パーソナルトレーニングの考え方エロンゲーション

 

こんにちは

 

東京・表参道のパーソナルトレーナー、野中です。

 

今回は、前回のパーソナルトレーニングの考え方「アーティキュレーション」に続いて、エロンゲーションのご紹介です。

 

アーティキュレーションと同様に、ピラティスでの脊柱の動きに着目したものです。

 

スポンサーリンク

エロンゲーションとは?

エロンゲーションとは、一言で言えば「軸の伸張」となります。

 

軸の伸長と聞いてもピンと来ないと思いますので、詳しく見ていきますね。

 

脊柱の構造は、このように椎骨が積み重なるような構造になっています。

 

この椎骨一つ一つが動いて、脊柱全体の動きになります。

 

前回のアーティキュレーションでは、この椎骨1つ1つを順番に動かすような動きをしていきました。

 

エロンゲーションでは、この椎骨同士が引き伸ばされていくイメージです。

 

背骨を丸める時などが特にそうですが、丸める時に椎骨同士の重なって潰れるような動きになりやすいです。

 

その時、椎骨同士が離れるように、つまり引き伸ばされながら動くようにするのがエロンゲーションになります。

 

イメージとしては、頭頂部に糸がついていて、それを上から引っ張られていくようなイメージです。

 

髪の毛を掴んで、上に引っ張っていくようなイメージの方が分かりやすいかもしれませんね(クライアントさんにはやらないでくださいね!)

 

スポンサーリンク

 

背骨の動きはエロンゲーション&アーティキュレーションの組み合わせ

なかなか文章だけで伝えるのは難しい動きですが、パーソナルトレーニングで脊柱の動きを考える上では、この「エロンゲーション」と「アーティキュレーション」が重要になります。

 

どちらもピラティスからくるものですので、ご興味がある方はぜひピラティスについて学んだり、実際にピラティスを受けて頂ければと思います。

 

見た目があまり変わらなくても、このエロンゲーションとアーティキュレーションの感覚が加わるだけで、背骨のエクササイズの効果は一変します!

 

スポンサーリンク