パーソナルトレーニングの「やり方」と「考え方」

 

先日は、「きゃっとばっくアカデミア」の腰椎骨盤帯シリーズ「改善エクササイズ編」を、東京・神楽坂で開催致しました。

 

今回が、腰椎骨盤帯シリーズの3回目で最終回でした。

 

メンバーも過去のセミナーにご参加頂いた方で埋まっており、リピーターの方オンリーの学校状態でした!

 

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーニングで重要な「考え方」

今回は、改善エクササイズ編ということで、主にコレクティブエクササイズの方法を中心に扱う回でした。

 

ともすると、コレクティブエクササイズの「やり方」をお伝えするだけになってしまいそうなテーマでしたので、最初にパーソナルトレーニングの「やり方」と「考え方」についてお話させて頂きました。

 

エクササイズの「やり方」を覚えることは必要なことですし、これが出来ないとパーソナルトレーニングは出来ません。

 

ところが、「やり方」しかわからないと、様々なケースに対応できなくなります。

 

○○さんでは抜群の効果を発揮したアプローチ方法が、△△さんにはほとんど効果なし。

 

□□さんに至っては、途中で痛みが出て一時中断、ということも起こり得ます。

 

その時に、エクササイズの「やり方」しかしらないと、対応の仕様がありません。

 

痛かろうが、効果が無かろうが、ひたすら教わった通りのやり方を続けるしかありません。

 

でも、ここで「考え方」が分かっていると、また別の方法が考えられます。

 

そして、複数の考え方を持っていると、さらに別のアプローチ方法が考えられます。

 

例えば、発育発達の概念を元に、仰向けからエクササイズを組み立てたところ、股関節の動きが悪くさっぱり上手くいかず。

 

ところが、

「ジョイントバイジョイントセオリー」で考え、先に股関節のモビリティを出そうと、先に四つ這いのエクササイズで股関節のモビリティを引き出したら、上手く出来るようになった!

 

的なことは、現場ではよくあると思います。

 

この時、発育発達の流れも分からず、「ジョイントバイジョイントセオリー」も知らなければ、考えようがありません。

 

「知識」というと範囲が広いですが、こういったエクササイズを組み立てる上での「考え方」を引き出しとして多く持てると、実際にアプローチする際に役立つと思っています。

 

 

というようなお話のあとに、「改善エクササイズ」を行っていきました!

 

スポンサーリンク

 

パーソナルトレーナーの学びは守破離の順番で

考え方を元に、アプローチ方法を色々変えていきましょう!

 

ということで、ご紹介したアプローチ例を速攻で破って頂き(笑)、色々なアプローチ方法を練習していきました。

 

 

今回の改善エクササイズ編で、腰椎骨盤帯シリーズは一旦終了し、次回以降の開催方法は只今アンケート結果を元に検討中です。

 

ガラッと変えるかもしれないですし、同じ流れかもしれませんが、また開催が決まりましたらこちらでもご案内致します!

 

いやー、でもいい感じで学校のクラスみたいになってきたので、毎週やりたくなってきました。

 

準備が大変ですが(笑)

 

それでは、ご参加の皆様ありがとうございました!

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク