんにちは

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」表参道店がオープンして、約3週間。

 

一瞬にして過ぎ去った感じがしておりますが、もう気がつけば6月で1年も折り返しっが近づいていますね(ほんとに早い…)

 

スポンサーリンク

基礎セミナー股関節編の開催

さて、今年の1月に「年6回セミナー開催」と企んでおりましたが、折り返しの6月で折り返しの3回目です。

 

今回は、先月開催した「基礎セミナー股関節 評価編」の続編の「評価から読み解く股関節改善エクササイズ編」です!

股関節評価編~股関節の頚体角~

前回の様子① 骨模型に光が当たってなんか不気味ですね(笑)

 

グレイグテスト

前回の様子② 股関節の前捻角を評価中 後捻の方が続々登場でした!

 

例えば、ヒップリフトという超単純なエクササイズがありまして、私も学生時代から使っておりました。

 

もちろん今でも使っていますが、こちらのヒップリフト、仰向けで寝てお尻を上げるだけなので、誰でも指導が出来ます。

 

「仰向けで寝てください。お尻上げてください。」

 

これで終わりですね。

 

 

当然ですが、これで終わりではないです。

 

前回の股関節の評価編では、「股関節の頚体角」や「股関節の前捻角」などの評価を行いました。

 

これらの評価を元に行うと、ちょっとした差で、エクササイズの効果は変わります。

 

 

また、評価だけではなく、キューイング(声のかけ方)などの指導方法でも変わりますし、あるいはこのエクササイズに入る前にストレッチを行うことでも効果は変わります。

 

単純に股関節の伸展筋群を使う場合は、股関節の屈曲筋群をストレッチすれば、上手く力が入ると言われています。

 

いわゆる、相反抑制というものですね。

 

では、ヒップリフトをする時は、ただもも前のストレッチをすればいいのでしょうか?

 

 

…といった感じの、実際に改善エクササイズを行う際に、どのような考え方、どのような観点で行うかということを、今回もお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

パーソナルトレーニングに使える考え方

何か正解を知って頂くというよりも、より深く考える為にはどのような観点が必要か?

といったことを、持ち帰って頂ければと思います。

 

「もっとよく考えろ!」

 

と言われても、何をどう考えたらいいのかわからないと、考えようもないですからね!

 

アプローチ方法を学ぶことも大切ですが、ただ方法を知るだけでは、応用が利きませんし、そもそも新たなアプローチ方法が出てきた時に、「なぜそのアプローチ方法なのか?」を考えられなくなってしまいます。

 

アプローチ方法は、時代と共に変わると思いますが、「考える力」はどの時代でも必要です!

 

という訳で、来週6月14日(日)20:00~の、「評価からひも解く改善エクササイズ~股関節編~」あと1名様分空きがあります。

 

一生モノの、考える力を身に付けたい学生さんや若手パーソナルトレーナーさんのご参加をお待ちしております!

 

 

膝関節編、足関節編も若干名ずつ空きがありますので 、ご興味のある方はお早目にお申込みくださいませ!

 

パーソナルトレーナー

野中
—————————————————————————————————-

パーソナルトレーナー野中圭太郎公式ホームページ

 

パーソナルトレーナー向けセミナー情報はこちら

スポンサーリンク