パーソナルトレーナーの資格を強みにする!

 

こんばんは

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

最近、パーソナルトレーナーの資格についてあれこれ書いていたら、こんな質問を頂きました。

 

「強みにしたいので資格を取りたいですが、どんな資格を取ったらいいですか?」

 

確かに資格=強みに繋がるケースは多いと思います。

 

正直、資格に優劣を付けるのは難しいと思いますので、ここはその人にとってどんな資格が強みになるか?を考えていきたと思います。

 

 

というわけで、残念な実体験を踏まえ、お話しさせて頂きます。

スポンサーリンク

パーソナルトレーナーとして強みを出す為に

私がまだトレーナーの専門学生の頃、確か2年生の夏休みだったと思います。

 

このままいったら、俺就職先ねーぞ、やべーぞオイ!

 

と、変な汗をかきながら色々調べては見学に行き、セミナーに行っては先輩トレーナーさんの話を聞き、ということを繰り返しておりました。

 

そこで、やはりこの業界で生きて行く為には、自分の「武器」が必要だと考えました。

 

さてどうしたもんかと考えていましたが、同級生は「柔道整復師」「鍼灸師」「理学療法士」といった医療系の国家資格を取得できる学校に進学予定の人が多く、先輩もそのまた先輩もそういった進路の人が多い状況でした。

 

 

つまり、こういった進路の人が多い中で「私、国家資格持ってます!」と言っても、周りにたくさんいるからあんまり武器にならないんじゃないかと思いました。

 

(もちろん、これらの資格がいい悪という話ではなく、あくまで数が多いなと感じていました)

 

で、なんかもっと変わったというか、希少性のあるのはないかと考えました。

 

 

スポンサーリンク

 

トレーナー業界で希少性のある資格「栄養士」

希少性もありつつ、かつニーズもあるそんな資格…

 

割とすぐ見つかりました!

 

 

 

栄養士

 

 

 

これだ!

 

トレーナー兼栄養士、しかも男。

あんまりいなそう!

 

というわけで、翌週、栄養士の専門学校へ見学に行きました(笑)

 

学生のフットワークは軽すぎますね。

 

その専門学校では、運動指導も出来て、栄養指導も出来る人材を育てようという方針があったみたいで、

「まさに思ってた人が見学に来てくれた!」

と、大喜びされました。

 

 

スポンサーリンク

私が栄養士にならなかった理由

さてさて、とんとん拍子でそのまま栄養士になってしまいそうでしたが、色々な方のお話を伺った結果、栄養士にはならず、その後就活をして無事にパーソナルトレーナーとして働き出したわけですが、今思うと、これは大正解。

 

私は、栄養士にはならない方が良かったと思います。

 

もちろん、これも栄養士がいい悪いではなく「私は」ならなくてよかったと思います。

 

この「色々な方にお話を伺う」過程で、有名な方に滅茶苦茶なアポで突撃訪問させて頂きましたが、改めて考えても、あんな突撃で親身に話を聞いてくださって、本当にありがたかったです。

 

さて、ここからが本番ですが、長くなったので、続きはまた次回…

 

パーソナルトレーナー

野中
—————————————————————————————————-

パーソナルトレーナー野中圭太郎公式ホームページ

パーソナルトレーナー向けセミナー情報はこちら

スポンサーリンク