パーソナルトレーニングで肩こり改善 ②肩こりの原因

 

東京・表参道でパーソナルトレーナーをしています、野中です。

 

パーソナルトレーニングで出来ることとして、肩こり改善をご紹介しております。

 

2回目は、肩こりの原因です。

 

スポンサーリンク

肩こりの原因とは?

肩こりの原因は、前回ご紹介した「肩こりの種類」にもよります。

 

ここでは、「筋肉に問題がある肩こり」の原因をご紹介していきます。

 

筋肉に問題がある肩こりとは、言い換えれば肩周りの筋肉のバランスが崩れて起こっている肩こりと言えます。

 

つまり、肩周りの筋肉のバランスが崩れる原因=肩こりの原因とも言えます。

 

では、肩周りの筋肉のバランスが崩れる原因を見ていきましょう!

 

1、姿勢が崩れて筋肉のバランスが崩れる

これは、肩こりでも腰痛でも同じことですが、姿勢が崩れると筋肉のバランスは崩れます。

 

正しい姿勢が、全ての筋肉が最適な長さを保った状態です。

 

この筋肉の長さが狂うと、筋肉が弱くなり過ぎたり、硬くなり過ぎたりといった以上が引き起こされます。

 

つまり、肩こりの原因の一つは姿勢の崩れです。

 

肩こりを最も引き起こす姿勢としては、猫背が挙げられます。

 

猫背になると、肩は内巻きになり、頭は前に出てあごは上がります。

 

そして、肩甲骨も外に開いてしまい、肩・首・肩甲骨周りの筋肉のバランスが崩れます。

 

この筋肉のバランスは、肩こりは非常に起こりやすい状態になります。

 

2、肩周りの動きが悪い

これは、姿勢の崩れともリンクしてきますが、ただ止まった姿勢だけではなく、肩の動きも筋肉のバランスを崩します。

 

手を上げる動きは、単純に見えて実は複雑な動きです。

 

ただ手を上げるだけでも、腕の骨(上腕骨)や鎖骨、肩甲骨、背骨が連動して動きます。

 

骨は自分では動かず、筋肉が骨を動かします。

 

つまり、これらの骨が正しく連動して動いている状態が、身体に負担がかかりにくい、つまり肩こりになりにくい肩の動きです。

 

スポンサーリンク

 

肩こりにならない肩の動きを身に付けたいが…

ところが、

「鎖骨が上手く動かない」

「肩甲骨が連動しない」

などの問題はよく起こります。

 

特に、肩甲骨の動きは「肩甲上腕リズム」と呼ばれる、正しい動き方がありますが、これが崩れてしまい、肩の動きが悪くなり肩こりを引き起こしているケースは多々あります。

 

この肩の動きが悪い状態も、パーソナルトレーニングで筋肉のバランスを整え、動かし方を身に付けることで肩こりの改善が見込めます。

 

では、どのようにしてこの肩周りの筋肉のバランスを整え、肩周りの動きを改善させるのか?

 

次回から、パーソナルトレーニングで行う肩こり改善の為のストレッチやトレーニング方法をご紹介します。

 

パーソナルトレーニングで肩こり改善③肩こりと猫背

 

スポンサーリンク