パーソナルトレーニングで肩こり改善 ①肩こりの種類

 

東京・表参道のパーソナルトレーナー野中です。

 

パーソナルトレーニングで出来ることとして、「肩こり改善」をご紹介致しました。

 

「パーソナルトレーニングで行う肩こり改善」について詳しく解説させて頂きます。

 

まず1回目は、「肩こり種類」です。

 

スポンサーリンク

肩こりの種類とは?

肩こりを改善する為には、まず「肩こりとは何か?」ということを知る必要があります。

 

肩こりとは、肩周りの筋肉の拘縮(固まった状態)により引き起こされる、重さ・だるさ・痛みなどの総称として使われることが多い表現です。

 

そのようなアバウトなものですので、定義は明確ではありません。

 

肩こりのイメージとしては、「マッサージで治す」というものが強いと思います。

 

もちろん、その場でのある程度の改善は見込めると思いますが、根本的な改善と考えると、それだけでは足りない場合が多いと思います。

 

それは、肩こりの原因を見ていくと分かりますが、その前に肩こりの種類を見ていきましょう!

 

 

1、筋肉に問題がある肩こり

これは、姿勢や動きのクセなどのせいで、肩周りの筋肉に過度な負担がかかることで起こります。

 

その為、ストレッチ・マッサージ・トレーニングなどを組み合わせて行うことでの改善が見込めます。

 

つまり、パーソナルトレーニングでの改善がおすすめな種類の肩こりです。

 

統計などは出ていませんが、おそらくこの筋肉に問題がある肩こりが最も多いと考えられます。

 

 

2、ストレスによる肩こり

こちらも、近年多いと思います。

 

ストレスの直接的な原因を解消すれば、肩こりの改善も見込めますが、人間関係や金銭的な問題など様々な問題が入り組んだ結果、ストレスによる肩こりが起こります。

 

それらを短期的に根本的に改善することは難しいと思いますが、間接的なアプローチをパーソナルトレーニングで行うことが出来ます。

 

ストレスフルな状態では、交感神経が優位となり、リラックスしにくい状態になります。

 

交感神経と副交感神経は、基本的には無意識で切り替わるものですが、唯一意識的にコントロールする方法があります。

 

それは「呼吸」です。

 

深くゆっくりとした呼吸は、副交感神経優位に導くことが出来ますが、姿勢の崩れや肋骨周りの筋肉の問題で、深い呼吸が出来ていない方が非常に多くなっています。

 

この呼吸の改善をパーソナルトレーニングで行うことで、間接的にストレスの緩和を行います。

 

また、リズム運動と呼ばれる規則正しい運動は、幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」の分泌を促します。

 

これも、パーソナルトレーニングでストレスの緩和を行える理由の一つです。

 

 

3、内臓に問題がある肩こり

肺や心臓などに問題がある場合、肩こりも症状として出る場合があります。

 

この場合は、パーソナルトレーニングでは根本的な改善は出来ないので、内科の受診が必要になります。

 

 

4、骨に問題がある肩こり

生まれつきの骨の変形や、事故などにより骨の変形が起こっている場合にも、肩こりは起こります。

 

この場合は、根本的に肩こりを改善すること自体が難しいです。

 

ただ、この場合も変形した骨のせいで筋肉のバランスが崩れ、肩こりが起こっています。

 

パーソナルトレーニングで筋肉のバランスを整えることで、肩こりの症状の緩和は見込めます。(程度を弱くするといったイメージです)

 

スポンサーリンク

 

肩こりの種類をもとに、肩こりの原因を探る

このように、「肩こり」と1言で言っても、その種類によって全くの別物と言えます。

 

つまり、肩こりの原因も様々と言えます。

 

この肩こりの原因も種類も特定せずに、肩こり改善の為の方法は見つかりません。

 

では、次回は「肩こりの原因」を見ていきましょう!

 

パーソナルトレーニングで肩こり改善②肩こりの原因

 

スポンサーリンク